So-net無料ブログ作成

別れてよかった / 小川知子

前回クイズの正解です:
別れてよかったジャケ.jpg

チャートアクション

「別れてよかった」は小川知子さんの15枚目のシングルとして1972年6月に発売され、
オリコンシングルチャート最高18位(同年9月25日付)、同100位内に25週ランクインし
18.9万枚の売り上げと、大ヒットではなかったもののロングセラーと言える成績を収め、
今も良く知られる1曲となっています。


楽曲について

1960年代後半から1970年代後半にかけて、日本ではポール・モーリア、フランス・ギャル、
ダニエル・リカーリ、ミッシェル・ポルナレフ、ダニエル・ジェラール等による
フレンチポップスが散発的にヒットし、「別れてよかった」のメロディーラインは
それらの流れを汲むような、それだけでドラマ性のあるような作りとなっています。

全体のサウンドは、管楽器をファンファーレ的にではなくメロディアスに使う事が
一つの特徴であるA&M(ハーブ・アルパート、カーペンターズ、イングランド・ダン&
ジョン・フォード等が所属していたレコード会社)の雰囲気を感じさせ、
そこに歌謡曲らしいストリングスの動きを加味したものと言えるでしょう。


作家について

作詞はなかにし礼氏、作・編曲は川口真氏のコンビネーションで作られています。

同コンビは1969年に「人形の家」(弘田三枝子)、1970年に「手紙」(由紀さおり)と、
いずれもヒットが途絶えていた歌手の起死回生的な大ヒット作品を生み出しています。

「別れてよかった」も1969年の「初恋のひと」のヒット以来、チャート上位に
しばらく食い込めていなかった小川知子さんへのテコ入れの意味合いがあったようで、
大袈裟なまでに歌い上げるタイプの歌唱法をファルセットを用いたささやき唱法に変え、
楽曲の持つイメージをふくらませた事がヒットにつながった大きな要因でした。

同時期の山本リンダさんの場合は真逆で、それまでの舌足らず発声ののど声歌唱を
腹式呼吸的な発声に変えた事が、ビジュアルの変化と相まって
「どうにもとまらない」のヒットにつながる大きなインパクトとなりました。

奇しくも「別れてよかった」と「どうにもとまらない」は全く同じ発売日なんですね(^^)


川口真氏による、歌唱法変更を伴う楽曲提供はさらに続き、
「別れてよかった」発売の半年あまり後に「他人の関係」(金井克子)、
そのさらに半年足らずで「浮世絵の街」(内田あかり)と立て続けに発表し、
いずれも現在も親しまれる有名曲となっています。

ただそれらのヒットは、楽曲の良さは勿論ですが、
大衆がそれまでの各歌手の歌唱を知っていたために、
その意外性が注目されたからこその結果、とも言えると思います。
そのためか、いずれも後が続かなかったのが残念です。


歌詞について

歌詞の内容は、男性と別れた女性の強がりが表現されたものです。
最後に出てくる「覚えかけの煙草」が、この女性の悲しみを象徴していますね。

細かく聴いてみると随所に工夫や計算が感じられる歌詞で、
特に譜割りに大きな神経が払われています。
そのため、「別れてよかった」は「人形の家」同様、曲先で作られていると思われます。

Aメロでは♪別れてよ/かったわ あなたみたいな人と 子供のこ/ろのよに 自由になったわ♪と、
1フレーズおきに小節にまたがっては次にキチンと一小節に収まったり、
何度も ♪…るわ~♪ と入れてまるで ♪ドゥワー…♪ とドゥーワップのように聞こえたりと、
歌詞が耳に残る部分をいくつも設けてあります。

Bメロ(この曲でのサビ部分)の後半に至っては、
♪買い物も 好きな町に行けるわ♪ ではなく ♪買い物も好きな 町に行けるわ♪、
♪気がむけば ひとり旅もできるわ♪ ではなく ♪気がむけばひとり 旅もできるわ♪
と歌詞がはめ込まれ、聴いた人が一瞬「?」と思う事がインパクトにつながっています。


