So-net無料ブログ作成

嘘でもいいから / 奥村チヨ

今聴いてもホント、画期的な曲です(^^):

嘘でもいいから.jpg
 
チャートアクション

「嘘でもいいから」は奥村チヨさんの21枚目のシングルとして1970年9月に発売され、
オリコンシングルチャート最高11位(同年11月9日付)、同100位内に17週ランクされ
15.3万枚の売り上げとなるヒットでした。


作家について

作詞は川内康範氏。 森進一さんの「おふくろさん」など数多くのヒット曲を持つ作詞家です。
奥村チヨさんへの楽曲提供はこの曲が初めてのようですが、あの強面(失礼!)なイメージからは
おおよそ想像もつかない歌詞ですよね。

作曲は筒美京平氏。
筒美氏は奥村チヨさんへは「あなたに逢いたい」(1967年12月)を皮切りに数曲提供し、
シングルではその全作品について編曲まで担当しています。


歌詞について

前回にクイズとして、この曲について「断片的にでもきっと聴き憶えがあるはずです」
などと書かせて頂きましたが、それは私自身そうだったからなんです。

当時歌謡曲番組などは一切観せてもらえなかったのですが、どこから入ってきたのか、
♪たまには頭を撫で撫でしてよ♪ のフレーズだけは知っていてよく歌っていたんですね。

通して聴いてみてもこの曲にはかなり掟破りとも言える歌詞が散りばめられていて、
「撫で撫で」を初めとして「真顔になって…妬き妬きしてよ」「涙で抱き抱きしてよ」…と、
当時のPTAが放送禁止を叫びそうな、ふしだらとも言われそうな勢いです(^^;)
もし学校で給食時に流したりしたら、すぐに教師が飛んできて「やめろ!!」と怒鳴った事でしょう。

それにしても1969年の紅白歌合戦で「恋の奴隷」を嫌ったNHKが、
翌年の同番組でこの曲を選んだのは不思議な気がします(^^;)

ただ奥村チヨさんとしてはこの路線には相当抵抗があったようですし
(前々作「恋狂い」のレコーディングでは泣き出してしまったそうです)、
「恋の奴隷」「恋泥棒」「恋狂い」から「甘い生活」(1971年4月)までの7曲続くお色気路線によって
キワモノのイメージが付いてしまった事も確かなんですね。

中でも、実はこの「嘘でもいいから」は奥村チヨさん本人が最も嫌った楽曲だったようです。


歌唱について

奥村チヨさんにとっては最も不本意だったとされるこの作品でも、
そんな事は微塵も感じさせない、よく知られるところの「チヨ節」全開の歌唱がたっぷりと聴けます。

♪たまにはあなたも…♪ などでの端唄を思わせる音使い(言葉の発音、音程の操作)を駆使し、
♪しつこいなんていわないで ウゥ~ン…♪ と歌詞にも書けず楽譜にも書けないような甘え声
(前作「くやしいけれど幸せよ」では ♪くやしいけれど ウン!くやしいけれど♪ と
都はるみさんがよく使うような唸りに似た声も聴けます)、
♪妬き妬きしてよ♪ では完全に歌唱を逸脱したような、面白がって笑っているような、
全歌謡曲を通してもこの曲でしか聴けないと思われる歌い方まで楽しめます。

しかし極めつけは ♪笑顔になってぇ~ン♪♪真顔になってぇ~ン♪♪深刻ぶってぇ~ン♪
…でしょうか(^^)

音をしっかりと伸ばしてビブラートをかけているのが ♪嘘でもいいから~♪ の部分だけで、
それ以外はまるでドラマの演技でセリフを発しているような雰囲気なんですね。

しかしメロディーの音程とリズムはしっかりと掴み、妙な操作を加えていないので、
ドロドロとした雰囲気にならずに最後まで楽しく聴けるのでしょう。

「恋狂い」もそうですが、自身が嫌っていてもこれほどの歌唱を残せるのは、やはりプロなんですね。


楽曲について

構成はシンプルな3コーラスで、キーはGメジャー(ト長調)、転調は無しです。

奥村チヨさんのシングル楽曲は、1967年夏のヒット「北国の青い空」以後はほぼ全部短調であり、
「嘘でもいいから」が唯一の長調曲と言えます。

筒美氏による作品を含め、お色気路線の楽曲は短調では独特の雰囲気を出しやすい反面、
重く感じられる事もあり、
2作、3作と続くと聴く側が飽和してきます。

「恋の奴隷」から1年過ぎ、奥村チヨさんの楽曲にもそんな感覚が見え隠れし始めた頃に、
明るく軽い「嘘でもいいから」がカンフル剤として作られた、と思われるんですね。
当時東芝レコードで奥村チヨさんを担当していた草野浩二氏も
「筒美さんにはお色気路線の間の変化球のような作品をお願いした」と語っています。


