So-net無料ブログ作成
検索選択

耳(と命)は大切に…

実は私は耳鳴り持ちでして(^^;)

5年前に突発性難聴を左耳に患いましたが、どうもそれ以後であるような…。

私の場合は非常に高い音(恐らく8KHzくらいだと思います)が持続するもので、
全く鳴らない日もあれば、数日ずっと鳴りっぱなしの事もあります。

それまで鳴らなかったのに、うたた寝をすると急に鳴りだす事もあります。
邪魔な音なので、ここ数年は少し悩んでました。


でも最近、ちょっとだけ光明が見えてきたんですよ。

耳鳴りに関する最近の研究を自分に都合の良いように解釈すると(^^;)、
どうも音楽をよく聴くようにすると改善する事があるようなんです。

要は、音を受けてそれを脳に送る経路は使わないと劣化するようで、
それは特に高い周波数の音に関して顕著らしいんです。
そして脳が、その劣化した経路から高い音を受け取るための感度を上げ、
それが脳の血流をより敏感にキャッチしてしまうと、
私が感じるような高い音が持続する耳鳴りとなるらしいのです。

なので、意識的に高い周波数を多く含む音楽などを日常的に聴くようにすると、
劣化していた経路が徐々に復活し、脳の方の感度も落ち着いて
耳鳴りも収まってくる…ようなんです。


そう言えば、突発性難聴(幸いこれは完治してます)を患った後、
耳に気を遣いすぎてか、明らかに音楽を聴く時間が少なくなっていたなぁ…
と改めて思った次第でして。

最近、より高い周波数まで再生できるハイレゾに興味を増したのも、
その事に強く関係しています。


音楽を聴いているうちに耳鳴りが治れば一石二鳥だ~(^◇^)


最近、先々週記事にしたCDプレーヤーで一日1時間ほど音楽を聴いているのですが、
確かに耳鳴りがする日が減って来たような感じなんです。
まだ検証不足で「たまたま」の域を抜けてない(実際、今も鳴ってるし…)のですが、
徐々に治っていってくれれば、と小さな期待をしているところです。

****************************************

ところで、「これは絶対にダメだ」と思う事の一つに、
イヤホンで何か(多分音楽でしょう)を聴きながら自転車を運転している人を、
本当に多く見かける事があります。

条例か何かでそれを禁じている場合もありますが、
今はまだ野放し状態なんですね。

そんな条例の中には「片耳ならば良い」と言うものもあります。
私はそれを何かで聞いた時、

「バカか」

と思いました。

イヤホンにはその形状にいくつか種類がありますが、
現在主流なのはカナル型と言って、耳栓のように耳孔に突っ込むタイプです。
これを使うと、外部の音はほぼ、聞こえなくなります。

自転車の運転の時に使われているイヤホンがカナル型とは限らず、
オープンエア型の、外部の音も聞こえるタイプも多く使われていると思いますが、
いずれにしろとても危険です。

安全に運転するには周りの状況音をキャッチする事が大切なのに、
音楽など聴きながらだと無意識に音楽の方に神経が集中する事もあるからです。

ましてや片耳だけイヤホンをしていると、もし事故につながるような音がしても、
その方向がわからなくなります。
それは両耳にイヤホンを着けている時よりむしろ危険と言えるでしょう。
「片耳だけなら良い」なんて、何を考えてるんだろう。


相変わらず携帯電話で通話しながら車を運転する人も多いし、
ヘタすると自転車をこぎながらメールを打っていたり…
そういった人を見かけるたび「アンタそんなに運転がうまいのかよ」
と毒づきたくなります。

大抵の人間は、同時に複数の事に同じように神経を配分する事などできません。
一つに集中すれば、必ず他方がおろそかになる。
「ながら運転」の末に負傷したりしても、その人は自業自得としても、
全く関係ない人を巻き込む事が多いのが現実です。

個人的には、例えば自転車の左側通行を徹底させるのは相当困難と思いますが、
自転車にしろ自動車にしろ、「ながら運転」は無くなるよう、
個人・行政共にもっと努力するべきだと思います。
…かく言う自分も「空想しながら運転」は控えないと(^^;)


