So-net無料ブログ作成
検索選択

京都の女の子 / 研ナオコ

まさに、一度聴いたら耳から離れません(^^;):

京都の女の子.jpg

チャートアクション

「京都の女の子」は、1970年に発足した東宝レコードから期待の第一号新人としてデビューした
研ナオコさんの4枚目のシングルとして1972年7月に発売されました。
研ナオコさんにとってオリコンシングルチャートに初めてランクインされた楽曲でもあり、
登場週数12週、最高52位で4.2万枚の売り上げでした。


作家について

作詞は2作目「屋根の上の子守唄」から3作続けての阿久悠氏。
作曲は初めての起用となる森田公一氏で、編曲も担当しています。
因みに同コンビによる「あの鐘を鳴らすのはあなた」(和田アキ子)はこの曲より4ヶ月前の発売でした。


歌詞の内容について

前年の国鉄(現JR)のキャンペーン「ディスカバー・ジャパン」の流れを引き継いだような
いわゆるご当地ソングの一つであり、
歌詞には京都の有名なスポットが次々に登場します。

ほぼ同時期に大ヒットとなった「京のにわか雨」(小柳ルミ子)にはそういったスポット名は登場せず、
「京都の町」としか表現されていないのとは対照的です。

デビューしてしばらくの間、研ナオコさんはボーイッシュなイメージで売り出されていたようで、
この曲の歌詞も男性の気持ちを表現したものとなっていますね。


楽曲について

何と言っても歌い出しの ♪おいでよおいでよおいでよおいでよ 京都の女の子…♪
が強烈で、研ナオコさん独特の声質と相まって一度聴けば必ず頭に残ってしまう
勢いを持っています。

しかしこの曲の良さはそれだけではなく、最初にそんなインパクトをかませた後で
流れるような美しく、切ないメロディーが続き、
心情や風景描写を具体的に描いた歌詞が乗ることで旅ドラマを観ているような感覚に陥ります。

「石けんの匂い」「しとやかな姿」「ほろほろと涙ぐむ」…と直観的に美しさを感じさせる
言葉が随所に使われ、歌い出しの下世話なイメージを同じ歌の中でひっくり返そうとしているような
作戦さえ感じ取れてしまいます。


「京都の女の子」では、
・♪おいでよおいでよ…♪ …Aメロ
・♪すれちがう その時の…♪ …Bメロ
・♪清水の坂の上…♪ …Cメロ

と、1コーラスの中で3つのパートに分ける事ができますが、
それらがすべて全く違うメロディーであると同時に
スケールとしてはすべて短調の音階で一貫しており、一瞬も長調の音階とならないのは
珍しい作りであると言えるでしょう。


サウンド等について

キーはFマイナー(ヘ短調)で、転調はありません。

リズムはオーソドックスな8ビートで、テンポは125bpmほどです。

GSやゴーゴーのイメージを感じさせるサウンドですが、楽器の構成はドラムス・ベース・ギターのリズム隊、
ストリングス、そしてハモンドオルガンと、多くの歌謡曲で聴かれるパターンです。

この曲ではその中でハモンドオルガンの音色が際立っていますね。
こういったいかにも電子オルガン(と言うよりも「エレクトーン」の音、かな)には、
それ単体、または他の楽器に合わさっても、人の気持ちに訴えかけるような力があるんですね。
この曲のように京都のイメージを出す時に使われた例もいくつかありますし
(私がとっさに思い浮かぶのは「魔法使いサリー」(NET)の一話(「あこがれの舞妓さん」
で京都を紹介するシーンで使われていたオルガンの音、なんです(^^ゞ)、
「長崎慕情」(渚ゆう子)などでのそれのように異国情緒を感じさせる事にも役立っていたりと、
電子的に作られる音なのになぜこれほど豊かなイメージを感じさせるのか、実に不思議です。

イントロ、間奏、エンディングで4小節のオルガンソロのフレーズが登場しますが、
そのメロディーがこれまた不思議で、通常より半拍先走るような作りなんです。
私は最初、これは何かの間違いか演奏のミスなのでは、と思ってしまいました。
そのように感じさせる事も、作家の計算の一つなのでしょう。


前後しますが、イントロでまずキュッキュッキュッキュッ…と、何を表現しているか
定かではありませんが変わった音が鳴ります。
これはエレキギターの弦をピックでこすって出している音でしょう
(ザ・ベンチャーズの「ダイヤモンド・ヘッド」「アパッチ」などでも有名な音です)。


研ナオコさんは当時、その特異なキャラクターのためか、
歌手と言うよりはコメディエンヌのイメージで、
歌唱力云々を語られる事はほとんど無かったように思います。
しかしこの「京都の女の子」を改めて聴くと、音域の広さ、声質、テクニック等、
すでに高いレベルであった事がわかります。

