So-net無料ブログ作成

小さな恋の物語 / アグネス・チャン

アグネス・チャンさん最大のヒット曲です:
小さな恋の物語ジャケ写.jpg

チャートアクション

「小さな恋の物語」はアグネス・チャンさんの4枚目のシングルとして1973年10月に発売され、
オリコン最高1位(同年12月17日付)、同100以内に24週ランクされ58.0万枚の売り上げを記録しました。
首位獲得後5位になり、また3位まで上昇し4週続けるなど、「草原の輝き」に続いて
息の長いヒットとなりました。

「ひなげしの花」「草原の輝き」、「愛の迷い子」や「ポケットいっぱいの秘密」など、
今もよく知られた曲を多く持つ歌手だけに、この「小さな恋の物語」がオリコンでは
唯一の1位曲であるのは意外に思えますね。

「小さな恋の物語」とのタイトルを目にした時、当時の若い人ならば恐らく
みつはしちかこさんの4コマ漫画をすぐ連想しただろうと思います。
そちらは正確には「小さな恋のものがたり」なのですが、
内容的にアグネス・チャンさんの楽曲とは何の関係もありません。
音楽の題名には著作権等は特にないそうで、そのため山口百恵さんの「禁じられた遊び」
なる曲名も何の問題も無かったんですね。
その2曲がほぼ同時期にヒットしたのは不思議な気がしますが(^^ゞ


作家について

作詞は山上路夫氏、作曲は森田公一氏、編曲は馬飼野俊一氏で、
デビュー曲「ひなげしの花」と同コンビです。


歌詞について

当時のアイドル歌手、特に同じ渡辺プロの天地真理さんの楽曲と通じるような
現実感よりもイメージを大切にした歌詞(そのように発注されたのでしょう)です。
「いつかはめぐり逢う 愛し合う人に」のフレーズを聴くと、
南沙織さんの3枚目のシングル「ともだち」のB面に収められた「いつか逢うひと」
をとっさに思い出す…と言う人も多いのでは(^^)
ひょっとしたら山上氏の頭にその曲があったかも知れませんね。


歌メロについて

森田公一氏によるこのメロディーは、「ひなげしの花」と同じように
とにかく高音域をこれでもか!とたたみかけるような作りで、
前作「草原の輝き」(作曲:平尾昌晃)、前々作「妖精の詩」(作曲:加藤和彦)のように
低~中音域もまんべんなく使ったような作りとはかなり異なっています。

アグネス・チャンさんのように上のEまで楽に出せる歌手はめったにいませんし、
森田氏にはそのような充実した高音域を生かしたい思いが強かったのでしょう。


楽曲について

キーが Dm(ニ短調)、Bメロで D(ニ長調)に転調しCメロでまた Dm に戻るパターンです。
アグネス・チャンさんのシングルでは初めて短調が使われた曲であり、
それまでと違うイメージでその声の良さを感じさせる事に成功しています。

8ビートでシンコペーションもほとんどない素直なメロディーを16ビートのせわしいリズムに乗せる、
アイドル歌謡では王道とも言えるパターンであり、
何よりも躍動感と若さを感じさせる事を最優先したものなのでしょう。


アレンジについて

ストリングスに大きな比重を持たせ、その上でハープシコード(チェンバロ)を活躍させているのは
前作「草原の輝き」と同じパターンで、
当時「恋はみずいろ」等の大ヒットで日本でも大きな人気を得ていたポール・モーリアの
音作りの影響を強く感じさせます。


歌唱について

アグネス・チャンさんは当時まだ来日1年ほどで、日本語での会話はたどたどしい状況でしたが、
とかく中国系の人が苦手と言われる濁音や促音(っ)の入る言葉も歌の中ではこなしているのは
欧陽菲菲さんとはかなり異なりますね(^^;)

ただAメロ♪愛し合う人に…♪の「ひ」が「ふ」と聞こえてしまうのは私だけでしょうか。


付記

アグネス・チャンさんが活躍していた1973年頃、女性歌手は「あ」から始まる名前が売れる
という説がありました。
天地真理、浅田美代子、麻丘めぐみ、あべ静江…
女優・声優の戸田恵子さんも1974年にあゆ朱美なる芸名でデビューしましたが、
それもそのような説をストレートに受け入れて考えられた名前であると本人が話していますし、
1973年にデビューした朝倉理恵さんも、恐らくその流れでつけられた芸名でしょう。

アグネス・チャンさんの場合はその名はクリスチャンネームだそうですが、
スカウトした渡辺プロも「あ」で始まる名前だからきっと売れる…と思っていた事でしょう(^^)


