So-net無料ブログ作成
検索選択

クイズでお詫びm(__)m

ぽぽんたです。 いつも読んで下さり、誠にありがとうございます。

記事更新の日ですが、時間が少なく完成しませんでしたm(__)m
お詫びにクイズ、出しますね。

次の音はあるヒット曲のサビ部分2小節のカラオケです。
その曲とは何でしょう?
今回はヒントは、要らないと思います(^^)

(音源は削除致しました)

この曲の歌入りは私が知る限り3種あり、
シングル盤のバージョン(コーラスは男性)、アルバムバージョン(コーラスは女性)、
そして英語バージョンがあります。
オリジナル・カラオケもコーラス入りとコーラス無しの2バージョンがあります。
今回はそのうち、最もレアと思われるコーラス無しver.カラオケを使用しました。

今回もコメント欄を「承認後表示」モードにして回答をお待ちしています!
答合わせは今週金曜の夜です。

来週は必ず通常更新させて頂きます。またお逢いしましょう(^^)/

**************************************************
追記(3月28日23時23分)

この時刻までに回答・コメントを寄せて下さったnuko222さん、もっふんさん、ろしひーさん、
もとまろさん、とわのえさん、卓さん、widolさん、みやちゃんさん(初めまして!)、あんみつさん、
ありがとうございます!
今回はきっとすぐにわかった方も多いかと思うのですが、
「…でも、音が何だかイメージと違うなぁ」と思った向きもおられるのではないでしょうか。

まだ時間がありますので、回答をまだまだお待ちしています(^^)/

*****************************************************

では正解を…

「また逢う日まで」(尾崎紀世彦) でした。


回答、そしてコメントを下さった皆さま、誠にありがとうございました。
日曜には、またよろしくお願い致します(^^)/


nice!(2)  コメント(19)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 2

コメント 19

nuko222

ぽぽんたさん、こんばんは。
この曲は 尾崎紀世彦さんの「また逢う日まで」でしょうか?
ということは「春のおとずれ」の次のお題となるのでしょうか?
楽しみにしています。
by nuko222 (2017-03-26 23:13) 

もっふん

オリカラって事は原曲音源で確認出来ないわけですね(汗

雰囲気だけで、エイヤーッ!

・・・尾崎紀世彦 「また逢う日まで」

一度これに聴こえてしまうともう他の曲が浮かびません。
キー、コード、テンポ、ベースライン、ぽぽんたさんの愛する筒美京平作品。
否定する要素が無いのですが、どうでしょう?(^^;

「そう聴こえてしまう罠」にハマったのかも(笑
by もっふん (2017-03-27 01:02) 

ろしひー

ぽぽんたさん、おはようございます。
クイズの答えは、ズー・ニー・ヴーの「ひとりの悲しみ」ではなく、尾崎紀世彦さんお「また逢う日まで」ですね。既発表作品の別レコード会社の別歌手のリメイクでありながら、歌詞と歌手だけが変わり、アレンジがまったくといっていいほど同じというのは、ほとんど例がないように思います。さらに辿ると、サンヨールームエアコンのCMソングだったという経緯もあるようですね。
シングルA面として発売となった男声コーラス版では、尾崎紀世彦さんの在籍した解散済みのザ・ワンダースがコーラスをしているというのも、おもしろいエピソードであります。
by ろしひー (2017-03-27 06:53) 

もとまろ

ぽぽんたさん、おはようございます。

実家にシングルレコードがあって、何度も針を落としました。
尾崎紀世彦さんの「また逢う日まで」。
中学生のときにラジオでアルバムバージョンを聴いたとき、尾崎さんのちょっと力を抜いた歌声と女性コーラスに「あれ?違うなぁ」と思いましたですね。
by もとまろ (2017-03-27 07:01) 

とわのえ

また逢う日まで、ですかね。この曲はイントロの雰囲気が、尾崎紀世彦さんの男くささなイメージつながりで当時流行っていたマンダムのCM曲を思い出されるようなムードがあり、メロディーは全く違うのにうまく作ってあるなぁと思ったものです。
by とわのえ (2017-03-27 09:20) 

卓

こんにちは!

尾崎紀世彦さんの「また逢う日まで」ですね?