このブログの趣旨とは著しくシフトしてしまいましたが、結論!
音楽は安心して楽しめる状況下で楽しみましょう(^^)/


ぽぽんた警察

nice!(2)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 2

コメント 10

青大将

ぽぽんたさん、こんばんは。 5年前に突発性難聴患って居た事、初めて知りました。大変でしたね。
今、驚くほど多いですよね、ウチの妹も、ぽぽんたさんの1年後ぐらいの朝、突然に方耳に発症しましたが、(朝から土砂降りのクリスマスイヴの日でした。)
未だに完治して居りません。 ホントに突然襲って来るらしいですね、前兆無しに。
芸能界だと、三善英史がそうだった様で、以前テレビで語って居るのを観ました。 三善英史以外にも結構居るんですよね。今や国民病でしょうか。
視界がグルグル回って、吐き気や嘔吐を伴う、壮絶な症状だと聞きます。 しかし、5年前と言えばこのブログは既に在って、俺も丁度参加させて頂いた年。
あの頃は週に2回更新が在ったり、コメントを打てば、咄嗟に返信を戴いたり、それに対して此方がまた再びコメントを打つと、それに対しても素早いぽぽんたさんの返信を戴いたりしてました。 身体がそんな大変だった事など、此方は全く知らずにやり取りさせて頂いてたんですね。 それを思うと、頭が下がるばかりです。m(__)m
本当にありがとうございました! 現在よりもコメントする人の数が多かったし、正直、あの当時はしんどかったんじゃ無いですか? 気になりました。


かくいう俺も、突発性難聴迄は行かないけれど、耳は時々詰まるんですよ。 中学1年だった昭和53年の夏休み、水泳の飛び込みに因る耳詰まりが発症して、
昼御飯を済ませると、1時から耳鼻科に通う日課を強いられてしまいました。(^^; 丁度その頃、サザンオールスターズが出現して話題になり始め、あのデビュー曲を連日の様に耳にするので、未だに「勝手にシンドバッド」を聴くと、この耳鼻科の待合室の光景が先ず頭を過るんです。

そして、この耳詰まり、未だに自分の中に存在してるという訳です。(^^; その耳鼻科には夏休み中通って居たのですが、俺はその頃から、結果が直ぐに見出だせない
物に対して見切りを付けるタイプで、親には怒られましたが治療を中断してしまったので・・・・・・・・。
今日に至る途中に、この耳詰まりが特に酷い時期が在って、治療を再開した事も一応在りました。 25才の頃で、主に夜勤時代の会社の寮住まいの頃です。
いつも午前11時台に自転車で5分そこらの距離に在る耳鼻科に通ってましたが、行くと、いつも小さい子供連れのお母さん達で溢れ返ってる、雰囲気の良い病院でした。
何故かその頃、キャンディーズの「別れても愛して」という曲(「哀愁のシンフォニー」B面)にハマってて、病院に行く前後に聴いてたんですが、曇天の日は特に雰囲気が合ってて、これも未だ聴くと、あの病院の子供向けのカラフルな円形ソファーにおもちゃが散らばる待合室の光景が目に浮かびます。常に歌が絡んでます。(笑)
帰り道にランチしたり、ビールを主に食料品を行き付けのスーパーで調達したりと、この時の通院は何処か楽しんでました。(^^;


さて・・・・・此処からがお説教されタイム。(^^;
自転車ですが、俺はまさにぽぽんたさんの仰っしゃる『バカか!』に当て嵌まる残念野郎でした!(→.←) 《ウッ!カミングアウト!》
本来自転車通勤で、片道35分ぐらいの距離をのらりくらりと漕ぐのですが、小型ラジオにステレオタイプの両耳イヤホンを挿し込み、たまに携帯を弄くる・・・・・・・
という危険運転の見本の様な事をやってました!!(>_<)/~~ 此処1年以上は車通勤に切り替えたので、自転車は随分乗ってませんけど・・・・・・。
現在は反省して居り、自己の行動を省みて浅はかだったと思う次第。 でも、事故を考えるとホントにゾッとしますから怖いです。自分だけじゃなく、人を巻き込んだりすると地獄だし、悲劇ですしね。
明日は1ヶ月半振りの出勤です。 実は両足の膝を負傷して、薬を服用しながら自宅療養して居りましたので。(^^;
気を付けて運転します。\(^^)/


by 青大将 (2015-06-28 23:50) 

青大将

あ、「方耳」は「片耳」と書いた方が合ってますかね? 訂正しておきます。m(__)m

ついでにちょっと書き足しますが、俺の耳詰まりは、どうも少しでも気圧の高い場所や、汗をかくほど身体を動かした時などにも左右される場合が在ります。
それと入浴中、特にシャワーを浴びてる時に誤って水が耳に入った後、水を抜いても暫くの間(場合に拠っては翌日や数日間)詰まる事も在るんで困りモンです。(>_<)/~~
by 青大将 (2015-06-29 00:08) 

小がめら

こんにちは、小がめらです。

ぽぽんたさんも、青大将さんも、耳では大変な思いをなさったのですね。私は子供の頃、鼻で耳鼻科に通ったことはありますが、幸い耳の病気は罹ったことがありません。

音楽を聴いていて、皆さんの書き込みなども拝見して、自分は耳は良い方ではないという事は認識していますが、病気になったことがないことは幸せなのだなと、今回思いました。

