So-net無料ブログ作成

あなたにありがとう / 和田アキ子

今回は、恐らくこれまでで一番知名度が低い楽曲かも知れません(^^;):

あなたにありがとう.jpg

「あなたにありがとう」は和田アキ子さんの14枚目のシングルとして1973年1月に発売され、
オリコン最高37位、同100位内に12週ランクインし5.6万枚の売り上げでした。


個人的な話で恐縮なのですが、私は子供の頃、和田アキ子さんの大ファンでした。


時は1971年。 「わたしの城下町」「また逢う日まで」「雨のバラード」「17才」などなど、
今でも人気が高い楽曲が次々に生み出されていた頃、
私が発売の度にせっせと買っていたのが和田アキ子さんの新曲でした。 
いや、小学生だったので、買ってもらっていたと言うのが正しいのですが(^^;)


「卒業させてよ」「天使になれない」「涙の誓い」「夜明けの夢」の4曲が発表された1971年と
前後数年、今では時々「ウソだ~」と一笑に付される事が多い話題となってしまっていますが、
和田アキ子さんはれっきとしたアイドルでした。


月刊明星・平凡では常連でしたし、私は父に頼んで
マルベル堂のブロマイドを買って来てもらうほど好きだったんです(^^)


当時、私が和田さんの歌い方で一番好きで注目していたのがビブラートです。

デビュー当時はかなりぎこちなかったのが、「卒業させてよ」では明らかに
その独特なビブラートを活かそうとしたミックスがされていましたし、
それよりも3年ほど後に発表された「美しき誤解」での歌唱で
聴く事ができるビブラートは、それは素晴らしいんです。


余談ですが、その「美しき誤解」ではもう一つ凄い事があって、それは音域なんです。

最低音がC#、最高音はその2オクターブ上のC#で、それを地声で通しているんです。
女性でファルセットを使わず2オクターブの音域を出せる歌手は、洋の東西を問わず
数えるほどしか存在しないと思います。


リズム感、声質、声量、音程の良さなど、全く文句の付けようがないほどの実力なのに、
キャラクターが強過ぎるからか、和田さんの歌唱を正当に評価するような記事を見た事が
私はこれまでほとんどありません。


さてこの「あなたにありがとう」ですが、私はファンとしては恥ずかしい事に
「サウンド・イン・ナウ」で私は初めて歌入りを聴きました(^^;)

そして、かなり驚いた事あるんです。
それは、サビ前まで、和田さんの声が1人2重唱になっていた事なんです!


それまで和田さんの曲は何曲も聴いていましたが、
1人2重唱のパートがある楽曲は1曲も耳にした事が無かったんです。

実はその頃にはすでに和田さんへのファン熱は冷めていたのですが(^^;)、
それを知って久しぶりにシングル盤を買いに行きました(^^;)


和田さんの公式HPに載っている、ご自身による曲解説では、この曲について
「まるでスウィート・キャロライン」とあります。
1970年にヒットした、ニール・ダイヤモンドの曲の事ですね。

イントロやリズムを聴いていると「確かに」と思いますが、歌メロは全く異なっています。

サビのコーラスと、それにつながるストリングスの駆け上がりがとても心地よく、
春になって季節も気持ちも明るくなる様子を表現しているかのようです。


和田アキ子さんは何種類かベスト物、企画物のCDが発売されていますが、
この曲が収録されているのはライブ盤だけで、
スタジオ録音のバージョンが収録されているCDは、2003年に発売された
歌手生活35周年記念ボックス「Haaah!」だけの模様です。


和田さんの著書に「5年目のハイヒール」がありますが、和田さんのヒット曲も
最初の5、6年に集中しているので、1968年から1974年までだけの
「シングル両面コレクション」のようなアルバムが企画されると嬉しいなぁ(^^)


1973年3月オンエア。


「あなたにありがとう」
作詞 : 阿久悠
作曲 : 都倉俊一
編曲 : 都倉俊一
レコード会社 : RCAビクター
初発売 : 1973年1月15日

コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

コメント 12

Ray

和田アキ子さん、確かに69年頃の人気は正にアイドルそのものでした。妹の買っていたジョトモ(女学生の友)ではあなたはアコ派?ピーター派?なんて記事が毎月載っていました。アコさんご本人もテレビで時々回想されて、「おかしな時代でした」と話していました。男のような和田さんと、女性的なピーターが人気を2分ですからね。
いまでもお二人ともお顔を見ることが出来るのは嬉しいです。
by Ray (2009-10-05 01:31) 

uncle bear

 私がこの人の曲の中で1番好きなのは「涙の誓い」なんです。 この曲を手に入れるために、25周年のときの「PERFECT COLLECTION」というCD-BOX を中古で買いましたが、確かにこの曲は入っていないようですね。(どこがパーフェクトやねん)(^^;)
そう、まるでスィート・キャロラインのパクリのようなアレンジで、子供心に「これでいいのか?」と思いましたが、4曲入りのコンパクトLP を買った記憶が・・・。
by uncle bear (2009-10-05 05:58) 

ぽぽんた

Rayさん、こんにちは!