メロディー・歌唱について

イントロと間奏に歌手本人によるスキャットが入る2コーラス構成です。

キーは Aマイナー(イ短調)で、転調等はありません。
コード進行はフォークソングのように単純なものですが、
Aメロ ♪子供の頃のように…♪、Cメロ ♪降り始めた雨が…♪ では
川口氏の作品の一つの特色である、格調高いベースの動きを感じる事ができます。

今回も楽譜を用意したので、参考にして下さい(画像上クリックで大きく開きます):
別れてよかったscore.jpg
歌メロはA~Cメロに分かれますが、そのどれもが強起、即ち休符を挟まずに
小節の頭からメロディーが始まる作りです。

歌唱は先述のようにファルセット(裏声)でのささやき(つぶやき、かな)唱法で、
終始二重唱となっており、Bメロではパートが分かれハーモニーになっています。
筒美京平氏が作・編曲した「美しく燃えて」「ごめんなさい」での歌唱とは
まるで別人のような歌声です。

ただ小川知子さん本人としてはこの歌い方ではストレスがたまるのか、
2コーラス目のBメロ ♪…手紙も書ける♪ では、
つい地声が出ちゃいました!と言った感じの節回しが聴けます(^^;)

2コーラス目では、最後の ♪だけよ♪ で「だ」を伸ばしているのは細かい演出ですね。


アレンジについて

楽器の構成としては歌謡曲の伴奏としてはごく普通で、珍しい楽器が使われていたりは
しないのですが、ポップス系統のオケでは珍しい点があります。

それは歌に寄り添うようにAメロとCメロではトランペット、Bメロではフルートが
歌メロを演奏している事、なんですね。

演歌だとたまに耳にするパターンですが、ポップス歌謡だとそれこそ昔の、
ガイドメロディー入りのオリジナルカラオケくらいしか存在しないはずです。

「別れてよかった」でのそれはガイドメロディーと言った位置付けではなく、
歌に寄り添う事で一つの音を作り上げる役目をしているものと思われます。
歌とはオクターブ違いなどではなく同じ音域で演奏しているので、
別人とのデュエットのようにも聴こえます。
別れで気持ちが弱くなっている女性を支えるようなイメージ、なのでしょうか。


またベースの演奏が聴きもので、AメロとCメロでは歌メロのすき間をサポートし、
Bメロでは思い切りドライブさせて自己主張をしているかのようです。


全体にクリーンな音色のエレキギターと管楽器系が目立つのですが、
左では控えめに、しかしベースと同じようにBメロでは自由に演奏しているような
電気ピアノが聴かれます。


イントロと間奏にシャララ~とスキャットが入り、その部分だけ
ボーカルにリバーブが深く掛かっているは印象的ですが、
今聴くとその効果がちょっとわざとらしさを感じますね(^^;)
2コーラス目ではそのリバーブ音が歌に入ると急に切れるのですが、
恐らくテープ編集した箇所なのでしょう。


エンディングの最後の音が長く伸ばされずに2拍半でピタッと終わるのも
珍しいパターンですね。


付記

小川知子さんのレコードのジャケット写真は、特に1970年前後のものは
まんま当時のファッション雑誌のモデルのようです。

当時は(言葉は悪いですが)ケバい化粧が流行していたようで、
弘田三枝子さんを筆頭に辺見マリさん、奥村チヨさん、ちあきなおみさん等大抵の歌手、
和田アキ子さんさえも、まるでキャバレーのホステスのような濃い化粧をしていたものです。
そうでなかったのは佐良直美さんや水前寺清子さんくらいではなかったかな(^_^;)

私個人としては、恐らく懐かしさが先に立っての事でしょうが、
当時のそのような化粧をした歌手・タレントの姿が決して嫌いではないんです。
何年か前に和田アキ子さんが雑誌の表紙の撮影か何かでそのようなメークをした時、
それをテレビで見た私の気持ちは懐かしさでいっぱいになりました。

当時はきっと、いかに大人っぽく見せるかが大きなポイントだったのでしょう。
これも全く個人的な意見ですが、現代のように実年齢に関係なく
「かわいい」と言われたがっている人を見るにつけ、
あの当時の方がある意味健全だったのかな、とも思ってしまいます。

