So-net無料ブログ作成
検索選択

川の流れのように / 美空ひばり [序章]

今日は楽曲解説ではないのですが…

川の流れのように.jpg

今回、美空ひばりさんの「川の流れのように」について書こうとしていたのですが、
このタイミングで今夜、BS-TBSで美空ひばりさんの特集番組が放映されると知り、
もしかしたら「川の…」についても新しい情報が得られるかも…と思ってしまって(^^;)

なので今回は、楽曲解説にあたっての序章として、
美空ひばりさんについて少々書かせて頂こうと思います。
良かったらお付き合いを…。


私が物心ついた頃には、美空ひばりさんはすでにベテラン大歌手でした。
楽曲では「柔」「悲しい酒」の頃でしょうか。
「真赤な太陽」あたりだとテレビで観たような記憶もかすかにあります。

そして子供心に「こわそうなおばさん」とも思っていました。
当時30歳にもなっていなかったひばりさんに対して「おばさん」では悪い気がしますが、
画面から伝わる威圧感はものすごく、また着物姿が普通だったので、
実年齢をいくつも超えているように見えていたのだろうと思います。

****************************************

日本の音楽界にも「天才」と呼ばれる人が多く存在します。
そんな中、私がこれまでの人生で明らかに「天才だ」と思った人は、
松任谷(荒井)由実さん、宇多田ヒカルさん、筒美京平さん、そして美空ひばりさん
の4人です。

言うまでもなく、松任谷由実さんと宇多田ヒカルさんはソングライターとして、
筒美京平さんは作・編曲家そしてプロデューサーとして、
そして美空ひばりさんは歌手として、です。

その人達に共通しているのは、技巧的なものから一歩も十歩も進んで
聴く人の心を揺さぶる事ができる、その力だと思うんです。
技術はその力を発揮するための手段、過程に過ぎないんですね。


美空ひばりさんの逝去後、テレビで過去の映像が多く流されてきましたが、
そのどれを観ても歌唱があまりに完璧で、
聴き終わるたびに畏敬の念を持ったものです。

作品の古今東西を問わず、歌が入っている音楽を聴く時に
私はどうしても音程、歌い回し、リズム感などをチェックしてしまうのですが、
日本の歌手で、それらの点でも美空ひばりさんの右に出る人は、
今以て一人もいないと断言できます。

何事でも、完璧を期するには十二分な技術と強靭な精神力が不可欠。
私も人間を50年以上も続けるうちに、その事を理解するようになってきたようで、
同時に美空ひばりさんの凄さも年々、ますますわかってきたんです。

****************************************

美空ひばりさんの資質や才能、実績についてはこれまでに語り尽されていますから、
私のような者が改めて言及するまでもないと思います。
そこで、このブログの趣旨に合ったある噂について検証してみたいと思います(^^)


それは… レコーディングは必ず同録、即ちオケと歌を同時に録音していたとの話。

美空ひばりさんはデビューが昭和24年で、当時はオケと歌を同時に、しかも
直接レコードの原盤にカッティングしていた時代ですから、
美空ひばりさんにとっては同録は当たり前であった事は確かだと思いますし、
オーケストラと一丸となって良い音楽を作る事にこだわり、
同録が多く行われた事は確かであるようです。

しかし、作曲家の林哲司さんの著書「歌謡曲」や、
晩年のひばりさんのレコーディングを担当したミキサー氏の談話などを読むと、
他の歌手と同じようにボーカルブースでカラオケに歌をかぶせる様子が書かれています。

ただ他の歌手と違うのは、楽曲を完璧に自分のものにして録音に臨んでいた事。
林哲司さんによると、ブースの中で林さん作の曲を歌っているひばりさんが
前に置いた歌詞などは全く見ず、空を仰ぐように歌っていたのを目撃し、
とても驚いたそうです。

ひばりさんにとって、歌を憶えそれを演じる事は、呼吸をするのと同じくらい
自然な事であったに違いありません。
言い換えれば、ご本人は必死に曲を憶えるような事はなく、自然に自分の中に取り込み、
消化して自分のものとして表現する才能があったのだろうと思います。