「小さな恋の物語」
作詞 : 山上路夫
作曲 : 森田公一
編曲 : 馬飼野俊一
レコード会社 : ワーナー・パイオニア
レコード番号 : L-1160W
初発売 : 1973年10月25日

nice!(2)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 2

コメント 8

もとまろ

ぽぽんたさん、こんばんは。

アグネスさんの歌は「ひなげしの花」「草原の輝き」は小さい時からよくテレビでも見てましたが、「小さな恋の物語」は見たことがありません。18〜9歳のとき福岡のラジオ番組「ユア・ヒットパレード」で知りました。初めて聴いたとき、イントロの音の可愛らしさと、サビの高い声が心に残りました。
当時のアグネスさんだからこその歌だと思います。
それと、サビには「丘の上」というフレーズが出てきて、「ひなげしの花」みたいだなぁと思ってしまいます。で、オッカのうえ…とは歌わせない、個性を出す譜割りがいいんですよね。

私には、アグネスさんのことでどなたかに聞きたいことがあります。
1976年秋からカナダに留学して、芸能活動を休んでいたときもレコードを出していたみたいですが、いつレコーディングしていたんでしょうか?
お父様が芸能活動の忙しさを心配して海外留学を勧めた…と前に本で読んだので、そこに配慮して一切芸能活動を断って学業に専念していたとばかり思っていました。夏休みに夜ヒットに出ていたのも最近知りました。
調べてもよくわかりません。ぽぽんたさん、ご存じの限りで構いません。よろしくお願いします。
by もとまろ (2016-11-27 20:28) 

widol

ぽぽんたさん、こんばんは。
アグネスの「小さな恋の物語」と聞くと、ほぼ同時期に発売(10月21日)された天地真理さんの「空いっぱいの幸せ」が必ず思い出されます。発売時期だけではなく、当時、アポロンからペアベスト的なものが出ていて、ちょうどこの2曲を最新曲として収録した「PairDeluxe 天地真理/アグネス・チャン」なるカセットテープがあって、それをよく聞いていたという記憶があるからかもしれません。

アグネスはよく聞いていたものの、作家についてはあまり気にしたことがありませんでした。森田公一、平尾昌晃、山上路夫、安井かずみ、松本隆など天地真理さんと重なる部分も多いのですね。アイドル後期は、荒井由実、吉田拓郎、タケカワユキヒデ、ミッキー吉野などの作品も取り上げていて、バラエティーに富んだ作家陣に支えられていたんですね。

「小さな恋の物語」は短調の曲ですが、「愛の迷い子」「白いくつ下は似合わない」「真冬の帰り道」などアグネス作品では自分は短調の曲の方が好きかもしれません。

ところで、「あ」で始まる名前が多いということでしたが、ナベプロだと藍美代子さん、アン・ルイスさんなどもそうですね。
by widol (2016-11-27 22:01) 

ぽぽんた

もとまろさん、こんばんは!

私の世代だとアグネス・チャンさんはトップアイドルだったので、新曲が出るたびに
食い入るようにテレビを観て、ラジオも聴いて…と言う感じで、この「小さな…」も
とても印象に残っている一曲です。
作家が「ひなげしの花」と同じなので、共通しているものは大いにありますね(^^)

1976年の夏にいきなり留学のために引退となった時には驚きました。
当時私もアルバムを買うほどの大ファンでしたが、悲しいと言うより呆気にとられたような…。
でご質問のアルバムについてですが、引退があまりに急に決まったため、
またアグネス・チャン側からの一方的な希望であったためもあると思いますが、
渡辺プロはそれを承諾する条件として引退コンサートを行う事と、留学中に
アルバム2枚を制作する事を提示されたそうです。
なので、アルバムはカナダでレコーディングされた可能性が高いと思います。

by ぽぽんた (2016-11-30 00:04) 

ぽぽんた

widolさん、こんばんは!

そうですね、「空いっぱいの幸せ」もちょうど同時期でしたね。
天地真理さんとアグネス・チャンさんはレコード会社が別々でしたが、アポロンが
渡辺プロお抱えの会社だったために、そのような企画のテープが発売できたんですね。

「小さな恋の物語」は、サウンドが「空いっぱいの幸せ」のB面「もの想う季節」に
似ていると思いませんか? 使われている楽器も殆んど同じですし、曲調も…。
実はその2曲、やはり作詞・作曲・編曲とみな同じなんですね(^^)

アグネス・チャンさんの初期のシングルは長調が多いのですが、アルバムでは
多くの短調の曲も歌っていて、やはり良いんですね。
「ひなげしの花」のB面「初恋」も短調で、私にとっては「ひなげし…」よりも思い入れのある、
大好きな曲です。

「藍美代子」なる名前、懐かしいですね! 確か今も、改名して歌手を続けている
と何かで読んだ記憶があります。

by ぽぽんた (2016-11-30 00:16) 

ゴロちゃん

ぽぽんたさん、こんにちは!

