So-net無料ブログ作成

夜明けの夢 / 和田アキ子

アイドル時代の最後のヒット曲、かな:

夜明けの夢.jpg

チャートアクション

「夜明けの夢」は和田アキ子さんの10枚目のシングルとして1971年12月に発売され、
オリコンシングルチャート最高10位(翌年2月7日付)、同100位内に17週ランクインし
16.2万枚の売り上げを記録しています。

以前も触れましたが、和田アキ子さんの楽曲でこれまでオリコンで10位内に入ったのは
「天使になれない」(1971年6月発売、最高8位)とこの曲だけです。

この曲には、B面の「翼もないのに~ジャンプ・アップ・アコのテーマ」と共に
デビュー3周年記念キャンペーンの意味合いがあったようで、
歌詞に和田アキ子さんの当時の愛称「アコ」が組み込まれている(サビの♪ああ この恋…♪)
事も含め、アイドル的な人気も最高潮であった事が伺われます。

この曲以降は、次に発売された「あの鐘を鳴らすのはあなた」、人気テレビ番組だった
「金曜10時うわさのチャンネル!」で毎週のように歌われていた「古い日記」、
さらに数年後に発売され名曲の誉れ高い「コーラス・ガール」など、
記憶に残る曲はいくつか発売しているものの、それぞれのオリコン最高位だけを見ると
「あの鐘…」が53位、「古い日記」が44位、「コーラス・ガール」に至っては100位圏外と、
不思議なほどチャート関係では奮わなかったんですね。


作家について

作詞はデビュー曲「星空の孤独」を手掛け、その後も「その時わたしに何が起こったの?」
「笑って許して」「貴方をひとりじめ」「卒業させてよ」「天使になれない」と、
次々に和田アキ子さんの楽曲を手掛けた阿久悠氏。

作曲・編曲は都倉俊一氏で、編曲まで手掛けたヒットシングルは井上順之(現・井上順)さんの
「昨日・今日・明日」(1971年6月発売)に次いで2枚目となります。

都倉俊一氏は当時まだ23歳であり、ベテラン揃いだった当時の作家群の中では大変若く、
その中で編曲まで任せられたのは異例の早さであったと言えます。
しかしレコーディングに参加するミュージシャンは手練れ揃いですから、
この若いアレンジャーの指示をどれほど聞き入れたでしょうか(^^;)


楽曲について

リズムは終始速めの2ビートと珍しいパターンで、リズム隊だけに集中すると
ハチャトゥリアン作曲「剣の舞」のようです(^^;)

キーは Eマイナー(ホ短調)で、転調はありません。
コード進行と歌メロは極めてシンプルで、テンションコード等は全くありません。

驚くことに、歌メロの音域が下の A から上の A までの1オクターブしかありません。
和田アキ子さんにとっては、難曲だった「涙の誓い」の次の曲と言う事もあり
物足りない曲であったかも知れませんね。

但し、サビの終わり ♪命まで 燃やしたけれど♪ の「ど」の音は、
そのキーの音階でのソ#であり、歌うにはとりにくい音です。 そこで、
ストリングスがその箇所で同じ音を出してサポートしているのが興味深い点の一つです。

今回も楽譜を作成しましたので、参照して下さい(画像上クリックで大きく開きます):
夜明けの夢score.jpg

構成は単純な2ハーフ。
1コーラス目が終わってまたイントロからやり直すような作りで、それは
数年後にデビューしたピンク・レディーの「ペッパー警部」「S・O・S」などに
引き継がれています。

楽曲全体がマイナー調でコーダがメジャーコードで締めくくられるのは、この時代だと
「雨のバラード」(湯原昌幸)等、多くの楽曲で耳にする一つのパターンです。

メジャー調の楽曲では、その曲のⅠのコードを素直にトライアド(3和音)にして
スッキリと終わらせる事が多いのですが、
マイナー調の楽曲は「夜明けの夢」のようなパターン、または6thや9thを加えて
「まだ続きがありますよ」とでも言いたげな曖昧な響きで終わらせるパターンなどがあり、
色々な演出を入れるにはメジャー調よりもマイナー調の方が有利なのかも知れません。


アレンジについて

テレビでこの曲が歌われた時にはかなり派手な演奏でしたが、
レコードでの演奏はリズム隊が必死にパターンをキープしている上で
ブラスやピアノ、ギター等が控えめに使われ、その対比が面白い一曲です。

独特の駆け上がりを駆使させる都倉氏独特のストリングスはこの曲でも聴かれます。
この曲でのストリングスはボーカルに対しての準主役的な位置付けと思われ、
特にサビ(♪ああこの恋…♪)ではボーカルを引き立てると言うよりも
ボーカルと対等に、派手に裏メロを聴かせているように感じられます。

この曲に限らず、都倉氏のアレンジでストリングスが派手に動く曲が多いのは、
自身が幼少時代からバイオリンに親しんでいた事によるものでしょう。


右から終始裏拍を叩くタンバリンが聴かれますが、この演奏は単純ながら
非常に根気が必要で、また正確さを保つのが困難であるはずです。

「夜明け」をイメージさせるようなホルンの使い方、徐々に目覚める意識を表現するような
ブラスの使い方など、シンプルなメロディーをドラマティックに聴かせる
工夫がちりばめられたアレンジなんですね。


