So-net無料ブログ作成
検索選択

あなたならどうする / いしだあゆみ

初めての試みとして、「サウンド・イン・ナウ」の「カラオケ・コーナー」で放送された
カラオケ以外に私が持っている音源も使って記事を書いてみようと思います。 

あなたならどうする.jpg

「あなたならどうする」はいしだあゆみさんがコロムビアに移籍後、7枚目に発売したシングルで、
1970年3月に発売されてオリコン最高2位、同100位内に20週ランクインし40.4万枚
の売り上げを記録、「ブルー・ライト・ヨコハマ」に次ぐ大ヒットとなりました。


「泣くの、歩くの、死んじゃうの」という歌詞がとても印象的で、特に
「死んじゃうの」という部分が、まだ低学年だった私にはショッキングでした。


当時のあゆみさん、本当に素敵だったんですよ。 その証拠をどうぞ:

http://www.youtube.com/watch?v=8-RWU5Aa3Kc

和田アキ子さんの著書「5年目のハイヒール」によると、新人歌手だった和田さんが
他の女性歌手達のいじめに遭っていた時、いつも助けてくれたのがあゆみさんだったそうです。
容姿・容貌や歌声だけでなく、性格も素敵な方なんですね(^^)


「花嫁」の回に書かせてもらった事と重なりますが、
この時代のレコーディング形態についてまた少し検証してみますね。

この頃のカラオケは2チャンネルの1発録りがほとんどで、
マルチトラックレコーディングはまだ、日本では普及していませんでした。


なので、エンジニア(ミクサー)は演奏を聞きながらリアルタイムで
それぞれの楽器のボリューム(フェーダー)を上げ下げしなければならないわけで、
その為に何度もリハーサルをしてその音量バランスやタイミングを決めていたそうです。


そして出来上がったカラオケを聞きながら歌手は歌い、その声をミックスして
別の2チャンネルのテープレコーダーで録音するのですが、
この曲では ♪あなたな~らどうする~♪ の部分が1人2重唱なので、
まずカラオケを再生しながらハモリの部分だけを歌い、
その声をミックスし別のテープに録音。
次にそのテープを再生しながら歌を全部歌いミックスしてまた別のテープに録音…
という手順だったようです。

つまり、カラオケだけを見ると2回ダビングが重ねられているので、
アナログ録音ですから音質的にはかなり不利だったと思われます。


逆に言うと、カラオケのみのテープは音質が最高に良かったわけです。


またそのような録音方式だと、1人2重唱の場合ハモリと主旋律のバランスが
後からでは変えられないので、特にハモリの録音の時には
エンジニアは音量設定に大変苦労した事でしょう。


先述のカラオケ録音の事も含め、この時代のエンジニア(=ミクサー)は、
現在のレコーディング現場のようにいくらでもやり直しが利く環境に慣れたエンジニアとは
全く別次元の、手練れ(てだれ)の職人だったわけですね。


「あなたならどうする」は歌詞の内容がひどく暗く、曲調も暗いのですが、
歌詞にも曲にもキャッチーな要素が豊富で、今も多くの人が
いしだあゆみさんのヒット曲として記憶に残しているようです(^^)


「あなたならどうする」
作詞 : なかにし礼
作曲 : 筒美京平
編曲 : 筒美京平
レコード会社 : コロムビア
初発売 : 1970年3月25日

nice!(0)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 8

Mr.M

ぽぽんたさん、こんばんは!!もしかして・・・とこのページを開いたら番外編の更新があって感激です。正直言ってこの曲は、サビの部分しか記憶になかったのですが、今あらためてカラオケを聴くと、2チャンネルの一発録りだと思えないほどすばらしいバランスでレコーディングされいて、’70年の割りには音質も良いと思いました。音の強弱もはっきり表現されており、当時はさぞかし、フェーダー調整が忙しく大変だったのでしょうね。あのハモリの部分のバランスが少し気になりますが、当時はこれがまた新鮮でよかったのでしょうね。当時のあゆみさんもとても可愛くて魅力的でした。これからもどんどんぽぽんたさんのコレクションのオケをお聴かせください。よろしくお願いいたします。
by Mr.M (2009-10-30 23:08) 

ぽぽんた

Mr.Mさん、こんばんは! コメント、ありがとうございます。

この曲もですが、この時代のコロムビアレコードの邦楽は音質が良い楽曲が
多いんです。
カラオケではないのですが、例えばオムニバスCDによく収録されている、
内藤洋子さんの「白馬のルンナ」は、1967年の作品なのですが、音が
信じられないほど鮮明です。 マイクから録音機までの経路が単純だった
事もその要因かも知れませんね。

いしだあゆみさん、素敵ですよね(^^) 今の時代に新人としてデビューしても
きっと大人気になった事でしょうね。

レギュラー化は難しいのですが、こういったカラオケも順次アップしたいと
思います。 こちらこそ、これからもよろしくお願い致します。

by ぽぽんた (2009-10-31 00:05) 

なかやま

そうですよね、このうたはサウンドインナウではなかったですね、番外編も是非よろしくお願いいたします。コロムビアでは堺正章が好きでした。「街の灯り」はSINで取り扱われましたね。「さらば恋人」や「幸福への招待」とかあったら聴いて見たい。私のもってる番外編でカ-ペンターズのCDがあります。唄入りとオリカラがセットになったCDです。トップオブザワールドやイエスタデイワンスモアとか…(ただ美妙ににカレンの声が聞こえるのですが)。海外でもこのようなオリカラってとってあるんでしょうか?例えばビリージョエルとかあったら最高ですね!それでは!
by なかやま (2009-11-15 18:01) 

ぽぽんた

なかやまさん、こんばんは!

