So-net無料ブログ作成

君の誕生日 / ガロ

少し遅れましたが、マーク追悼…

君の誕生日.jpg

チャートアクションと作家について

「君の誕生日」はガロの5枚目のシングルとして1973年5月に発売され、
オリコンシングルチャートで1位を獲得し(同年6月25日付)、同100位内に21週ランクイン、
45.2万枚の売り上げを記録し「学生街の喫茶店」に続く大ヒットとなりました。

実際には「学生街の喫茶店」の次にシングル「涙はいらない」が発売されていましたが、
その後に「学生街の…」が大ヒットし、それを受ける形で制作・発売されたのが
「君の誕生日」だったんですね。

メロディーが美しく、聴いていてしみじみとしてしまう1曲ですが、
改めて聴くと、このような暗く地味な曲がなぜあれほどヒットしたのだろう?
と時代考察を始めたくなります(^^;)


作詞は山上路夫氏、作曲はすぎやまこういち氏の「学生街」コンビで、
アレンジもすぎやま氏が担当しています。

当時、FM東京「サウンドインナウ!」ですぎやま氏は自ら「今度のガロの新曲では
『学生街の喫茶店』のメロディーを間奏に使ってみた」と述べていました。

その時はそうなんだ!すごい!と単純に喜んだりしていましたが、
今考えると「君の誕生日」が「学生街の喫茶店」大ヒットの
二匹目のドジョウ狙いだったと認めた…事に近いですね(^^;)


私はこの曲は、同じすぎやまこういち氏作曲で1968年に大ヒットした
「花の首飾り」(ザ・タイガース)をベースに作られているように感じています。
それは冒頭の ♪君の~…♪と ♪花咲く~♪ に特に表れていますし、
全体を通して聴いてもやはり「花の首飾り」同様に
どことなくクラシックの雰囲気が感じられます。

そして歌詞のアイディアは、この2年後に大ヒットした野口五郎さんの「私鉄沿線」
に引き継がれる事になります。


楽曲について

構成はごくシンプルな2コーラス。 リズムは8ビートで、テンポはややスロー(95bpm前後)。
楽器の編成が少ない事も影響して静かで、大きく盛り上がるタイプではないようです。

先述のように間奏で「学生街の喫茶店」の歌メロが使われています。
先ほどは「二匹目のドジョウ狙い」などと書きましたが、
斬新なアイディアであった事は間違いないですし、
すぎやま氏の作であるからこそ実現したアレンジだったんですね。

終盤の ♪君は いない ふたり あの日♪ ではマークとトミーの
掛け合いで歌われています。


キーは Cマイナー(ハ短調)で、コード進行もシンプルで、
間奏以外では、コードもコード進行も特に難しい部分もありません。
その代わりに歌メロに意味を持たせたような作りであり、
実際、伴奏がなくてもハーモニーを感じるようなメロディーですね(^^)
今回も採譜しましたのでご参考までに…:
(画像上クリックで大きく見られます)
君の誕生日Score.jpg

サウンドについて

全体に音数が少なく、その分各音の音色を大切に録音されているのがわかります。
つぶやくような歌を引き立たせるミックスバランスも重要ですね(^^)


使われている楽器とその定位は:

左: ストリングス(Vn) エレキギター

中央: ピアノ ベース

右: ストリングス(Vn、Vla、Vc) アコースティックギター

ステレオ収録: ドラムス

エレキギターにはフェイザーが掛けられ波のような動きのある音に作られています。

ドラムスはタムの皮をやや緩く張り発音時間を長くしたような音作りで、
1973年前後のレコードで度々耳にするサウンドです。


最後に

昨年末、マークこと堀内護さんが胃がんで逝去しました。
ほんの数年前にテレビ出演して「今後はライブも精力的に行う」と語っていたので、
突然の訃報に残念な思いでいっぱいになりました。

1986年にトミーこと日高富明さんが亡くなっていたので、
残ったメンバーがボーカルこと大野真澄さんだけとなり、
ガロと言えば「学生街の喫茶店」、のイメージがより強くなりそうで、
それもやはり残念な気がします。

ガロは今後も再評価される機会のあるグループと思うのですが、
ガロこそデジタル音源ではなくレコードが似合うサウンドでは、
と個人的に感じてます(^^)