ヒント(?)を読んで、音源を聴きました。今回ヒントは必要無かったかもです。

残念ですが、英語バージョンと女性コーラスバージョンは聴いたことがありません(-_-;)
by (2017-03-27 12:25) 

widol

ぽぽんたさん、こんばんは。

これは
尾崎紀世彦さんの「また逢う日まで」
、、、ですね。

ノーヒントということでさすがに100%の自信はない気もしますが、おそらく間違いなと思われます。

コーラス抜きというのがなかなかくせものでした。


by widol (2017-03-27 20:20) 

みやちゃん

ぽぽんたさん、はじめまして。
かれこれ数年、(海外に赴任しているときから)ずっとROMってばかりいましたが、初めてコメントさせていただきます。
今回のクイズの答え、私もこのカラオケが目当てでシングルCDを購入したのですぐにわかりました。

尾崎紀世彦さんの「また逢う日まで」ですね。

このシングルCDを買ったときに、カラオケを聴いてあれっ?と思ったのは、ザ・ワンダースのコーラスが無いのと、音がクリアじゃない(こもってる)ということで、その時は少々がっかりしたのですが、その後ベストアルバムに、コーラス入りのカラオケがクリアな音質で収録されて、妙に嬉しかったのを覚えています。
また、筒美氏の楽曲には欠かせないシンガーズ・スリーのコーラスVer.も、新鮮には感じるのですが、こと「また逢う日まで」に関しては、ちょっとインパクトに欠けるかな、という感じですね。

あと余談ですが、この「また逢う日まで」のシングルCDのカップリングは「愛する人はひとり」なのですが、このカラオケのイントロが、歌入りVer.よりも2小節多くて、初めて聴いたときにあれれ?と思ったものです。
(逆に歌入りVer.のイントロのほうが2小節短いと言ったほうが正解かな?)
イントロが間延びするとかで編集したのでしょうか?これはちょっと謎です。

これから時々?コメントを書かせていただきますので、よろしくお願いいたします。

by みやちゃん (2017-03-28 01:28) 

あんみつ

ぽぽんたさんこんにちは
春になったというのに寒いですね。

今回の答えは尾崎紀世彦さんの「また逢う日まで」だと思うのですが。

私は中学三年生までピアノを習っていたというのに、音楽的なコメントもろくに書けないのが情けないのですが、ぽぽんたさんのブログを読むようになってからバックの演奏のほうにも耳がいき、二倍楽しく聞けるようになりました。

次の投稿も楽しみにしています。
by あんみつ (2017-03-28 16:11) 

ぽぽんた

nuko222さん、こんばんは! 回答をありがとうございます(^^)

正解です! この曲については2010年6月13日付で記事を書いているのですが、
もう一度書いてみようかな、とも思ってます。 次回は別の曲ですが、またぜひお読み下さい!

by ぽぽんた (2017-03-31 23:02) 

ぽぽんた


もっふんさん、こんばんは! 回答をありがとうございます!

いえいえ、私はそんなイケズじゃないですよ(^^;) なので…正解です!
カラオケの段階ですでにその曲の雰囲気にあふれてますよね。 心から大好きです。
もう一通、コメントをありがとうございます! そんなに卑下されなくても(^^;)
私もごくフツーの、ただの音楽好きですが、ファンでいて下さるとは本当に嬉しいです!
今夜限定でプロフィールにメールアドレスを出しておきますので、もしお気が向いたらご一筆を(^^)
これからもよろしくお願い致します。

by ぽぽんた (2017-03-31 23:03) 

ぽぽんた

ろしひーさん、こんばんは! 回答をありがとうございます(^^)

正解です!と言うか、この曲について色々ご存知なんですね!
仰るように、アレンジまでほぼ同じなのに歌詞だけが違うカバーはきわめて珍しいパターンと思います。
バックコーラスには尾崎さん自身も入っているようですね。 コーラス入りのカラオケも
あるのですが、聴いていてもどうも尾崎さんの声が判別できなくて(^^;)
女性コーラス版も英語版もオケは同じなのですが、どれも違和感がないのが不思議です。

by ぽぽんた (2017-03-31 23:04) 

ぽぽんた

もとまろさん、こんばんは! 回答をありがとうございます!