久しぶりにコード進行など…

イントロ: G・Gaug・G6・Gaug | G・Em・G・B7・C・G
Aメロ: G・Em・C・G G・Em・D7 G・Em・C・G Am・D7・G
Bメロ: Em・Bm・C・Bm・D7
Cメロ: G・Bm・Em・C G・B7・C・C/D・G
間奏1: Em・Bm・C・D7・G
間奏2: G・Gaug・C・C/D・G
コーダ: G・C・G・B7・C・C/D・G

歌メロ部分では難しいコードなどは特になく、
と言うよりはメロディー自体に力があり、コードで凝る必要もないようです。
キメの ♪嘘でもいいから~♪ でも C・Bm・D7 と素直なものになっています。

ただ、イントロと間奏2でオーギュメント(コードの第3音を半音上げる)が使われ、
単純なだけで終わらない事を示しています。

もう一点、イントロとコーダはメロディーはほぼ同じであるのに、
コード進行が少々違う事に注目して下さい。


アレンジについて

よく「フレンチポップスのような」と例えられるこの曲ですが、
それに通ずるような明るさ、軽さを感じさせているのは、
ブラスやストリングスのフレーズに長音をあまり使わない、
スパっと断ち切るような演奏が多用されている事も大きいようです。
それはイントロ、間奏、そしてオブリガートと、
どこの演奏をとっても生かされています。

楽曲全体に明るさを感じる要素にコード進行もあります。

上記のコード進行を見ると、例えば間奏1で Em・Bm・C・C/D・G となっていますが、
通例だと Em・Bm と動いてくると大抵次に Am・D7…とつながる場合が多いのです。
Am はその名の通りマイナーコードですから、それ単体の響きはやや暗い感じになります。
そこで Am の代わりに平行調コードの C を入れる事で、
一旦 Em で暗くなりそうだった流れが救われる感覚が生まれます。

歌メロでは通例通りにコード進行している部分がありますが、
イントロや間奏、コーダでそのような通例外れのコード進行を使う事で、
全体の印象がより明るいものとなる効果があるようです。


ストリングスのアレンジが凝っているのは筒美氏の特徴の一つですが、
この曲では3回ある歌メロへの導入部のフレーズがそれぞれ違っているのが耳を惹きます。


サウンドについて

1970年の作品ですが、楽器の構成や全体の雰囲気、そして音質など全部含めて、
筒美氏の1975年頃の作品と遜色ない仕上がりとなっている事に驚かされます。

ボーカルに付けられたディレイ・リバーブの上品さ、
70年代のそれそのものと言えるストリングス、
ブラスのクリアさ、右でつつましく、しかし忙しくアルペジオ演奏しているアコギ等々、
聴き込むほどにオーディオ的にも引き込まれるものを持っています。

最後の最後でいきなりベースがブーン!と音量が上がるのはご愛嬌ですね(^^)


付記

このレコードのジャケ写ですが、色々な書物で「ケバい」って書かれているんですよね(^^;)
この時代に流行していたメークのためでもあるし、
表情がどこか退廃的に見えるからかも知れません。

そんな写真の脇に毛筆で「嘘でもいいから」とあるもので、
それだけだと重く暗い曲では…と勘違いしそうなのですが、
レコードを買って聴いてみてその落差にびっくり!
と言う人が多かったのではないでしょうか(^^)


奥村チヨさん本人の意思には反していたお色気路線時代ですが、
シングル以外にも「何だコレ?!」とびっくりする楽曲が多く、
その幅広さは恐るべきものがあります。

その中でも、私としては「証拠」(CD化もされています)なる楽曲がイチオシです。
ここで詳しく書いても面白くないので、まずご一聴を!
これほどユニークな曲、滅多にありません(^^)


「嘘でもいいから」
作詞 : 川内康範
作曲 : 筒美京平
編曲 : 筒美京平
レコード会社 : 東芝音楽工業
レコード番号 : TP-2330
初発売 : 1970年9月5日

nice!(1)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

お詫びm(__)m ても…アウトロ・クイズつき(^^)

残暑お見舞い申し上げます。 ぽぽんたです。


最近ホントに恒例になってしまって自分でも悔しいのですが、
本日は楽曲解説はお休みいたしますm(__)m


その代わりクイズを用意しました。

題して… アウトロ・クイズ!!