「小さな恋の物語」がアグネスさんにとっての唯一のオリコン1位曲であることを知ったのは、数年前だったのですが、やはり私にとってもそのことは意外でした。売上枚数もいちばん多いということですよね?
私は「草原の輝き」か「愛の迷い子」のどちらかが、アグネスさんの最大のヒット曲だとばかり思っていました。

でも、「小さな恋の物語」をテレビで歌っているのを観たのが少ししかないのです。というか、印象が薄いのです。1973年の秋から冬にかけては、アグネスさんは数々の賞レースの新人賞にノミネートされていて、「草原の輝き」を歌っている映像をテレビでたくさん観ていたからだと思います。

私は前にもどこかで書きましたが、森田公一さんの大ファンなのです。
森田さんといえば「天地真理さん、桜田淳子さんのヒット曲」というふうに思っていたので、大人になってからアグネスさんの「小さな恋の物語」や「ひなげしの花」「恋人達の午後」などが森田さん作曲とわかった時は、「そうだったんだ。」と驚いたものです。

「ひなげしの花」「妖精の詩」「草原の輝き」といった、アグネスさんのやさしい感じの明るさのある曲が大好きだった中2の頃の私には、この短調の「小さな恋の物語」はちょっとがっかりな歌でした。同じ短調でも「愛の迷い子」は大好きなんですが・・・

「愛の迷い子」の短調の部分(歌の前半部分)は、切なさとか哀愁とかを感じてウェットな感じで私の心にぐっとくるものがあるのですが、「小さな~」のイントロとか歌の前半は、牧歌的とでもいうのでしょうか、ちょっとドライで淡々としているように感じます。子どもの頃は、そういうのに心があまり動かされなかったのでしょうね。

でも、後半の転調するところは当時から大好きでした。曇り空の雲が消え、ぱあっときれいな青空にかわっていく、そんな感じがするからです。

ぽぽんたさんが言われるように、たしかに「もの想う季節」も感じが似ていますね。それで気がついたのですが、真理さんのアルバム「空いっぱいの幸せ」の中の、「愛と涙と約束と」や「さよならは心をこめて」も、曲調が似てるかどうかは別として、短調から長調へ転調する手法が採り入れられています。両方とも森田さん作曲です。(「愛を呼ぶ春」も転調していますが、これは鈴木邦彦さん作曲でした。) 私はこういう転調する歌が大好きです。

話が森田さんのことに戻りますが、森田さんの作る、特に短調の歌は、筒美京平さんや都倉俊一さん、三木たかしさんなんかに比べて、淡々とした感じでドラマチックでなくちょっと垢ぬけてないように感じます。「森田公一とトップギャラン」の歌なんか、アルバムもいくつか持っていますが、もう地味で泥臭さ満載です。でも私はそこが大好きで、聴いていてホッとするのです。
でも、森田さんの曲にはバラエティーに富んだいろいろな歌がたくさんあるので、(今さらですが)もっと評価されるといいなと思っています。私の周りには、森田公一さんの名前を出して話が合う人なんかいないし、それどころか「誰?」と言われてしまうので、このブログでお話を聴いてもらいたいなあと思っています。

また「小さな~」に戻りますが、一昨年の秋、BSTBSで「70年代ヒット歌謡大全集」という番組をやっていました。五郎さんが進行役で、アグネスさん、伊藤咲子さんなど70年代のアイドルが6人ほど出て、ヒット曲をフルコーラスで歌ってくれました。アグネスさんは「ひなげしの花」と「小さな恋の物語」を歌いました。こういう番組では、いつも「ひなげし~」か「草原~」ばかりでしたので、「小さな~」を歌ってくれて、驚いたと同時にとても新鮮でうれしい気持ちがしました。歌声は・・・キーが随分低くなって、ちょっと残念でした。(しかたありませんね。)

当時ちょっとがっかりしたこの歌ですが、この記事が出てからずっと聴いていて、やっぱりヒットするに足る歌だなあと思いました。今ではとても気に入っています。この前の記事の「じんじんさせて」も11月頃しばらくずっと聴いていました。この歌も「けっこういいじゃん。」と思うようになりました。
まとまりのない文、長々とすみませんでした。


by ゴロちゃん (2017-01-21 16:26) 