ひばりさんは楽譜は読めなかったそうですが、耳の良さと記憶力の良さが
それを補って余りあるものであったんですね。


1994年に発行された書籍「まるかじり音楽業界」に、
ひばりさんが晩年にアルバムのレコーディングを行った際にエンジニアリングを担当した
コロムビアレコードのミキサー、青砥洲比古氏の談話があります。

それによると、ひばりさんは歌のダビングの際、1曲あたり2テイクしか歌わない、
しかもそのうちの1テイクはミキサーのテスト用に歌ったものであったそうで、
実質1テイクでこなしていたそうです。

他の歌手だと通常4~6テイクほど録音し、その中から上出来な部分を
つなぎ合わせるのが普通に行われていた
(現在は一通りミスがなく歌えれば、あとはコンピューターで補正するのが普通です)
ので、1テイクで済ませる事がいかに凄い事かは想像つきますね。

さらにアルバム全10曲分のレコーディングは、朝10時から昼休み1時間をはさみ
午後5時まで、たった1日で終えていた… との事で、
それはどのような歌手から見ても超人にしか思えない事でしょう。

美空ひばりさんクラスの歌手となると、録音された歌の出来も
本人の感覚に任せるものであった事も想像がつきますが、
結果的にそれが最良であると制作者が判断するレベルであった事も疑いようがなく、
そういう意味では自身がディレクターでもあったと言えます。

****************************************

美空ひばりさんの音楽を聴いていて一つ残念に思う事があります。
それは、どの曲を聴いてもひばりさんの存在感が強大過ぎて、
オケとの一体感を大切にしていたはずの音楽なのに、
サウンド=ひばりさんの歌、となっているものが殆どである事です。
つまり、オケとの掛け合いなどがあまり感じられず、
とことん歌(ボーカル)が先導しているように聴こえてしまうんです。

昭和40年代に入り、歌謡曲はそれまでの「歌さえ聴ければOK」から、
オケを含めたサウンド全体の味や良し悪しが問われるようになりました。

世がそんなサウンド志向になっても、ひばりさんの楽曲やレコードは
徹底的に歌が主役で、演奏までは印象に残りにくい。
時を同じくしてひばりさんのレコードがヒットしなくなったのは、
旧態依然の制作方式が足を引っ張ったように、私には思えるんです。

その中での例外の一つが、果敢にGSに挑戦し大ヒットした「真赤な太陽」でした。

元々ひばりさんは演歌だけでなく、ジャズなども高いレベルで歌いこなす
実力を持っていました。
同じレコード会社所属だった弘田三枝子さんのように、
サウンド志向と言える筒美京平さんにプロデュースを委ね楽曲制作をすれば、
新たに若いリスナーを獲得し、音楽の幅がうんと広がっていたかも知れません。

美空ひばりさんが筒美さん作・編曲のソフトロックを歌う…
私が知らないだけで実はあったりするかも知れませんが、
想像すると何だか、ワクワクします(^^)

****************************************

今年は記事執筆をお休みしたり延期したりする事がこれまでより多く、
楽しみにして下さっている方々にご迷惑をお掛けし申し訳ありませんでした。

来年は絶対に毎週キッチリ書く!とお約束できないのがつらいところですが、
私自身、楽しく書く事ができるうちは頑張りたいと思います。
これからも、よろしくお願い致します。

…で、来年初の記事は「川の流れのように」の楽曲解説、です。


それでは皆様、よいお年を(^^)/

nice!(4)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 4

コメント 14

ゆうのすけ

本年も一年 (あまりコメントを残せませんでしたが ^^;) 毎回楽しい 興味深い記事を十二分に楽しませていただきました。ありがとうございます!^^
まだまだ私の知らない時代の 背景や作品を紐解くヒントが ぽぽんたさんの記事に隠されていて あ!ここでこう繋がるんだ!とか発見することが嬉しく感じます。来たる年もブログを楽しみにしておりますと共に ぽぽんたさんの御多幸を願っております。
 ♪~暦はもう少しで 今年も終わりです。。。(テキスト「雪國」吉幾三)が 佳い年をお迎えくださいね。^^☆
by ゆうのすけ (2014-12-29 00:33) 