音楽に関係ない話題で失礼しましたm(_ _)m



「別れてよかった」
作詞 : なかにし礼
作曲 : 川口真
編曲 : 川口真
レコード会社 : 東芝音楽工業
レコード番号 : TP-2677
初発売 : 1972年6月5日

nice!(3)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 3

コメント 8

ゆうのすけ

ここ数日買ってきたCDをよく聴いているんですが
”私は泣いてない。。。” の部分を聴いていると 翌年発売して大ヒットになるりりィさんの「私は泣いています」の ”私は泣いて”の部分を思い出さずにいられないんですよね!^^
同時に(共にメロディー譜は判らないんですが)同じようなラインを描いているのかな?なんて聴く度に思うんですよね。^^♫~

ここ数日やはり何の気なしに ”小犬を連れて~” ”なんたらこうたら~マカオ~” と口ずさんじゃってます。これは久々のマイブームかもしれません!^^;
むむむっ!どうにも~」と同じ発売日ってことは 麻丘めぐみ「芽ばえ」とも同じですよね!✿
by ゆうのすけ (2016-03-27 22:17) 

パウダースノウ

ぽぽんたさん、初めまして今晩は。

小川知子さんは「同窓会コンサート」で観たことがあります。
とても若々しい人でしたよ。

このレコードジャケットの写真、何となく「ローマの休日」のオードリー・へプバーンのヘアスタイルを思わせます。

いつか、同じ「同窓会コンサート」に出演されている“あいざき進也さん”を取り上げて欲しいですネ♪
当時の記憶は「恋のリクエスト」とか「愛の舟~ボンボヤ-ジュ」など覚えていますが、数年前にコンプリートアルバムが発売されて、偶然買えたのですが、歌の旨さに驚きました。

あいざき進也さんの「歌唱」としての評価を真面目に語って下さるサイトさんに出逢いたかったのです。

是非是非、真摯に語って下さいませ♪
by パウダースノウ (2016-03-28 01:01) 

Massan

ぽぽんたさん、こんばんわ。
正解で嬉しいです。20万近いヒットだったんですね。記憶にほとんど残っていないのは、きっと小学生の私には大人の曲すぎてついていけなかったからかもしれません。この時代は金井克子さんや内田あかりさんのみならず昔ヒットを飛ばした方々の復帰作とか再起作みたいなものが結構多く、そうした方々と昭和46-47年にデビューした新しい世代の方々とが、ひとつの歌番組でせめぎあっていた印象があるのです。ただ、そうした復帰作や再起作がヒットしても確かに後が続かなかったですね。
ところで私も、実年齢に関係なく中高生のような衣装を着るよりも、大人に見せようと背伸びしたメイクをするほうが健全なように思います。おっと、これはもはや時代が違うのか、単に私が年をとって今の感覚がわからないだけなのか。。。
それでは。次回も楽しみにしています。
by Massan (2016-03-28 22:00) 

ぽぽんた

ゆうのすけさん、こんばんは!

おお!確かに♪私は泣いてない♪と♪私は泣いています♪ のメロディーはそっくりですね!
全く気づきませんでした。 りりィさんはきっと「別れてよかった」のメロディーに
(意識はしなかったかも知れませんが)影響されて作ったと思います。

私も久しぶりに小川知子さんのベストを聴いていて、確かに麻薬的なものがありますね。
バラエティにも富んでいるのでしばらく楽しめそうです(^^)

あ、ホントだ! 「芽ばえ」とも同じ日だったとは、迂闊でした(>_<)

by ぽぽんた (2016-03-29 21:53) 

ぽぽんた

パウダースノウさん、はじめまして! コメントをありがとうございます。

「同窓会コンサート」は私も観た事がありますが、小川知子さんもぜひ聴きたかったものです。

仰るように、「別れてよかった」のジャケ写はオードリー・ヘプバーンの若かりし頃に似てますね。
小川知子さんは70年代にはファッションリーダーでもあったようですね。

私はあいざき進也さんの楽曲できちんと知っているのは「気になる17才」くらいなのですが、
その声質とリズム感などには中学生の頃から注目していました。
しっかり聴いて、いつか記事にしたいと思います。

これからもよろしくお願い致します!

by ぽぽんた (2016-03-29 21:59) 

ぽぽんた

Massanさん、こんばんは!

