So-net無料ブログ作成
検索選択

水曜まで待ってねm(__)m

ぽぽんたです。 いつもこのブログをご贔屓に賜り、ありがとうございます。


言い訳します(^^;)

今日更新するつもりで記事を書いていたのですが、あと2割ほど…と言うところで
TOKYO FMで19時から放送された「風街レジェンド」に聴き入ってしまって
中断してしまったのでした(>_<)

その後もうまく時間が作れずこんな時刻に…

今回の記事は、今週水曜までに更新しますので、良かったらまたご覧下さい。
申し訳ないっm(__)m


で、ここでただでは終わらせないのがワタクシでして…
クイズとして記事用に作った楽譜を貼ります。
それを見て次回の題目曲を当てて下さい。

ただしこの楽譜は完成形ではなく、注釈はもとより
曲名は削除、歌詞も一部しか表示しないように編集してあります。
「楽譜なんて読めないよ」なんて仰らず、ご覧になってみて下さい(^^)
(画像上をクリックするとより大きく見られます):
Quiz1025-1のコピー.jpg
ヒントは…1972年の今頃にチャートを上昇していた、その年の新人歌手の曲です。


ではでは、今日のところはお休みなさい(-_-)zzz


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 1

コメント 2

ろしひー

ぽぽんたさん おはようございます。
森昌子さんの「同級生」ですね。
桜田淳子さん、山口百恵さん登場前夜のトップテンヒット連発時代の曲です。デビュー曲「せんせい」からの学園三部作の2作目ですが、雰囲気を出すべく、当時小学校で習得が必須だった(今はどうなんでしょう?)リコーダー(たて笛)の音がイントロや間奏に入れてあります。当時から、違和感があったような記憶がありますが、今聞いてもちょっと邪魔な感じがありますね。
「同級生」、太平住宅から、徳間書店に買収された直後のミノルフォンレコードからの発売でした。音源の制作は東京音楽出版=ホリプロなので、「同級生」もいまは昌子さんがのちに旧音源とともに移籍したポニーキャニオンから発売されていますね。
ミノルフォンレーベルは演歌系レーベルとして徳間ジャパン内に現存していますが、遠藤実先生のレコード会社だから、「ミノルフォン」って、このセンス、時代を感じます。


by ろしひー (2015-10-26 07:03) 

ぽぽんた

ろしひーさん、こんばんは!

正解です(^^) 楽曲に関する事は記事に書きましたので、明日更新したらそちらを
読んでみて下さいね、

私はミノルフォンと聞くと、どうしても「何となく音が良くないレコード」なんてイメージがあるんです。
子供の頃の感覚なので全くの思い込みなのですが、当時はきっとビクターや
CBSソニーのレコードの音が豪華に聞こえたのだろうと思います。

by ぽぽんた (2015-10-27 23:53) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る