まるいち

ぽぽんたさん、こんにちは!
美空ひばりさんは歌い手としてまさに「天才」という言葉がぴったり、という方ですよね。
ワンフレーズの中にかわいらしさと凄み、喜びと悲しみ、などの
対極的な要素を絶妙にブレンドさせるセンスなど
日本の歌い手の中ではただ一人異次元の表現力の持ち主だと思います。
それだけにバックの演奏に関しては
皆演奏者というより伴奏者という感じになってしまったのかも知れませんね。

さてもうご存知かもしれませんが
明日12/30 大滝詠一さんの命日に
NHKのBSプレミアムで夜の10時から名盤ドキュメントの第3弾として
細野晴臣さん、松本隆さん、鈴木茂さんの3人で
はっぴいえんどの「風街ろまん」の8チャンネルマスターテープを聴きながら
語り合うという番組をやります、楽しみですね~(^^)

今年も一年楽しく記事を読ませていただきました。
私個人的には「春のマリーナ」はとても素敵な思い出になりました。 ありがとうございました。
また気が向いたら新曲も発表してくださいね(^^)
楽曲解説以外にも随想のような雑談のような記事もとても興味深く楽しんでいますので
ぜひそれも続けてほしいと思っています。
今年はひときわ寒い年の瀬ですがお体大切によいお年をお迎えください。
では来年もよろしくです!

by まるいち (2014-12-29 17:08) 

ぽぽんた

ゆうのすけさん、こんばんは!

こちらこそお世話になりました! いつも「nice!」を付けて下さり、
誠にありがとうございます。 コメントは無くても「読んで下さったんだな」と
励みにさせて頂きました(^^)

もう6年近く書いていて時々発想がサチッたりしますが、今後もぜひお付き合い下さい。
ゆうのすけさんにとりましても来年が素晴らしい一年でありますように(^^)/

by ぽぽんた (2014-12-29 18:34) 

ぽぽんた

まるいちさん、こんばんは!

仰る通りで、美空ひばりさんは単に技巧的に素晴らしいのではなく、
歌の隅々までに心が行き届いて大切に表現し、それが聴く人に伝わるのだろうと思います。
まさに異次元の、「天才」なる言葉では足りないほどの存在ですね。
確かに演奏者は伴奏者に徹していたとも思えますし、今思うとそれがひばりさんらしい
神々しさにもなっているのかも知れません。

おっと!! その番組、全く知りませんでした!! 絶妙なタイミングで
知らせて下さってありがとうございます。 もう必見ですね(^^)
大瀧詠一さんもいたら…とはきっと、誰もが思ってしまう事でしょう。

こちらこそ、私の曲に素敵な歌詞を考えて下さって誠にありがとうございました。
自分でもその「春のマリーナ」は気に入っていて、何度も聴き返しています。
いつか必ず、ボーカルを誰かにお願いして完全な形にしたいと思っています。
その時にはまたよろしくお願いします!
新曲も、メロディーは何曲もできているのですが、なかなかきちんと音にするのが大変で(^^;)
来年はそれを形にするのが大きな目標です。

来年もこれまで通り、好きな事をあれこれ書かせて頂くつもりですので、
ぜひまた読んで下さい。

この冬は本当に寒いですね。 まるいちさんもお身体を大切になさって下さい。
そして良い年をお迎えください(^^)/

by ぽぽんた (2014-12-29 18:53) 

ゴロちゃん

ぽぽんたさん、こんにちは!
今年もあっという間に大晦日がきてしまいました。

このブログで採り上げられている歌は、すべて私の青春時代の頃の歌なので、当時を思い出し懐かしんでいるのはもちろんなのですが、それを抜きにしても、当時の楽曲のすばらしさを強く感じています。

