So-net無料ブログ作成
検索選択

秋からも、そばにいて / 南野陽子 その2

では続きを…
秋からもそばにいて ジャケ写.jpg

アレンジについて

曲全体がバロック調にまとめられている事、
1回目の間奏とエンディングでのストリングスがフレーズを追いかけるようなフーガ形式
で作られている事、
シンセサイザーによる装飾音が多用されている事、
そしてどの音も打ち込みではなくミュージシャンによる演奏による事など、
非常に手の込んだアレンジであるのは一聴してわかります。

萩田光雄氏の高度な技術によって組み上げられた音であるのですが、
ここまで複雑な音にできているのは、当時、音楽制作の費用が潤沢であった事も要因であるようです。
萩田氏は当時「レコーディングは終わってもう十分だと思っているのに、もっと音を入れてくれ
なんて言われた」そうで、バブル景気が音楽をより豊かにしていたのは確かなようです。

ただ「秋からも…」はよく聴くと生楽器で目立つのはストリングスとチェンバロ、
そしてお定まりのベースやドラムスなどで、
後は先述のようにシンセサイザーが多用されているんですね。

サビに入る前のBメロ ♪瞳をふせて あなたの胸に…♪ の部分で聞こえる混声コーラスは、
そのための録音ではなくサンプリング音源と思われます。
1988年頃にはデジタル技術を応用した楽器がすでに大いに台頭していて、
例えば ♪ジャン!♪と言った音「オーケストラヒット」も、
本来ならば大編成のオーケストラが必要であるが実際はキーボードで出していたりと、
デジタル技術に浴して手数を減らす事が普通になってきた時代でもあったんですね。

イントロのパイプオルガンの音については、当時の技術でもシンセサイザーで
似たような音は出せたはずですが、
私は本物の生音と信じたいと思います。

前回にも書いた事にコード進行の複雑さがありますが、
楽譜を見ながら音を聴いて確かめてみて下さい(1コーラス分だけですが):
秋からもそばにいてscore.jpg
サウンドについて

音数が多いのに楽器間の分離の良い、デジタル録音の特徴がよく現れたサウンドです。

前回に「この曲の時代はレコーディング環境が完全にデジタルに移行した頃で…」と書きしたが、
それは録音機やエフェクト関係についてであり、
音声信号をまとめる調整卓(ミキサー)ではアナログ信号が扱われていました
(ミキサーやイコライザーが完全にデジタル化されたのはもう10年ほど後です)。

録音機については、1982年頃から24トラックのデジタルレコーダー(ソニーPCM-3324)が導入され、
1990年台に入ると48トラックのレコーダー(同PCM-3348)がスタジオに普及しました。
「秋からも…」の頃はまだ48トラックではなく、過渡的に使われていた32トラック(三菱製)
ではないかと思われます(確証はないので、当時の事情をご存知の方がおられましたらご教示下さい)。

「秋からも…」を聴いていて個人的に非常に残念なのが、
それぞれの楽器音に豊かさが感じられない事なんです。

それを特に感じるのがストリングスのサウンドで、
きれいな音なのだけど重厚さがない、線の細い印象を受けるんです。
そしてそれは、デジタルレコーディングである事と無縁でないと思うんですね。

録音の仕方、扱い方がアナログとデジタルとでは本質的に違います。
ここでは詳しくは書きませんが、端的に言うとアナログでは器の大きさが曖昧で
入れられる音の大きさの上限も曖昧であるためにある程度無理が利く、
そのために聴感上望ましい音(特に音圧的に、でしょうか)を得やすいのに対し、
デジタルでは最初から確固たる上限があり、音の大きさがそれを瞬間であっても超えてはならない
(即座にノイズになるからです)との原則があるんです。

アナログでは、その上限については「歪(ひずみ)」なるものが付きまとい、
それは厄介なものであると同時に上手に付き合うとより音楽的な音になる場合があります。
当時の録音エンジニアはそのあたりを生かす技術に長けていたのですが、
録音機がデジタル化されると、長年かけて培ったそのような技術が全く通用しなくなり、
上限を意識した無難な録音を強いられるようになったわけで、
それが先に書いた「豊かさが感じられない」事に強く関係していると思われるんです。

「秋からも…」は音楽として素晴らしいので、これがかつてのようなアナログ録音であれば
ただ切ないだけでない、色彩感のより豊かなサウンドになったのではないか…
などと思ってしまいました。

長々と書いてしまいましたが…お付き合い下さりありがとうございますm(_ _)m


付記

前回にちょっと触れた「クリス松村の注文の多いレコード店」(歌謡ポップスチャンネル)
に南野陽子さんが出演した回を観ていて、
南野陽子さんがいかに音楽作りを大切にしていたか、真剣に取り組んでいたかがよくわかりました。
今回、「秋からも…」について書きたくなったのもその番組を観たからなんです。
流れてきた自分の楽曲に「この(高音がシャカシャカした)音が『ソニー』の音なんです!」と
嬉しそうに発言した時には、この人は自分のレコードの仕上がりまでしっかり把握しているんだ、
思わず感激しました(クリス氏はあまり反応していませんでしたが)。

正直なところ、私は1980年台後半は洋楽ばかり聴いていて、歌謡曲はあまり聴いていませんでした。
しかし近年、デジタルラジオでその時代の楽曲を耳にして「こんないい曲があったのか」
と驚く事がよくあり、それは楽しい発見なんです。