サウンドについて

オケは2チャンネルの全楽器同時録音と思われます。

ドラムスの存在感が大切に収録されているようで、スネアドラムはいわゆる胴鳴りも
クリアに捉えられています。

ストリングスはかなりマイクを楽器に近づけているようで、
弓で弦をこする、また弓を切り返す音も感じられます。

ボーカルにはかなり長い遅延時間の、一発限りのエコーがかけられ、
「夜明けの夢」のイメージをよりふくらませる効果を発揮しています。


ではここで本物の音を聴いてみましょう。 2コーラス目はオリジナル・カラオケです:
(次回更新時に削除します)


付記

1971年は和田アキ子さんがアイドルとして最も成功した1年でしたが、
それと共に音楽的にはそれまでの「R&Bの女王」の称号がどこかに行ってしまったような、
一般的な歌謡曲にシフトした感があります(「天使になれない」は例外ですが)。


つい最近、かなり前に録画しておいた歌謡番組の映像を観る機会があって、
その中にこの「夜明けの夢」もあったんです。

1972年2月の映像ですから、この曲が最も売れていた時期のもので、
和田アキ子さんが若い、若い(^^)

そして若いだけでなく、ものすごく勢いのある歌唱なんです。
弘田三枝子さんの影響と思われる、ア行の音にHを加える発音が顕著です(^^)

しかし和田アキ子さんの歌唱の特徴は何と言っても、あの周期が速く振幅の大きいビブラートです。
その映像は生放送のものだったのですが、レコードでの歌唱の何倍も生き生きとしており、
そのビブラートに伴う倍音成分もビンビン聞こえてきて、「若い声のエネルギーは凄まじい」
などと、つくづく感心してしまいました。
当時小学4年だった私の心をとらえたのは、そんな歌声だったんですね、きっと。

私はそんな「アコ」のファンでした。

「アッコ」と呼ばれるようになってからはどうも、ファンが望む歌手・和田アキ子とは
違う方向に行ってしまい、それに本人も満足して歩みが止まってしまったように見えます。

歌以外で話題になる事の方が多いのは、大衆にもそう感じさせているからでしょう。
今や、和田アキ子さんが歌手である事があまり認識されていない気がするんです。

私のような元・ファンからすると、そろそろ気持ちだけでも「アコ」に戻ってもらい、
昔ヒットし損ねた曲などを丁寧に歌い直してくれる、そんなプロジェクトが企画されても
良い頃では、と思います。


そしてそして、デビューから1973年あたりまでの音源をぜひ、できれば全曲を
ハイレゾにマスタリングして配信して頂きたい!と願っています。


「夜明けの夢」
作詞 : 阿久悠
作曲 : 都倉俊一
編曲 : 都倉俊一
レコード会社 : ビクター(RCAレーベル)
レコード番号 : JRT-1206
初発売 : 1971年12月5日

お知らせ…

ぽぽんたです。

都合により、今週水曜(25日)に記事を更新致しますm(__)m

よろしくお願いいたします!


追伸! ぜひここのコメント欄をお読みください(^^)/

もう一度だけふり向いて / 桜田淳子

百恵・昌子と続いたものでやはり…(^^♪

もう一度だけふり向いて.jpg

チャートアクション

「もう一度だけふり向いて」は桜田淳子さんの17枚目のシングルとして1976年12月に発売され、
オリコン最高11位(同年12月20日付、翌年1月10日付)、同100位内に14週ランクインし
20.4万枚の売り上げを記録しました。

「わたしの青い鳥」(1973年、最高18位)以来、14作ぶりにオリコントップ10入りを逃し、
同時期にランクインしていた山口百恵さんの「赤い衝撃」(最高3位、50.4万枚)と
明暗が分かれてしまった感があり、残念な結果でした。

ただ、2作目の「青い果実」以来ずっとマイナー調の楽曲で押し通していた山口百恵さんに対し、
「黄色いリボン」から10作続いたメジャー調の楽曲から転じ、
久しぶりにマイナー調に挑戦した事は大きな意義があると思いますし、
高校卒業を目前にして変革期にさしかかった事を示す曲作りであったとも言えますね。


作家について

作詞は従来通り阿久悠氏。

作曲は当時キャンディーズを初め数々の歌手にヒット曲をもたらした穂口雄右氏。

編曲は桜田淳子さんの初期3作「天使も夢みる」「天使の初恋」「わたしの青い鳥」、
さらには「もう一度だけ…」の前々作「夏にご用心」などをアレンジした、
70年代のビクターサウンドの重鎮とも言うべき高田弘氏です。


楽曲について

桜田淳子さんにとって約3年ぶりとなる短調の楽曲であるこの曲は、
当時の歌謡曲には珍しかったラテンのリズムをベースにした作りになっています。

キーは Dマイナー(ニ短調)で、他調にかかる転調はありません。

全体の構成は2コーラスですが、歌メロの最後にそれまで登場しなかった
フレーズが付加されている変形2コーラスとなっています。

今回も懲りずに楽譜を作りましたので(^^;)、参照して下さい。
歌詞は1コーラス目と最後のフレーズだけ記入してあります。
(サムネイル上クリックで別ウィンドウが開き大きく見られます):
もう一度だけふり向いてscore.jpg