クイズでは回答をありがとうございました。 当時の歌謡曲は大人が聴くものであって、
確かに小学生(私もそうでした)には次元の違う音楽でしたね。
それを身近にしてくれたのが天地真理さんや麻丘めぐみさん等かも知れません。
仰るように、当時はカムバック組と呼ばれる歌手が多い時代でした。
他にも坂本スミ子さんや、ちょっとさかのぼりますが森山加代子さんもそうでしたね。

時代のせいかも知れませんが、今は若く見せたいだけでなく、中身も幼いままの人が
多いような気がしてしまうんです。 私自身はどう思われているか、などは
思い切り棚の上に上げますが(^^;)

by ぽぽんた (2016-03-29 22:10) 

青大将

こんばんは。 昔の歌謡曲のレコードを、この歳に成って改めて聴くにつけ、感動や発見にぶち当たる事もしばしば有りますね。
「別れてよかった」は、ずいぶん昔に中古で買いました。タイトルに惹かれて。 発売当時には、勿論興味の欠片もなく(7歳!)、聴いた覚えも薄いので、その中古レコードで初めて全編聴いた形です。 しかし、その時も繰り返し聴いた訳でもなく、今回聴き直す迄イントロすら思い出せないほどでした。


しかし、イントロ聴いてビックリ!突然、伊藤咲子の「何が私に起こったか」(1977年)が出て来たのかと思ってしまった。(笑)
と、言うより「何が~」の作曲者・三木たかしがこの「別れてよかった」のイントロをちょっと伊藤咲子に拝借したと言った方が良いでしょうか。(^^;

「別れてよかった」は、A面も去ること乍ら、B面の「今から始まる」も、ヨーロピアンな要素と歌謡曲が融合した様な楽曲ですね。
この抑えた様な歌い方は仕掛けだったんですね。確かにそれまで声を張った歌唱法の歌手が地声を抑えた裏声で歌うのは、ストレスが溜まりそうですね。

そして、この歌唱法とヨーロピアン・テイストは次の「若草の頃」にも継続されてます。 実は、個人的にはこの「若草の頃」がツボです。(^^)
84年にTBSラジオで平日の深夜に放送されてた2時間枠の「今夜もセレナーデ」という、70年代の歌謡曲・洋楽をメジャー・マイナーごっちゃに盛りだくさんに掛ける、俺みたいな人種にはパラダイスの様な大好物番組が在ったのですが、この中でその「若草の頃」が幾度か掛かったんです。

初めて聴く曲でしたが、凄く印象が在り、脳裏にこびり付いたんです。歌詞も曲も。 深夜1~3時の番組だったので、部屋の電気を消して布団の中で集中的に放送を聴いてました。その為か、番組で掛かる歌の数々は、周りに雑音が在る状態で聴くよりはるかに心に沁み入る感覚が在りました。暗闇の中というのも効果があった様に思います。
充分に知ってた筈のカーペンターズ「愛は夢の中に」も、ミニー・リパートン「Lovin'you」も、暗闇で耳を澄まして聴くと、感動すら覚えました。


ちょっと逸れましたが、「若草の頃」はバンドネオンのイントロと歌詞が、先ず日本の風景じゃなく、パリの街角を想わせるんですね。
フランソワーズ・アルディの「さよならを教えて」を下敷きにした曲作りは、前曲「別れてよかった」よりも、よりヨーロピアンで日本臭を感じさせない作品だと思います。
(余談ですが、「さよならを教えて」の戸川 純のカヴァーは、歌詞が怖かったです(^^;)