堺正章さんの曲もいいですよね(^^) 「さらば恋人」と「涙から明日へ」のカラオケは
持っていますが、実は「街の灯り」は持っていないんです。 「幸福への招待」や
「まごころ」なども大好きな曲なので、カラオケがあればぜひ手に入れたいと
思っています。

カーペンターズは「BEST OF BEST+ORIGINAL MASTER KARAOKE」ですね。
これは1992年2月に発売されたのですが、私は当時すぐに買いました。
カラオケ以前に、私はカーペンターズが現役だった頃からの大ファンなんです(^^)

海外のカラオケとしては、クイーンのDVDで歌入りとカラオケに切り替えられる
ものがあるようです。 勿論、正規盤です。
ビリー・ジョエルもいいですね! 私はオリヴィア・ニュートン・ジョンなども
大好きです。

by ぽぽんた (2009-11-15 18:22) 

売らない

亀レスですが、ずっとコメントしたかったので。(^^;

67~68年頃のコロムビアの音源って、とてもクリアなものが多いですよね。ミコちゃんの「渚のうわさ」やあゆみちゃんの「太陽は泣いている」も発売されてから15年以上後でレコードで聞いた時、あまりのクリアさにびっくりしましたから。
但し、いしだあゆみなんかの場合だと、「今日からあなたと」以降、いきなり音質が落ちた感じがあって、マスターテープが悪いのか、曲によっては全然クリアではない曲も存在するんですよね。

この「あなたならどうする」に関しては、ハモるところだけ別編集になっている感じがしますがどうでしょう。(音の定位が変わるので)

なお、この曲のハモりパートですが、アカペラで歌えと言われるととても難しいですね。演奏や他の音があると音が取りやすいんですけど。私が音痴なだけですが(笑)

なお、マチャアキのカラオケに関しては「幸福への招待」も一度商品化されています。

by 売らない (2009-11-23 21:57) 

ぽぽんた

売らないさん、亀レスでも大いに結構です。 そう言って頂けると嬉しいですよ(^^)

実は以前私は、コロムビアのレコードって音が悪いと思い込んでいたんです。
しかし社会人になってからレコードで「白馬のルンナ」「ブルーライト・ヨコハマ」
などを聴いてその音の良さにたまげて、考えを改めました。

1970年前後は録音自体も試行錯誤の時代で、新しい機器が入ってきたりも
したので、その過程で音質が犠牲になる事もあったようです。 特にコロムビアは
他社よりも早くPCM録音(デジタル録音)を採り入れて、それがちょうどその頃
なんですね。 歌謡曲にはまだPCMは使っていなかったと思いますが、そういった
混乱に巻き込まれていた可能性はあると思います。

「あなたならどうする」のハモリ部分は、結構不思議ですね。 2番目で
確かにヴォーカルの定位が乱れて、なぜか主旋律の方がやや左にずれる
んですね。 ここは、別テイクのテープを挟み込んだ可能性が高いと思います。

プロでも、ハモリのパートは苦労するみたいです。 大抵はピアノなどでその
旋律を弾いてもらい、それを憶えて歌うらしいのですが、主旋律と違って
変な所でいきなりシャープしたりフラットしたりで音程が取りづらいんですね。
余程ソルフェージュの訓練でも積んでいないと、譜面を見ただけでは歌えない
と思います(^^;)

「幸福への招待」のカラオケ、あるんですか! 頑張って探してみます!

by ぽぽんた (2009-11-23 23:49) 

なかやま

「幸福への招待」は大好きな歌でした。確か独立して3枚目のシングルじゃなかったかな。でも当時のカックラキン大放送とかで、最後にマチャアキがこの歌を歌うのですが、ビの部分「たとえその日が遠くさみしい毎日でも、いつかかならず来るよ悲しみ忘れられる明日が~。」の部分でレコードでは「かあ-なしみ忘れられる」とのびのび歌っていたのを、TVでは「かっな-しみ忘れられる」と、「か」を伸ばさないで歌うんですよね。ちょっとがっかりした思い出があります。このカラオケ情報わかりましたら教えてください。それでは!
by なかやま (2009-11-24 12:55) 

ぽぽんた

なかやまさん、こんばんは!

「幸福への招待」の頃は「ハッチャキ!!マチャアキ」でしたね(^^) 私も毎週
楽しみにしてました。 ゴールデンハーフとのコントがすごく好きで、時々
マリアが英語でまくしたてるのがよくわからないのに面白くて、それでついでに
英語も好きになったみたいです(^^;)

以前にも書きましたが、レコードとテレビで歌い方が違うって事、よくありますね。
レコードではとにかく素直に正しく歌う事を求められていたらしくて、いいんだけど
味がないな、と思う事もありました。

「幸福への招待」のカラオケはぜひ調べてみたいと思います!

by ぽぽんた (2009-11-24 23:35) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
メッセージを送る