前奏をイントロと言うのに対し、後奏(エンディング、コーダとも言います)を
アウトロと呼ぶ事があります。

今回は、次回記事に書かせて頂く予定の楽曲のアウトロを貼りますので、
その曲を当てて下さい!
(音源は削除しました)
大ヒット曲ではないのでご存知ない方も多いかと思いますが、
私と同年代かそれ以上の方であれば、断片的にでもきっと聴き憶えがあるはずです。
別によそにいい曲が無いからと選んだわけじゃないですよ(^^)

ヒントは…1970年発売。 筒美京平氏の作・編曲。 東芝の女性歌手。…だけでいいすか(^^;)

今回もコメントを「承認後表示」に設定しますので、
コメント欄に書き込んで頂いてもすぐに反映されませんがお許し下さいね。
金曜の夜に一斉表示させて頂く予定です。


それでは、お答えをお待ちしてます(^^)/

************************************************

追記(8月22日 22時54分)

この時刻までにコメント欄に書き込みを下さったもとまろさん、ゴロちゃん(「内気なあいつ」
へのお返事は改めて書かせて頂きますね)、
ゆうのすけさん、widolさん、きゅーぴーさん、青大将さん、ありがとうございます!
お一人ずつお返事を書かせて頂きました。
金曜の夜に良かったらチェックして下さいね!

クイズの回答やコメントはまだまだ受付中です(^^)/

***********************************************

正解は…

嘘でもいいから (奥村チヨ)

でした。

明後日記事をアップします。 よろしく!

nice!(1)  コメント(19)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

お盆の中日に向けて…かな(^^;)

ぽぽんたです。

今夏休みを過ごしておられる方も多いと思います。

レギュラーの更新は来週ですが、今日はふと思い立って(^^;)

ちょっとだけ秋の気配が感じられる今夜、ふと3年前に作った曲を聴いてみたら
結構いい雰囲気だったもので… 良かったら聴いてみて下さい。
一度アップした事があるので、憶えている方もおられるかも…:

「月あかり」(ぽぽんた)


ではでは、また来週(^^)/

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

十五夜の君 / 小柳ルミ子

十五夜は来月ですが(^^;):

十五夜.jpg

チャートアクション

「十五夜の君」は小柳ルミ子さんの9枚目のシングルとして1973年8月に発売され、
オリコン最高8位(同年9月3・10日付)、同100位内に16週ランクされ19万枚の売り上げを記録しました。

1973年は小柳ルミ子・南沙織・天地真理の3人娘が絶大な人気を誇っていましたが、
小柳ルミ子さんと南沙織さんについては前年に人気のピークを極めた感があり、
デビューが最も遅かった天地真理さんがその分遅れて頂点に達した、そんな年でした。


「十五夜の君」は小柳ルミ子さんのシングルとしては初めて売り上げが20万枚を下回った曲であり、
ファン以外には強いインパクトを残せなかったようです。

しかし「漁火恋唄」よろしくコブシを採り入れ演歌風に仕上げ、
「わたしの城下町」とはまた別角度で日本の情緒を表現する事に果敢に挑んだ意欲作と言えます。


作家について

作詞は「わたしの城下町」「お祭りの夜」、しばらく空いて前作「恋にゆれて」と
小柳ルミ子さんに作品提供していた安井かずみ氏。
作曲はシングルでは初めてとなる浜圭介氏です。
編曲は小柳ルミ子さんのデビュー以来ほとんどの楽曲を担当している森岡賢一郎氏で、
この曲でもお得意のストリングスアレンジが冴えています。


歌詞・メロディーについて

それまでの楽曲にも見られた「なかなか相手と添えない女性」が主人公である歌詞で、
待ちわびる事にやや苛立っているような感じを漂わせていますね。
この曲の主人公がまだまだ待ち続け、やがて達観した感があるのが2年後の「ひと雨くれば」
と言ったところでしょうか(作詞家は違いますが)。

風、月、山と言った自分の力の及ばないものを擬人化し、それによって叱られたり焦れたり
諭されたり…と表現する事で主人公の心の揺れが描かれる、ありそうであまり耳にしない作風です。
相手がどのような人なのかが全く見えないのは天地真理さんの楽曲とも共通している事で、
そのあたりはプロダクションの意向が大きく反映しているのでしょう。

日本的な描写も多く採り入れられ、「苔むす庭」「唐草模様の帯」「一輪挿しの花桔梗」
「障子越し」「ほのかな香り焚きしめた袂」と、
現代では着物の着付け教師でもないとわからないような言葉も散りばめられ、雰囲気を高めています。

ただ「膝をくずせば障子越し 月夜の笛はピーヒョロロ」とまで来ると「すわ!そこは伊賀の里か」
と突っ込みたくなりますし(^^;)、
「あなたを待てば また一つ年をとる」とはなんと大げさな…と、
当時よく聴いていたFMのランキング番組でDJが言っていましたっけ(^o^)