Rayさん、流石だな!と思ったのが、「アッコ」ではなく「アコ」と書かれている
ところです。 そうです、和田さんは「アコ」さんだったんですよね。 「夜明けの夢」
のB面が「翼もないのに~ジャンプ・アップ・アコのテーマ」ですし(^o^)

ピーターさんの事は私の親は毛嫌いしていましたが(^^;)、私は好きでした。
子供だった私には、あの容姿と声のギャップが楽しかった記憶があります。

しかしご両人とももう還暦近く…時の流れをひしひしと感じます。

by ぽぽんた (2009-10-05 16:11) 

ぽぽんた

uncle bearさん、こんにちは!

私も「涙の誓い」は本当に大好きです。 イントロのオルガンの音からして独特
ですよね。 大人になってからこの曲をコピーしてみた事があるのですが、川口真氏
らしくいろんな仕掛けがあるんですよ。 ベースの動きが派手ですし、歌メロにも
随所にテンションが使われていて、歌いこなすのが難儀だったろうな、と思います。

ただ、子供の頃に初めて聴いた時には「ナイフで切るのね」とか「血の出る…」
とかの歌詞が怖かった記憶があります(^^;)

実は私が初めて買ってもらった和田さんのレコードもコンパクト盤で、
「さすらいのブルース」「その時わたしに何が起こったの?」「笑って許して」
「どしゃ降りの雨の中で」の4曲が入っていて、擦り切れるまで聴きました。

by ぽぽんた (2009-10-05 16:23) 

オリ25

この曲はまったく知りませんが 明るくて気持ちがいいですね

僕はこの1作前の「孤独」が好きです
72年の紅白で披露されたんですけど
その再放送で一発で好きになりました
筒美作品ですが、どことなく 
ビリーバンバン「さよならをするために」が
入ってる気がします
初期の和田アキ子のビブラートは
今と違って細かいですね

今回の背景はめちゃ綺麗ですね
次はクリスマスあたりに変わりますか?
by オリ25 (2009-10-05 22:04) 

ぽぽんた

オリ25さん、こんばんは!

「孤独」のシングルはB面も筒美氏の作品で「心に灯をつけて」なのですが、
これはどことなく1973年の欧陽菲菲さんのヒット曲「恋の十字路」を予感させる
ような曲調で、とてもいいんですよ(^^)

この頃の和田さんのビブラートは細かくて周期が早いのに深いという、本当に
素晴らしいものでした。 今の和田さんは、声を出そうとしてから実際に出るまで
かなりタイムラグがある感じがして、聴いていてちょっとつらくなってしまうん
ですよね。

背景、気に入ってもらえたようで嬉しいです。 次回変えるのはそうですねぇ、
お正月かな(^^)

by ぽぽんた (2009-10-05 23:27) 

ゆきお

ぽぽんたさんあなたにありがとう。中年男性です。私は20歳の頃この番組を毎週(たしか土曜か日曜の午後)楽しみにエアチェックを当時発売されたばかりのTEACステレオカセットデッキで録っていたのですよ。すぎやまこういちさんが女性アシスタントと一緒に番組を進行していましたね。この時初めて歌手は地方などに営業に行った時にこの「カラオケ」なるものを持って行ったことを知りました。当時のカセットは既に捨ててしまっていて「あなたにありがとう」をずーっと探していました。いい曲なのに和田アキ子さん当人からも見放されていてとても寂しいです。ぽぽんたさんのこのブログは最近できたようですね。長~い間探していたのです。それもカラオケがあるなんて!!生きてて良かった。若かりし20歳の頃がよみがえりました。ほんとうにほんとうにありがとうございます。
by ゆきお (2010-02-23 23:17) 

ぽぽんた

ゆきおさん、初めまして!