ぽぽんた

ゴロちゃん、こんばんは! お返事が大変遅くなり申し訳ありません。
おかげ様でほとんど回復しました(^^)/

当時って、新曲が発売されても前曲のヒットが続いているうちはその曲を歌っていて、
新曲をなかなか歌ってくれない…なんて事があった気がしますが、記憶違いかな?
「小さな恋の物語」をあまりテレビで聴いた(観た)がないとの事ですが、それは
私も同じです。 それはもしかしたらそんな理由かも知れません。
「小さな…」が1位になったのは、「草原の輝き」の余勢が強かった事も要因だと思いますし、
「愛の迷い子」の方が1位の価値としては大きいと言えるかも知れませんね。

当時の歌謡曲で使われている転調は根音が同じで長調と短調が入れ替わる、
即ちCからCm、DmからD…と言ったようなものが殆んどでした。
そういった転調はゴロちゃんが感じておられたような、急に晴れ晴れとしてきたり、
逆に憂鬱になったり…と聴く人の気持をコントロールする力があるんですね。
音楽ってやはり、不思議です。

森田公一さん、いいですね(^^) 独特の色を持った作曲家と思います。
キャッチーさが、筒美さんのような万人向けでなく、ある程度色々な音楽を聴いていた人が
ハッとするような感じで、時にそれがモヤモヤの原因になったり…と言う経験が、私はあります(^^ゞ
アレンジャーとしてもとても面白くて、作・編曲した「黄色いリボン」は今聴いても「凄い」
と思います。 細かい話は避けますが、要は「素直じゃない」んですよ。
同じような傾向が「あの鐘を鳴らすのはあなた」でも感じられます。
ぜひ、アレンジの方にも注目してみて下さいね。

この記事が「小さな恋の物語」を見直して下さるきっかけになったようで、嬉しいです。
これからもそんな曲を選んで、記事を書いてみますね!
またよろしくお願い致します(^^)

by ぽぽんた (2017-01-25 23:50) 

Maco Polo

本当にお久しぶりです。
昨年アグネスの45周年記念コンサートが名古屋であり行ってきました。
「小さな恋の物語」も歌いましたよ、この曲はオリコン1位になったのでアグネスにとっても思い出の曲のようです。

「美しい朝がきます」も歌いましたが、これも本人のお気に入りのようです。
アグネスはテレサと違いシングル曲を香港でカバーしていませんが
この曲は珍しく「愛情變輕煙 」として歌っています。

コンサートの半分以上が一時引退以前の曲でした。
香港でのデビュー曲となった英語曲「Circle Game」や
日本でもシングル化した「原野牧歌」「帰ってきたつばめ」も北京語で歌いました。

ところでアグネスの引退についてはビサの関係で香港に帰国した時に
現地で電撃発表されました。
ナベプロも対応に追われましたが条件付きで合意しました。

夏休みに「また逢う日まで」引退コンサートを大阪、東京、名古屋で行い、
9月からのカナダのトロント大学に編入しました。

留学中にシングル、アルバムをそれぞれ3枚発売しています。
シングルは「心に翼をください」「少し待ってて」「花のささやき」
アルバムは『お元気ですか』『私の恋人』『カナダより愛をこめて』

アグネスの引退はキャンディーズの解散よりも1年ほど早く
現役アイドルで最初に引退コンサートを行ったと言っても過言ではないと思います。
留学中に父が亡くなり、結局母の希望で芸能界復帰を決めました。

アグネスも流石に高音の伸びがなくなりましたが
「アゲイン」なども聴けたのでうれしかったです。
「愛のハーモニ―」が聴けなかったのが少し残念ですが。


by Maco Polo (2017-02-19 23:30) 

ぽぽんた

Maco Poloさん、こんばんは! お久しぶりです(^^)

アグネス・チャンさんのコンサート、楽しんでこられたんですね(^^)
私は中学生の頃はオリジナルアルバムを買って何度も何度も聴くほどのファンだったので、
シングルもアルバムも思い入れがたっぷりとあります。
それからもう40年以上経っていますし、当時と声なども変わるのは当然ですが、
アグネス・チャンさん本人もきっと、当時の曲を大切にしているのでしょうね!

1976年夏の引退劇についてはアグネス・チャンさん著「ツバメの来た道」
に詳しく書いてありますが、その後のキャリアを考えるときっと正しい行動だったのでしょう。
ただ復帰後、以前のような輝きが失われた事は確かで、寂しく思ったものです。
しかし1980年2月に近くのデパートでのラジオ公開録音で初めて本人を近くで見て
すごく感動したのは昨日のように憶えています。

「アゲイン」、ちょっと暗いですがいい曲ですね!
復帰後の曲では「やさしさ知らず」「春不遠」も忘れられません。

by ぽぽんた (2017-02-21 23:26) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る