ぽぽんたさんの「乾杯お嬢さん」の記事がきっかけで、先日ピンクレディーのアルバムを買いましたが、歌詞やサウンド、二人の表現力など、いろいろな面で「すごい!」と改めて感じながら、歌を楽しんでいます。
仮にAKBがこれらの歌を歌っても当然大ヒットするでしょうが、この二人の迫力やお色気を出すのは到底無理だと思います。
また今年はひょんなことから、仲雅美さんのCDも購入することができました。1月2日のBSジャパン「日本歌手協会 新春歌謡祭」で、何十年振りかに「ポーリュシカ・ポーレ」を歌う仲さんを観られると知って、楽しみにしているところです。(1部から4部まで、計8時間も放送されるのですが、どの部で仲さんが出るのかわからないので、一応全部予約してあります。)

「川の流れのように」の記事、楽しみにしています。この歌、平成になったばかりの頃の昼の連続ドラマの主題歌で流れていて、「いい歌だな。」と思ったものです。まさか、こんなに後世に残るようなスタンダードな曲になるとはその時思ってもいませんでした。

私はどうも文章表現がうまくなく、長々と書いてしまいがちですが、今年もとても楽しませていただきました。ありがとうございました。
また来年もいろいろな歌に出会えるのを楽しみにしています。
ぽぽんたさん、みなさん、どうぞよいお年をお迎えください。

by ゴロちゃん (2014-12-31 11:12) 

ぽぽんた

ゴロちゃん、こんばんは!

ゴロちゃんが書いて下さった一節でわかりました。 今の音楽に足りないのは
色気、なんですね(変な意味ではありません)。
作り方から何から人工的になってしまい、色気と言ったようなニュアンスが
消されてしまったものが氾濫している、そんな感じでしょうか。

「日本歌手協会 新春歌謡祭」の事は知りませんでした。 私も予約して
ぜひ観てみようと思います。 知らせて下さってありがとうございます!

「川の流れのように」は私もあのようなヒットになったのが意外でしたが、
美空ひばりさんの最後の楽曲がスタンダードになって本当に良かった、と思いました。

私もまとめるのが不得手で、放っておくととんでもなく長くなります。
なので記事を書く時も、書いている時間よりも編集する時間の方が長い始末で(^^;)

今年も楽しいコメントをありがとうございました。 来年もぜひ!よろしくお願いします。

それでは、良い年をお迎え下さい(^^)/

by ぽぽんた (2014-12-31 20:34) 

風の精

ぽぽんたさん

あけましておめでとうございます♪


今年も よろしくお願いいたしますm(__)m


美空ひばりさん 宇多田ヒカルさん 松任谷由実さん … 女性という共通点以外に 実は あんまり大したことではありませんが、もうひとつ共通点がありまして 男性なら 矢沢永吉さんとかかな~…(;^_^A…





また ゆっくりコメントしにきますね~♪
by 風の精 (2015-01-01 05:04) 

ぽぽんた

風の精さん、あけましておめでとうございます。 旧年中は温かいコメントを
ありがとうございました。

共通点ですか!? レコード会社でも出身地でもないし…よく考えてみます(^^;)

今年もよろしくお願い致します!

by ぽぽんた (2015-01-01 17:51) 

卓

続けて失礼します<(_ _)>

いつの頃であったか記憶にありませんが、新聞の投書欄に美空ひばりさんについて書かれたものが掲載されていました。ある番組で、ひばりさんがファンからの希望で、「あら、そんなに言うんじゃ、唄ってあげてもいいわね?」と、上から目線からの応対に、投書されたファンの方が気分を害したというものです。実際この番組を見ていませんので、どのような経緯でひばりさんが話されたのかは分りませんが、投書されたファンの勘違いであって欲しいものです。