浜圭介氏は前年に奥村チヨさんの「終着駅」、三善英史さんの「雨」などの大ヒットで売れっ子となった作曲家で、
美しいが起伏が大きく、歌と言うよりは器楽向けとも思えるメロディーが「十五夜の君」でも生かされています。
パターンとしては先出の「雨」に近いものがありますね。

「十五夜の君」では、初期の小柳ルミ子さんの他の楽曲ではまず出てこない、
下がF#まで伸びる音域が用いられ、高音域での声の美しさ・力強さと相まって
小柳ルミ子さんの声楽の実力が強く感じられるものとなっています。


アレンジについて

楽曲の構成が純粋な3コーラスであり、2番に入る前には簡略化された間奏、3番に入る前には
イントロからやり直すような間奏が入る、歌謡曲によく見られるパターンが用いられています。

キーはBマイナー(ロ短調)で、転調はありません。
ほぼ最初から最後まで短調のスケールとコード進行で作られ、よくある四七抜きでもない…
すなわち西洋音階で作られた演歌であり、アレンジ次第でポップス寄りなサウンドも
構築できそうなメロディーなんですね。

それをここでは必要な楽器音を最小限に使って薄めのオケにし、
歌をじっくり聴かせるアレンジが施されています。

歌メロにしつこいくらいに裏メロをつけるパターンの手法はこの曲でも全開で、
Aメロ(♪苔むす庭に…私の恋よ♪)ではチェレスタ、電気チェンバロ、フルートのユニゾン、
Bメロ(♪嫌な人の…唐草模様の帯も♪)ではチェロも効果的に使ったストリングスと電気チェンバロ、
そしてCメロでは再びAメロと同じ構成の楽器でオブリガートが演奏されています。

当時の楽曲は低音域までしっかり出したストリングスが使われる事が多く、
同時期の「草原の輝き」「傷つく世代」「避暑地の恋」など、様々な楽曲で流麗なストリングスが聴かれます。


歌唱について

当時の小柳ルミ子さんの歌唱はどの楽曲にも勢いが感じられ、
かなり自分流にくずして歌っていながらもメロディーの重要なポイント、
例えばしっかりと♭や#した音程としなければならない箇所や、
リズムにピッタリと重ねる必要のある箇所は難なくキメる…
と言ったような高い技巧も伺えます。

「十五夜の君」もそんなポイントがいくつか出てくるような一曲なのですが、
そんな細かい事はあくまでも必須要素の一つとしておき、
歌を物語として聴かせてしまうような力が小柳ルミ子さんの歌唱から感じられるんですね。

そんな力は「わたしの城下町」のB面「木彫りの人形」から、早くも発揮されています。

そして改めて驚いてしまうのは、この「十五夜の君」は小柳ルミ子さんが
21歳になったばかりの時の作品である事です。
その若さでこの歌唱…見事です。


付記

「十五夜の君」で私が思い出すのは、国鉄原町田駅(現JR町田駅)の前にあった鈴木楽器店支店で、
店の入口の脇に置かれていた箱型ステレオセットから何度も何度も繰り返し流れていた事。
そしてその上に飾られていたジャケット写真が美しくて、小6の私は見とれてました。

そこでは当時ヒットしていた歌謡曲を数日単位で、そのように一日中演奏していたんです。
きっとレコードは(針も、かな)ボロボロになってしまっていた事でしょう。

ところで、
私はパイオニア系の歌手の旧譜がCD化が進まない事に以前から不満に思っています。

当時ワーナー・パイオニアには小柳ルミ子、アグネス・チャン、朱里エイコ、ペドロ&カプリシャス等々、
錚々たる歌手が所属していましたし、
和田アキ子さんも移籍し音源が管理されているはずですが、
これまでストレートにCD化されたアルバムはわずかです。

特に小柳ルミ子さんのアルバムでCD化されたのは、
私が知っている限りではファーストLP「私の十二曲」だけで、
オリコン1位となった「初心を忘れまいと誓った日」(ライブ)や「春のおとずれ」、
2位まで上昇した「京のにわか雨」、そして新しい方向が感じられる「あたらしい友達」など、
今もってCD化される気配もありません。

発売されたところで大きな売り上げは望めないとは思いますが、
CDの今後を考えても今がそろそろ限界では、と思うんですね…。

だけど最近よく思うのは…CDってこれからどうなっちゃうんだろう?


「十五夜の君」
作詞 : 安井かずみ
作曲 : 浜圭介
編曲 : 森岡賢一郎
レコード会社 : ワーナー・パイオニア(リプリーズレーベル)
レコード番号 : L-1150R
初発売 : 1973年8月10日

nice!(2)  コメント(20)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
メッセージを送る