ただ高音は年の割には良く聞こえます。猫よけのキーンはとても良く聞こえます。


高音を聞かないと、脳の感度が不必要に上がって耳鳴りになるというのは、ナルホドのお話でした。

青大将さんお怪我なさっていたのですね。お仕事も暫くは調子が出ないと思いますが、焦らずに馴らして行ってください。


それではまた。

by 小がめら (2015-06-29 03:21) 

青大将

小がめらさん、こんばんは。

お気遣いありがとうございます!!\(^^)/ お陰様で今日一日無事にやり過ごせました。
小がめらさんは耳の病気にどうやら縁が無さそうで何よりですね。
俺は、最初の通院で中耳炎の一歩手前だと診断されてたんですが、アホなので、最後迄係らず途中で断念した為に、今日に至ります。(=_=)
それはそうと、何か年齢を重ねるに付け、身体って理屈抜きにガタが来ますね。 自分で予め処理出来る範囲であれば、早めに対策を講じたいです。
お互いに気を付けましょう。(^^)v


by 青大将 (2015-06-29 19:04) 

ぽぽんた

青大将さん、こんばんは!

もう今となっては懐かしい事になってしまいましたが、突発性難聴には確かに難儀しました。
このブログの記事で言うと、岩崎宏美さんの35周年記念として「二重唱」
の記事を書いた時でした。
「二重唱」は中学の頃から馴染んできた曲なので、記事は特に難なく書けましたし、
青大将さんを初め多くの方からコメントを頂いて喜んでいました(^^)
当時の事まで気遣って下さってありがとうございます。

私の場合、その少し前から風邪をひいていて、ある日起きてみると
左耳が聞こえなくなっていたんです。
2、3日様子を見ていたのですが良くならないので耳鼻科に行ってみると
「突発性難聴と軽い中耳炎」と診断されました。
その時に医師が「この前、浜崎あゆみが罹ってしまったのと同じだよ」
と言ったのをすごくよく憶えています(^^;)

その時に「完治するかどうかはわからない」と言われてしまいビビッてしまいました。
仰るように、まさか自分がそうなるとは全く予想していませんでした。

しかし運よく3週間ほどでほぼ治り、今では聴力は左右とも全く同じになっています。
青大将さんの妹さんはまだ完治されていないんですね…。
治るまでの期間は個人差が大きいそうですし、完治される事を心からお祈りします。

青大将さんは耳が詰まるんですね。 それはプールで耳に水が入って
なかなか取れないような感覚に似ているのでしょうか?
きっとすごくうっとうしく感じると思います。 早く治るよう、願ってます。
それにしても青大将さんは色々な場面で音楽が結びついているのが
とても興味深いですね。
本当に、音楽がお好きなんですね(^^)

今回の私の記事、今読み返すと結構キツい事言ってますねぇ、すみませんm(__)m
「バカか」と思ったのは「片耳なら良い」などと変な決まりを作った人達についての事なので、
イヤホンを着けている人に対してではないんですよ。
それはわかって下さいね(^^;)

私が今住んでいる千葉は、毎年のように交通事故の数(だったかな)が
全国1位となっているようで、実際事故の現場に出くわしたり、
目の前で自動車同志が衝突したりするのを私は何度も見ているんです。
そのたびに事故って本当に怖いって思うんですよ。
どちらが原因であろうと、どちらも傷ついてしまうわけで…。

音楽ブログを書いている人間が場違いだ、とも思ったのですが、音楽が好きな事が原因になって
事故に遭ったりするなんてあってはいけない…と常々思っていたので、今回書かせて頂きました。

青大将さんも運転される時はくれぐれも注意して下さいね。
両足の膝を怪我されているとは、それもとても難儀な事と思います。
無理なさらず、しっかり治して下さいね!

by ぽぽんた (2015-06-29 19:37) 

ぽぽんた

小がめらさん、こんばんは!

突発性難聴もそうですが、それまで何も考えずに正常であるのが当たり前であったのが
急に機能しなくなるとどれほど不自由か、そうなってみないとわからないものですね。
今、こうして健康に過ごせている事はむしろ奇跡に近いんだ、などと本当に思います。

経験から言わせて頂くと、やはり風邪をひくのは良くない事だとつくづく思います。
疲れていて体力が衰えていたり、寒いのに「大丈夫」と油断していると、
風邪ってやはりひいてしまうようです。
小がめらさんも気を付けて下さいね!