「君の誕生日」
作詞 : 山上路夫
作曲 : すぎやまこういち
編曲 : すぎやまこういち
レコード会社 : コロムビア(マッシュルーム)
レコード番号 : CD-183
初発売 : 1973年5月10日

nice!(2)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 2

コメント 6

青大将

こんばんは。 「君の誕生日」のメロディーを思い出すと、トミーとマークへの鎮魂歌の様にも思えて来ます。 特に間奏が。

ガロは、「ロマンス」や「一枚の楽譜」、「姫鏡台」も感慨深くて好きでした。
ぽぽんたさんの仰る様に、「君の誕生日」の様に暗い楽曲が45万枚以上を売り上げる大ヒットに成るって、ちょっと『?』ですよね。 もう、時代以外の何者でもない気がします。 勿論、曲自体は素晴らしいし、名曲で在るのには変わり無いんだけど。 時代背景は確かに在ると思います。72~75年頃って特に四畳半フォークとか同棲とか、貧しい学生同志が暗い世相の中、肌を寄せ合い、反社会的な思想も抱きながら懸命に生きてる雰囲気が充満してるイメージが在りますし、思い起こすと、歌謡曲も明るいアイドル歌謡に混ざって大人の分野ではシリアスな内容の世相反映歌が結構ヒットしてましたよね。

考えたら、「君の誕生日」は、「恋する夏の日」や「危険なふたり」、「赤い風船」とか「わたしの彼は左きき」と同時期のヒット曲なんですね~。
「学生街の喫茶店」と、どちらが売れたんですか? ガロは、フォーク系で在りながらテレビにはよく出てたので、(プラス、ビジュアル的にもお洒落な人達でした)この曲もすごく記憶にあります。
コメント書くのに一応、久々レコード聴こうとシングル盤探したけれど、こういう時に限って簡単に見付からず、棚やラックの何処に紛れ込んでるのか、検討がつきません。(^^;
by 青大将 (2015-04-27 19:16) 

ぽぽんた

青大将さん、こんにちは! お返事が遅れて申し訳ありません。

そうですね、ガロって一時期かなり人気があったわりには、華やかなイメージがなくて、
思い出すと何となく寂しさが先に立ってしまう感じで、この曲が鎮魂歌に思えると仰るのが
よく理解できます。

1973年は私にとって特に楽しい事が多かった年で、今思い出してもキラキラしているのですが、
ヒットした曲を並べてみると、青大将さんが挙げられたような明るい曲も多い反面、
「怨み節」「コーヒーショップで」『心もよう」のような暗めの曲も多かったですね。
極めつけは「神田川」かな。
年末になってオイルショックがあったのが、多分イメージ的に最も大きな影響を及ぼしている
と思いますが、それがなくても社会全体が前年までとはかわっていた気はします。

当時、すでにレコード好きだった私は、オイルショック以後、1枚物のLPレコードが、
どんどん2つ折りからシングルジャケットになってしまったのがかなりショックでした。
2つ折りでないと、どうもアルバムと言う感じがしなくて、損をしたような気になったものです。

「君の誕生日」はヒットはしたものの、売上枚数としては「学生街の喫茶店」の77.2万枚
と比べるとかなり少ないんです。 「学生街…」でガロのファンは増えたが、新曲は
そんなファンしか買わなかった…と言った感じでしょうか。
ガロの3人はそれぞれ個性的で、共通点などなさそうに見えましたが、本などを読むと、
やはり3人仲が良かった…ってわけでもないようですね(^^;)
中でもマークは少女漫画に出てきそうなキャクターで、最も人気があったと思います。

私は個人的には、以前も書いたかと思いますが、トミーがリード・ボーカルをとった
「一枚の楽譜」が、今でも最も好きです(^^)

by ぽぽんた (2015-04-29 16:57) 

まいける

昨日ユーチューブでたまたま目にした、ガロの青い目のジュディの動画。。。ガロと言えば、学生街しか知らない私はスルーって思って。。。でも何故か気になってちょっと観てみると。。。えっぇ~~
by まいける (2017-10-05 19:06) 

まいける つづき

なにこれーー?日本人???淡々と歌う3人が作り出す音が。。。ハ-モニーが。。。心地いい!!音楽の多様性。。。自由さ。。。豊かさ。。ガロってこんなグループだったのぉ??素晴らしい!
by まいける つづき (2017-10-05 19:18) 

まいける つづき2

ガロブランド。。。今頃気づけたのかも。。。こんな気持ちを運んでくれて感謝!!です。決めつけないで、ガロの多様性をゆっくり楽しんでこう!!って思ってます
by まいける つづき2 (2017-10-05 19:34) 

まいける つづき3

しかーし!この動画、もっと鮮明に、もっとよい音声にならんものかな。
by まいける つづき3 (2017-10-05 19:35) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る