喜んで頂けて私もとても嬉しいです。 やはりあの「サウンド・イン・ナウ」に若かりし
頃の思い出を重ねて楽しんで下さる方が多いようですね。 もうご存知とは思います
が、「サウンド・イン・ナウ」のテーマミュージックや、1973年前後の曲も他にも
多く採り上げてありますので、良かったら見て下さいね。

尚、「サウンド・イン・ナウ」は毎週土曜の午後3時から5時、後に短縮されて4時
まで放送されていました。 2時間番組の頃は、シャンソン歌手の堀内美紀さんが
パートナーとしてDJをされていました。

確かに「あなたにありがとう」は和田さんがテレビで歌っているのを聴いた事は
ほとんどないですし、特に初期に良い曲が沢山あるのになぜ無視するんだろう、と
私もいつも思っています。

今後もいろいろな曲のカラオケを採り上げたいと思っていますので、ぜひまた
楽しんで下さい(^^)

by ぽぽんた (2010-02-24 00:06) 

あやや

とても懐かしい曲です。これとか「卒業させてよ」とか、好きな曲が
なぜか今では歌詞すら検索にかかってこないのが残念。

この曲は当時、フォークダンス関係の団体に推薦曲(?)として
扱われていたのを思い出します。確かにそんな曲調ですよね。
by あやや (2010-04-10 18:14) 

ぽぽんた

あややさん、はじまして!ですよね(^^;)

和田アキ子さんの初期の曲は、何となく和田さんご自身があまり執着がないような
気がしてならないんですね。 良い曲が多いのに残念です。

この曲がフォークダンスに使われていたとは驚きです。 でもこの明るさやリズムの
シンプルさからすると確かに向いている気も、確かにします(^^)

by ぽぽんた (2010-04-11 00:31) 

青大将

今晩は! 先日、岩崎宏美「未来」「想い出の樹の下で」でコメントさせて頂いた青大将です。 まさか、和田アキ子にも首を突っ込むとは意外だったでしょう?! と、云うか、このスレに登場する楽曲には、ほぼ全曲コメしても、自分としては不思議ではありません。 何故なら、「あなたならどうする」、「夜桜お七」、「遥かなる影」以外は全曲シングル盤を所持しているからです。 (「遥か~」は2枚組ベストLPで聴けるが) しかし、是れには我乍ら驚いたし、ちょっと呆れた。(笑) ( ̄▽ ̄;) この「あなたにありがとう」は、毎年特に春が近づくと、聴きたくなるナンバーですが、リアルタイムで言えば俺は小学1年の終わり頃と云う事に成ります。 が、記憶はバンバン有って、歌番組では、(♪たぁのぉ~しい夢を~)の箇所で、あの、ただでさえデカい掌をやや上に翳して、小さくヒラヒラ振り乍ら歌っておりました。 今、実際レコード聴き乍らこのコメント打ってます。 (B面/失恋列車の冒頭で針が飛んだ・・・ ( ̄▽ ̄;) ) 偶然、此処数日、仕事の最中に「あなたに~」が頭をぐるぐる廻ってた所で、今日、コメント出来て、嬉しかったですよ!あと、和田モノでは、「美しき誤解」や、「見えない世界」にも思い入れ在ります。 しっかし、ぽぽんたさん、貴方にはすっごい近い何かを感じてしまいます!同じDNAすら覚えます。(^^) じゃ、又来ます! ちょくちょく寄らせて下さいね~。
by 青大将 (2010-06-18 23:40) 

ぽぽんた

青大将さん、こんばんは!

それは光栄です(^^) 世の中には自分に似た人が3人いるなどと言われますが、
外見ではなく音楽の好みという意味でその類かも知れませんね。 そういう方が
読んでいて下さっていると思うと気が引き締まります。 下手な事、書けません
からね(^^;)

この曲を覚えておられる、しかも小学1年の頃、というのはすごいですね。
私はこの曲は小学5年の終わりの頃です。 その振りつけですが、私はそれは
その前年の「夏の夜のサンバ」の♪ギラギラ太陽が沈んだら♪の部分で同じ動作を
していたのを覚えています。 使い回ししていたのかな(笑)? 「失恋列車」…
ハートブレイク・トレインですね(^^) ♪恋に破れた男と(チャッチャッ)女~♪っと
ノリのいい曲ですよね(^^) 和田さんのシングルはB面も良い曲が多いんですね。
和田アキ子さんの話題を出せるのは私もとても嬉しいですよ!

これからもいろいろコメント下さいね(^^)

by ぽぽんた (2010-06-19 23:29) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る