by ぽぽんた (2015-06-29 19:50) 

nuko222

ぽぽんたさん、こんばんは。
「突発性難聴」だったのですね。
知人で当方より一回りくらい若いミキサーが数年前になりました。
現在は完治?しているようですが、彼は「めまい」がする状態が続き、1週間入院しました。「音」が原因とのことらしいです。
職業柄どうしても大きい音圧を聴き続けたり、定位を探るために耳に注力するので必要以上に音を聞いてしまうんですね。
これが、耳だけでなく視力や三半規管に影響し、肩こり?まで起こします。
当方はもう20年くらい前ですが、そのような仕事の時に首が回らない状態になって、整体に行ったりしましたが回復がなかなか進まず、温泉に行って湯治で治したことがあります。
スタジオの冷房とスピーカーからの音を絶えず聴いていた影響と思っています。

そんな経験もあって、あえて音楽プレーヤー類を電車に乗りながら聴くという「ながら聞き」はしません。聴かない時間を積極的に作り、楽しむ時にじっくりと聞き込むようにしています。

イヤーインモニター(イヤホン)は音波の伝達が耳にダイレクトに伝わるので、長時間使用は耳に負担が多いと思います。

「突発性難聴」がすべて大音量や生活習慣でなる訳ではないでしょうが、要因となりそうなことは減らした方が良さそうです。
ぽぽんたさん、ご自愛ください。
by nuko222 (2015-06-30 02:32) 

ぽぽんた

nuko222さん、こんばんは!

アドバイスをありがとうございます。 仰るように大きな音、と言うよりも音に
過重な注力をする事が耳に大きな負担をかけるものなんですね。
私も例えばロック等のライブに行くと終了後数時間は少し難聴状態になるので、
職業上それを毎日のようにしなければならない人が耳に障害を負うようになるのは
よく理解できます。 そういう人が突発性難聴になるのは、ある意味その人の耳が
ストライキを起こしているようなものかも知れません。
しかしそれが長い期間に及んでしまう事が多いのが最大の問題ですね。

私は電車に長い時間乗る必要がある時には、ウォークマンを使っています。
家では好きな音楽ばかり聴いてしまうので、移動の時には普段あまり聴かない
ような音楽も詰め込んだウォークマンを全曲シャッフルで聴き流しするんです。
勿論音量には注意していて、突然大きな音が耳に飛び込まないようにもしています。
あれ、こんな曲聴いた事なかった、このアルバムにこんな良い曲が入っていたんだ、
などと出会いが多くなった気がするです。 選り好みが減ってきたのは年をとった証拠、
かも知れませんが…。

最近主流もカナル型イヤホンは周囲の音が入らず、音楽に集中できるので良いのですが、
音がストレート過ぎて耳に良くない気は確かにします。
私も過去に痛い目に遭ったので、今後はそのような事にもより注意したいと思います。

by ぽぽんた (2015-06-30 23:39) 

nuko222

ぽぽんたさん、お返事ありがとうございます。
積極的に耳を休ませることに気を使うのは、当方がまだ録音関係の仕事をしている時期に、他社の名のあるアーティストのミキサーさんが音の影響で一時期、視力を落としたという情報があったからです。(名前は申しあげられませんが、このサイトで採りあげられたアーティスト担当のエンジニアさんです)

アルバムの録音が始まれば、1か月以上ほぼ毎日が何らかのスタジオ作業になって音を聞き続けることになります。

今、話題の「ブラック企業」じゃないですが、簡単に残業100時間なんて当たり前な世界なんです。当方も土日や祝日、夏休みや正月休み返上でスタジオ仕事をしていたこともあるので、数値的には100Hを超えていたことは何度もありました。

症状が出ていなければ良いけれど、出てしまった時にどんな症状になるかが気になって、回避行動としてできるだけ電車内とか移動中に音楽プレイヤーを使わないようにしているのです。
当方は過去の耳に対する負荷があるので、累積するかどうかはわかりませんが用心してのことです。

返答不要です。次回の曲を楽しみにしています。

by nuko222 (2015-07-04 03:12) 

ぽぽんた

nuko222さん、こんばんは! 返答不要との事ですが、ちょっとだけ…。

日本ではミュージシャンでも耳に障害を負ったなどとたまに聞く事がありますが、
プロだから仕方ない…と言った問題ではないですよね。 音楽を作るのは感性勝負ですし、
過重労働でそれが鈍っては良い作品も生まれにくくなる気がするのは素人考えでしょうか。

私のような普通の生活をしている者でも突発性難聴を患う事があるほどですし、
音楽を生業にしている人にとっては特に、本当にそれは怖い事だと思います。
私も難聴を経験してから耳の状態にはかなり敏感になりました。 しかしどうしても、
どんなに気を遣っていても「なる時にはなる」ものだ、と言うのが経験上正直なところです。

明日(もう「今日」ですが)はちょっとリフレッシュするためにお休みしたいと思っています。
次回は必ず書きますし、曲目も決めてます。 そのあたりは改めて書きますね(^^)

by ぽぽんた (2015-07-05 00:41) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る