前回の「Fade Out」の企画と同様に、NHK(たぶん?)の番組で、神津善行氏がどこからか美空ひばりさんの「ホワイトクリスマス(英語詞」のヴォーカルのみのテープを探してらして、このヴォーカルにオーケストラを同時録音して放送したと記憶しています。前述されていますが、ひばりさんは英語を話すことは出来なかったと思うのですが、完璧な発音で他の出演者の方々もビックリされていたと記憶しています。また、この番組で解説されていたか記憶に無いのですが、彼女のビブラートは音程によって微妙にその振えを変える事ができるとも話されていましたね・・・。

私もこの「川の流れのように」はお気に入りの1曲で、発売と同時に購入しました。作家陣が「おニャンコ系」であったのが気になりましたが、本当に素晴らしい楽曲ですね?秋元氏もこの曲で、初めて本当の作詞家と認められたのではないかと話されていましたし・・・。

最後に、「真っ赤な太陽」は黛ジュンさんが唄う予定だったとか?ひばりさんが、「ジュン、あなたにはまだこの曲を唄うのは早いわね?」と話されたのは、本当でしょうか?

年明け早々支離滅裂の文章になってすみません!
今年もよろしくお願いします。
by (2015-01-02 09:20) 

青大将


♪ツン・ツクツクツン~ (ピァラ~)♪ ・・・・って、もう飽きた?(笑)

とにかく、2015年が明けて、新たな年がスタートを切ってしまいました。あけましておめでとうございます。m(_ _)m
良い正月でした? 俺は、見事なぐらい、絵に書いたような寝正月でしたが、これも計画性を持って(?)の事なので、充実してます。(^^) 久々、レコードでなく、CDを聴きまくり、贅沢な時間を過ごしたと思っております。
でも、予定してた読書が出来なかったな・・・・。(悔)
さて、初コメの美空ひばりですが、記事にある様に、一言で言うと、『完璧』だと、俺も感じます。 <どの曲を聴いても、ひばりさんの存在感が強大過ぎて、オケとの一体感を大切にしていたはずの音楽なのに、サウンド=ひばりさんの歌、となっているものが殆どである事です。(中略)とことん歌(ボーカル)が先導しているように聴こえてしまうんです。> という箇所で憶い出したのが、美川憲一著書の、『もっと元気だしなさいよ!!』の、ちあきなおみの章の、【とにかく、ひばりさんやちあきさんのクラスになると、バックのバンドが引きずられていくの。へたな歌手だと音程が狂って、バックの音についていくのが精一杯、っていう感じになるわけよ。 じょうずな人の場合は、歌手にバンドがつられていく・・・・そういう違いがあるのね。】 と、いうくだりです。 さらに、【だから、二人とも楽器みたいな歌い方ができるのね。声帯と楽器が一体になった感じ。人間の出す声というよりは、楽器から声が出て来るという表現がピッタリな感じなの。】とも。
近くに居た同業者の目から見ても、超越度がどのくらいだったかが窺い知れますね。
とにかくテレビを観てて、この人が聴き辛い歌を披露した処を、観た事なんて一度も無かったし、感情移入して涙を流そうが、ハツラツと動に入ろうが、一貫してブレない安定した歌唱。 語り継がれる要素には、尊敬の念が常に根底に在って、誰にも超えられない領域の中に祀られてる感覚が、誰の中にもあるからだという気がしてなりません。結果的に「川の流れのように」は、まるでフィナーレの為に用意された感が強いです。最初に用意された楽曲を、本人が変更したんですよね。
それほど、お気に入りだった様です。しかしそれは、後の流れを考えると、神懸かった様に正解ですね。あ、今偶然に川中美幸がテレビで・・・。(^^;
by 青大将 (2015-01-03 22:09) 

ぽぽんた

卓さん、またまたこんばんは!