歌メロは、歌詞の文節の終わりがシンコペーションになっている部分が多く、
先述の「赤い衝撃」(山口百恵)の頭サビ ♪あーなたがいる わーたしがいる…♪
とは対照的です。

また歌メロは起伏が大きい事、コードの主要3和音以外の音(6th、Maj7など)が
意識的に使われている部分があり、歌う時に音を取りにくいと思われます。
例えば ♪…目に何が見えますか♪ ではコードGm6の "6" の音、
♪さよならだけの季節 もう一度だけ♪ の「け」は B♭Maj7 の Maj7 の音…と言った具合に、
それぞれコードの主要3音では無い、通常はオケが雰囲気を出すために発する音を
積極的に歌メロに組み込み、どこか不安な感じを醸し出しているようです。

あとはメロディー展開に目新しいものは特に見られず、
それまでの歌謡曲の路線からかけ離れてはおらず、構成が単純だからか、
演奏が凝っているわりにはあっさりと終わってしまう感があり、
この時点ではまだ冒険不足な感じがします。


アレンジについて

短9度のコードとストリングスの駆け上がりによる、冷たい風が吹いてくるような表現に続いて
電気的な音のシンセサイザーにマリンバを重ねたユニークな音で寂しげなイントロが演奏され、
歌メロのバックや間奏ではクリーンな音のエレキギターがアドリブに近い形で演奏され雰囲気を盛り上げ、
それを引き締めるかのようにストリングスや女性コーラスがキチッとした流れを作り、
その上を的確な強弱をつけ切々と、語りかけるように歌うボーカルが乗る、
アイドル歌謡の見本のような作りです。

ラテン的なリズムが使われているためか、例えば間奏でのストリングスは
拍の頭やフレーズがつかみにくいものになっていますが、
逆にここにうまく乗れると次への流れが面白くなる、そのように計算されたものなのでしょう。

ドラムスは基本のリズムを踏まえた上でかなり自由な叩き方をしているように聞こえますが、
これってもしかして村上ポンタさんの演奏かな? 知っている方、おられたら教えて下さい!


サウンドについて

16トラックレコーダーをフルに使ったような音の振り分けを感じます。

使われている楽器とその定位は…

左: アコースティックギター ハープ

中央: ドラムス ベース マリンバ シンセサイザー 電気ピアノ エレキギター ハープ

右: コンガ シェーカー

左右ステレオ収録: 女性コーラス ストリングス


ハープは大きく張り出すのは左チャンネルですが、中央からも歌の合間で
グリッサンドしている、やや曇った音色のハープも聞こえます。

シンセサイザーは倍音が少なく、「もう一度…」よりちょうど2年前に発売された
「はじめての出来事」で使われたものと似たような音色に設定されています。


2コーラス目の最後のフレーズでは、♪こわさずに(こわさずに)♪ と
追っかけのようになっていますが、2回めの ♪こわさずに♪ は別トラックに録音されたものであり、
商品化されたオリジナル・カラオケはそれを残したバージョンとなっています。
そこは追っかけにしなくても、そのままで十分歌えるので、効果としては薄いですね。


付記

1976年の暮れ、私は中学3年生で翌年春に高校受験を控えていた時期でした。
音楽の方の関心は山口百恵さんに傾いていて、桜田淳子さんが「もう一度…」を出した時には、
どうも百恵さんの路線を追いかけているように感じてしまったものです。

なのでこの曲に関しては、「十七の夏」の頃のように真剣に聴く事もなかったのですが、
今聴き直してみると、百恵さんの追っかけなどではない淳子さんならでは、
あるいはビクターレコードならではの楽曲作りを試みていたような気がしてきます。

楽曲にもよりますが、百恵さんの楽曲はあくまでも百恵さんが主役で、
頭の中でレコードをかけてみても聴こえてくるのはボーカルだけのような気がするのに対し、
淳子さんの楽曲はオケを含めたサウンド全体でカラーを作り出している気がするんです。
そういう意味で、桜田淳子さんは松田聖子さんへ、山口百恵さんは中森明菜さんへ…
と、音楽的に世代交代していったように思えるんですね。

あくまでも私見ですが(^^;)

私見ついでに… オーディオ的に比較すると、全般的に山口百恵さんの音源よりも
桜田淳子さんの音源の方が音質が良い…と、以前から思っていました。
これも楽曲によりますし、好みの問題かも知れませんが、特にストリングスや
ピアノなどの生楽器の音については、質感や高域の伸びにかなり差があるように思います。
単純にソニーとビクターの違いでもなさそうで…検証する価値、ありそうです(^^)


「もう一度だけふり向いて」
作詞 : 阿久悠
作曲 : 穂口雄右
編曲 : 高田弘
レコード会社 : ビクター
レコード番号 : SV-6133
初発売 : 1976年12月5日

メッセージを送る