「しあわせだった」と言い切らずに「しあわせに似たものを感じてた」というフレーズにもセンスを感じます。 貧しい絵描きの男との同棲には「雨の日も街角で 絵をかいてるあなた」「朝早く買い物に 市場へ行くあなた うしろから犬を連れ ついてゆく私」「むづかしい詩の本を 読んでくれるあなた 河岸の公園の陽のあたるベンチ」という、まるで映画のワンシーンの様な温かな描写が描かれてますが、「くちづけもしてくれず 悲しかったけれど」というフレーズからは、恋人の対象として見て貰えて無かったのか?と思わせる部分も在り、女性側も「恋なのか憧れか 知らなかったけれど」と自覚し、消し忘れた煙草の火を見ながらその同棲時期(若草の頃)を回想する事で、この2人は別れて時が経ってるのを知らされますが、「しあわせに似たものを感じてた」と括るなかにし礼の処理の仕方は、当時大学ノートに詞を書いたりしてた(こう見えて(^^;)自分にとって憧れる部分でもありました。

小川知子には、もうひとつ、「二十五才の遺書」という変わり種の楽曲も在り、昔からこちらもとても気に入ってます。 75年の「えれじい哀歌」という演歌寄りのシングルB面ですが、タイトルにしては、こちらは明るいポップスで、主人公が小川知子本人という思考の凝らし方。 期待感高まるシティ・ポップスのイントロに被さる男性の『小川さん、そろそろ店閉めたいんですが・・・もう夜明けですから・・・』という台詞のナレーションが入り、それに応える形で「♪わかってるわ~」と始まる歌い出しが見事です。 もうそれだけでクラブかバー、或いはスナックでのマスターと、常連客であろう女性とのやり取りであるのは明確で、しかも『小川さん』と呼び掛けてるから、これを演じる小川知子がビジョンとしてパッと思い描ける訳で、こんな歌、他に無いよなぁ~と。(笑)

次に「♪昨日も同じ事を云われたもの~」と続き、ちょっと迷惑な客(?)が連夜やって来て、同じやり取りが閉店間際に交わされてる様子が判ります。

おそらく、水割りか何かでテーブルに遺書めいた事を書いてる酔っ払いの行動に少し辟易してるマスターの様子も伝わって来る様です。ここで小川知子は徐々に声を張って
高揚しながら歌い上げます。 いや、これはホントにちょっと隠れた名曲ですね。


他に自身の出演ドラマ「家族」('77~'78)でラストに歌う「ひとつ屋根の下」という明るい楽曲がとても好きでした。これ聴きたさにドラマ観てましたから。(^^;

今回はいつもに増して長々と書いてしまい、迷惑長文コメントとなってしまいました。(^^; m(__)m また・・・・・。
by 青大将 (2016-04-01 22:04) 

ぽぽんた

青大将さん、こんばんは! お返事が遅くなり申し訳ありません。

コメントを読ませて頂いてつくづく思ったのは、当時の歌謡曲はハッキリとした
コンセプトを元に作られていて、しかもしっかり勉強してきた作家が作るからか
表面的な模倣で終わらずに個性を持った作品として成立している曲が多い、
と言う事でした。
「別れてよかった」「若草の頃」はフレンチポップとくくられると思うのですが、
芯にあるのはやはり日本人好みのメロディーなんですよね。
仰るように「若草の頃」はより雰囲気が高まっていますが、それはやはり
「別れてよかった」の成功でもう一歩踏み込んで…と言った狙いがあったようにも思います。
ただ残念な事に、「別れてよかった」に限らずカムバック第2弾は安全策をとってか
どうしても二番煎じ的な仕上がりに受け取られてヒットを逃したりするんですよね(^^;)

歌詞に関する考察も流石ですね。 以前にも書いた通り私はすぐに真に受けるタイプで、
深く探ったり考えたりはしないで済ませてしまう事が多いのですが、
青大将さんの解説を読むとなるほど、と思ってしまいます。
ご自分で詞も書かれるんですか? 曲を書く事もそうですが、自分で書く事は
色々な知識や情報が必要でエネルギーの使用量も物凄いものがあるので、
それをやっていた青大将さんの解説に説得力があるのが納得できました(^^)

「二十五才の遺書」なる曲は私は知りませんでしたが、興味深い曲ですね!
書いて頂いた解説を読みながらぜひ聴いてみたいと思います。
私も青大将さんのように広く深くにならねば。
詳しい解説をありがとうございます!

by ぽぽんた (2016-04-04 23:22) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る