特に低音から高音まで(「京都の…」では下のFから上のB♭まで、1オクターブと4度)を
実にスムーズに、豊かに発声している事に驚かされます。
雑誌「昭和40年男」2013年8月号に濱口秀樹さん(hama-Pさんです)による
研ナオコさんのロングインタビューが掲載されているのですが、
そこに「幼い頃から美空ひばりさんと島倉千代子さんの歌に親しんでいた」との
発言があり、そういった歌手の真似をしているうちに身についた歌唱力かも知れません。


付記

私がこの曲を初めて耳にしたのは確か小学6年くらいの頃、街中での事で、
何度も書くようですが ♪おいでよおいでよおいでよおいでよ♪ のフレーズが、
その変わった声(と当時思っていました)と共に強く脳に刷り込まれました(^_^;)
しかしその頃は子供だったので、曲の雰囲気にどこか不良っぽさを感じ取ったのか、
「ちゃんと聴いてはいけない曲」のように思い込んでしまったようなんです。
全く異質ですが、奥村チヨさんの歌に感じていたような「いけなさ」かな。

今の自分は当時の研ナオコさん、奥村チヨさんよりも遥かに年上なのに、
楽曲を聴くとあの頃のように「うんと歳の離れた大人の歌」と思えてきます。
…って私だけ!?


「京都の女の子」
作詞 : 阿久悠
作曲 : 森田公一
編曲 : 森田公一
初発売 : 1972年7月1日
レコード会社 : 東宝
レコード番号 : AS-1149

nice!(2)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

かさねてお詫びm(__)m でも難解(かな)クイズつき!

ぽぽんたです。


今日こそ記事を!と意気込んでいたのですがまたも時間が足りず…
申し訳ないですm(__)m

先週「恋する夏の日」パートⅡを…てな事を書いていましたが、
それはまた後日と言うことで(でもやる気は満々です)。

しかし題材曲はしっかり決まっておりまして(^^;)
今回はヒットした曲、と言えるかどうかはわからないのですが、
歌謡曲ファンの間ではよく知られているハズの曲です。

クイズ用に楽譜は書きましたので、まずこれをご覧下さい:
(楽譜は削除しました)

ヒントは…1972年夏に発売された、いわゆるご当地ソングの一つです。
(音源は削除しました)

おわかりの方、回答をお待ちしてます!
頂いたコメントは今回も「承認後表示」にしますので直ちに表示されませんが、何卒ご了承下さい。
今週金曜の夜に一斉表示する予定です。


来週こそ記事をアップしますので、またよろしくお願いいたします!

*****************************************************

追記(6月20日23時30分)
この時刻までにこの記事にコメントを下さったろしひーさん、hama-Pさん、
小がめらさん、ゴロちゃん、青大将さん、ありがとうございます!
おかげ様でこの曲について書く自信が出てきました(^^)
ここに貼りつけた音源では意識的にこの曲の最もインパクトの強い部分を外したのですが、
わかって下さる方が多くて嬉しい限りです。
ぜひ張り切って書かせて頂きますね(^^)/

*****************************************************

クイズの正解は…

「京都の女の子」 (研ナオコ) でした。

回答を寄せて下さった皆さま、ありがとうございました!

日曜にはその楽曲についての記事をアップしますので、また読んで下さいね(^^)/


(コメント欄の「承認後表示」は解除しました)

nice!(2)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

お詫びm(__)m でもおまけつきです。

ぽぽんたです。 いつもご覧頂きありがとうございます!

今回もまとまった時間が取れず、記事が出来てません。
申し訳ないっm(__)m


その代わりに今回は、さっきふと思い立って急いでこしらえたピアノ楽譜を載せますね。
アレンジ(と言えるほどではないですが)はbyワタクシです(^^;):
さて、この曲は何でしょう?
Pf伴奏-1.jpgPf伴奏-2.jpgPf伴奏-3.jpg
3枚ありますが、左から順に並べてで1曲分です。 サムネール上クリックで大きく見られます。

見ての通り、タイトルも歌詞も、さらにメロディーも書いてません。
要するにカラオケ状態、伴奏用の譜面です。

ヒントとしてこの譜面をPCに弾かせた音を貼ります。
聴いて頂けばイントロだけでお判りになると思います(^^)
(音源は削除しましたm(__)m)
これからの季節にぴったりの曲ですので、
良かったらこの音に合わせて鼻歌でも歌ってみて下さい(^^)

次回(多分再来週かな)はまた頑張りますので、よろしくです(^^)/

*今回も一応クイズですので、頂いたコメントは「承認後表示」モードにします。
 今週金曜日の夜に一斉に表示させて頂きますので、ご了承下さいねm(__)m

********************************************

追記(6月7日23時): この時刻までにこの記事にコメントを下さったwishy-washyさん、
ゆうのすけさん、シノピーさん、nuko222さん、widolさん、ゴロちゃん、ありがとうございます!
この曲、きっと歌謡曲の中で知名度と言う意味でも確かに名曲ですよね(^^)
金曜の夜にぜひまたご覧下さい!

nice!(2)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
メッセージを送る