美空ひばりさんについては美聞醜聞入り乱れていて、どれが本当か嘘かが
わからないほどですね。 美空さんには熱心なファンが多い反面、アンチに
徹している人もまた数多いので、そういった人達がある事無い事を
流布している可能性が高いと思います。
「歌ってあげてもいい」とは確かにイメージ的には美空さんが言いそうな言葉にも感じますが、
タクシーに乗って降りる時にお金がない事に気づいてその場で「リンゴ追分」を歌って
運転手の方が恐縮してしまった…とのエピソードもあるほどで、私としては
美空ひばりさんは上から目線で物を言う人ではなかった(相手によるかも知れませんが)
と信じたいと思います。

歌唱に関しては、次のコメントに青大将さんも書いて下さっていますが、
もう神の領域と言って良いほどのパフォーマンスだと思います。
神津さんのその発言は、音楽家の耳でそう判断できると言う事であり、
美空ひばりさんにすれば無意識に、歌に合わせた自然なテクニックなのだろう、
と私は解釈しています。

秋元康さんを作詞家と言って良いかはわからないのですが、おニャン子の
一連の曲による世間の偏見を解く事に成功した楽曲が「川の流れのように」であった
とも言えると思います(^^)

黛ジュンさんのそのエピソードについては、私は初めて知りました。
どれほどの親交があったのかがわからないので、知っている方がおられたら
ぜひ知らせて頂きたいと思いますm(__)m

by ぽぽんた (2015-01-03 23:20) 

ぽぽんた

青大将さん、あけましておめでとうございます。
…いえいえ、私は「春の海」はこの正月はまだ殆ど耳にしてません(^^;)

おかげさまでなかなか充実したお正月でした。 今日は近くのショッピングモールで
すぎちゃんを見ましたし(^^) むっちゃ寒そうでしたけど(^^;)

なるほど~。 その美川憲一さんの本の内容については初めて知りましたが、
同じ歌手の方が言う事だと説得力がありますね。 伴奏は「伴って奏でる」事であり、
本来は歌に合わせる立場であるのが、現代ではそれが逆転していると言えます。
それが本来の姿に戻して演じていたのが美空ひばりさんやちあきなおみさん
(奇しくも同じレコード会社ですね)だったと言えるかも知れません。
楽器から声が出ていると言う表現も本当に的を射ている、良い言葉だと思います。
美空さんの、音楽と音に対する才能や勘などについてはいくつもエピソードがあり、
そういった意味で歌手と言うよりも音楽家と言って良いと思います。

本当に仰る通りで、私も美空ひばりさんが歌詞を間違えたりつっかえたりするのを見たり
音程がおかしいと感じたりした事がこれまで一度もなくて、しかもそれを
苦しい顔ひとつせず楽にこなしている(ように見える)ので、
そういう事にも『神」を感じてしまいます。
「川の流れのように」を自ら選んだというエピソードは、明らかに自分の死期を
悟っていた事、自分のプロデュースは徹底的に自分で行うと言ったプロ意識が生んだ
ように、私は感じています。

…ってなわけで、今年もよろしくお願い致します(^^)/

by ぽぽんた (2015-01-03 23:36) 

風の精

ぽぽんたさん、こんばんはー

美空ひばりさん 宇多田ヒカルさん 松任谷由実さんの共通点


実は私、占い好きなんですが 中でも動物占いが大好きで たまに よくやるんですが、

美空ひばりさん 宇多田ヒカルさん 松任谷由実さん 実は動物占いでは動物キャラは『クロヒョウ』なんですよ

クロヒョウの性格云々は まぁ 動物占いのサイトを見ていただくとして かなり個性的な方が多いですね

by 風の精 (2015-01-26 03:04) 

ぽぽんた

風の精さん、こちらでもこんばんは!

前にも書いたかな? 私は占いは信じる方ではないのですが、見るのは好きなんです。
中でも動物占いは(私は狼、です)読んでいるとほとんど自分に当てはまっていて、
唯一信用している占いと言って良いほどです。

しかしそのお三人が揃ってクロヒョウのキャラとは、全く知りませんでした。
占いって歴史があったり何らかの裏付けがあったりするものが多いらしいので、
確かに理屈や科学的な根拠だけで語れないものがあるのかも知れませんね。

by ぽぽんた (2015-01-26 23:01) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る