正解です(^^) 私もどちらかと言うとシングル盤の男性コーラスver.の方が、何だか
グングン押してくるような歌唱とサウンドに感じられて好みです。
B面の「帰郷」も良い曲ですね(^^)

by ぽぽんた (2017-03-31 23:04) 

ぽぽんた

とわのえさん、こんばんは! 回答をありがとうございます(^^)

そうです、正解です! なるほど、そう言われてみるとマンダムのCMソングだった「男の世界」に
似ている感じですね。 私はそのレコードもヒットした当時から何度も聴いてきましたが、、
気づきませんでした(^^;) 「また逢う日まで」の原曲「ひとりの悲しみ」の方が発売は早かったので、
雰囲気が似ているのはたまたまでしょう。

by ぽぽんた (2017-03-31 23:04) 

ぽぽんた

卓さん、こんばんは! 回答をありがとうございます(^^)

正解です! やはりヒントは要りませんでしたよね。 この雰囲気で判って下さる方が多いだろう
と思っていました。
私はそのどちらのバージョンも持っていますが、英語ver.を聴いていると、何となく
ジュディ・オングさんの「魅せられて」の英語ver.のような、ちょっと違和感を覚えてしまいます(^^;)

by ぽぽんた (2017-03-31 23:05) 

ぽぽんた

widolさん、こんばんは! 回答をありがとうございます!

正解です(^^) 今回の音源は、歌入りやコーラス入りカラオケだと男性コーラスが張り出すように
入っている部分なので、コーラス無しだときっと新鮮に感じて頂けると思いました。
ヒントは今回も実は皆無ではなくて、最後に「またお逢いしましょう」とわざとらしく
「逢」の字を使ったのがヒントでもあったんですよ(^^)

by ぽぽんた (2017-03-31 23:06) 

ぽぽんた

みやちゃんさん、初めまして! 回答、そして初コメントをありがとうございます(^^)

正解です! 私が持っているのと同じシングルCDをお持ちなんですね(フィリップスPHDL-1008)。
私もそのCDを買って初めて聴いた時に、みやちゃんさんと全く同じ感想を持ちました。
このバージョンの方がきっとレアなんだろうなと思いつつ、やはり聴き慣れたコーラスの
入っているものが聴きたくなるもので、私も最後にコーラス入りカラオケが収められた
ベスト盤を買いました。 そのCD、裏の曲目紹介の中の「最後のくちづけ」が「最後のくちずけ」
と誤植されていて、それについてはかなりガッカリしましたが(^^;)
シングルCDの話に戻りますが、仰るように「愛する人はひとり」のカラオケはイントロから
歌に入る部分が2小節多いんですね。
そちらがオリジナルの尺で、歌入りの方は、恐らくラジオでかかる事を想定して、
なるべく早く歌が出るように、と言う理由で編集されたのでしょう。
これからもよろしくお願い致します!

by ぽぽんた (2017-03-31 23:06) 

ぽぽんた

あんみつさん、こんばんは! 回答をありがとうございます(^^)

正解です! 中学3年生までピアノを習っておられたんですね。 私はピアノ教室は小学生までで、
しかも今思うとサボってばかりいたので、今も2弾譜を初見で弾くなんて事はとてもできないんですよ(>_<)
このブログがきっかけでオケに興味を持って頂けたとは、とても嬉しいお言葉です。
書いてきて良かった(^^) この日曜にまた記事をアップしますので、また読んで下さいね!

by ぽぽんた (2017-03-31 23:07) 

もっふん

正解だったら語ろうと思っていた蘊蓄をろしひーさんに全部持って行かれてました(笑

詞を書く立場から言うと、曲先はイントネーションの関係でハマる単語が制約されるので、一度「これで出来た!」と思った歌詞を書き直すのはかなり辛いんです。せめてガラッとアレンジを変えてくれれば別の世界観に頭をリセット出来るのですが。

才能の泉である阿久悠さんであっても少なからずそういう気持ちがあったと思いますが、そこを説得したプロデューサーさんの熱意があったからこの曲が世に出たのだと思うと人間ドラマを感じますね。

久しぶりに原曲を聴いたら、張り上げてゴリゴリ来るイメージだった尾崎さんの歌唱がおとなしいと言うか、非常に初々しくて、売れる前の歌手の緊張が伝わって来るような気がしました。

あと、寝坊したからか、Sonetのアカウントを持っていないからか、プロフィールが通常の表示・・・千載一遇のチャンスを逃したのかも(^^;

次のクイズまでに愛想をつかされていなければ、その時はお言葉に甘えさせて頂こうかな。

「春のマリーナ」のコメント欄で話題に上った共同制作のお相手をして貰おうなどと言う野望を抱いているのは秘密です(書いてるじゃん・ばき
by もっふん (2017-04-01 12:07) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
メッセージを送る