2000年台となり、特にここ数年は全くと言って良いほど新しい邦楽は聴いていないのですが、
何年が経って聴き返した時に同じように感激できるかな…(難しいかも)。


「秋からも、そばにいて」
作詞 : 小倉めぐみ
作曲 : 伊藤玉城
編曲 : 萩田光雄
レコード会社 : CBSソニー
レコード番号 : 07SH3114
初発売 : 1988年10月8日

nice!(3)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

クイズですよ(^^)/

ぽぽんたです。 お約束のクイズでございます(^^)

次の音源はあるヒット曲のカラオケの、歌い出し8小節です。
曲名を当てて下さい!
(音源は削除しました。ご了承下さい)
ヒントは…1972年の今頃にヒットしてたあるよ(^^♪

今回は間違いなく「承認後表示」モードに切り替えます!
ここに頂いたお答え・コメントは金曜の23時過ぎに一斉に表示します。
あまり時間はありませんが、良かったらご回答下さい。

ではよろしく~(^^)/

********************************************

では正解を…

「夜汽車」(欧陽菲菲)でした。

回答を寄せて下さった皆さま、ありがとうございました!
実は自分でも記憶が薄くなっていたのですが、
5年ほど前にこの曲についての記事も書きましたので、
良かったらご覧になって下さい(^^)

http://orikarapoponta.blog.so-net.ne.jp/2011-10-02

それではまた日曜に!

nice!(2)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

お詫びm(__)m &恒例のクイズ♪

ぽぽんたです。 いつも読んで下さりありがとうございます。


先週予告したように「秋からも、そばにいて」について続けて書いているのですが、
時間が足りず思うようなクオリティに書けていません(>_<)
もう一週、時間を頂きたいと思いますm(__)m

その代わりと言ってはナンですが、
またまたクイズです。

この音源は、とある大ヒット曲のカラオケの、歌い出しの部分です。
その曲を当てて下さい!
この曲についてもいずれ書くつもりです♪:

ヒントは…1973年冬のヒットです。 意外にもこの歌手の唯一のオリコンNo.1曲です。

今回もコメント欄を「承認後表示」モードにしたいと思います。 書き込んで頂いてもすぐに反映されませんが、ご了承下さいm(__)m 前回と同じく、この水曜にコメント欄を解放します。
それでは、よろしくです(^^)/

**************************************

何を慌てていたのか、「承認後表示」の設定を失念してましたm(_ _)m
答え合わせは予定通り水曜の夜にしますが、
その時にその埋め合わせでもう一度、改めてクイズを出しますね!
その時にはよく気をつけます…。

コメントを下さったMASAさん、ぼたもちさん、すみません!
お返事はいつも通りさせて頂きますね。

では水曜の夜に!

(10月17日朝 追記)

nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

秋からも、そばにいて / 南野陽子 その1

↓ ジャケ写にバーコード…抵抗あったなぁ(^^;):

秋からもそばにいて ジャケ写.jpg

楽曲について…あれこれ

「秋からも、そばにいて」は南野陽子さんの13枚目のシングルとして1988年10月に発売され、
オリコンシングルチャート初登場1位(同年10月17日付。1位はこの週のみ)を記録しました。

グリコのCMソングとして使用されていましたので、ファンならずとも記憶にある方が多いと思います。

作詞は小倉めぐみ氏、作曲は伊藤玉城氏となっていますが、正直なところ、
私はその両者についてほとんど何もわかりません。
小倉氏はSMAPの「がんばりましょう」も作詞した…程度の知識で、
ググっても有力な情報が出て来ません。
どうも80年代のヒット曲はあまり知られていない作家によるものも多いようで、
他の曲の作家を見ても「?」と思う事が多いんです(^^;)
それまではどのヒット曲もクレジットを見て「またこの人か」と思う事が多かったのに対し、
80年代後半はそのような偏りがなくなっていった時代だったんですね。
もし何らかの情報をご存知の方、おられましたらぜひ教えて下さいm(__)m


編曲は萩田光雄氏で、南野陽子さんの楽曲に対しては大変力を入れ、
また強い思い入れを持っているようです。


歌謡ポップスチャンネルで放映されていた「クリス松村の注文の多いレコード店」に
南野陽子さんが出演した際、自分のシングルで最も好きな曲は?と質問されて
「『秋からも、そばにいて』。」とキッパリと答えていたのが印象的でした。
その理由が「オーバーだから」だそうで、それはイントロのパイプオルガンの音色に
よるものが大きいのでしょう。

この曲が「ザ・ベストテン」(TBS)にランクされ、南野陽子さんが出演した時に
途中で歌うのが止まってしまった事件は有名ですが、その時に司会の黒柳徹子さんが
急いでスタッフから台本の歌詞が載っている部分を教えられ、歌詞を大声で伝えた…
とのエピソードを知った時、私は一見クールに進行しているように見える歌番組も、
その実は手仕事の集合体なんだな…と思ったものです。

因みに「ザ・ベストテン」では、同曲は第3位が最高でした(同年11月3日オンエア)。


楽曲について…ちょっと楽理的に

80年代後半から、特にアイドル歌謡に顕著になってきたのが構成の複雑さで、
その事について当時、近田春夫氏との対談で筒美京平氏が近田氏に同調して
リスナーの欲望が果てしなくなってきている…と発言していました。

「秋からも、そばにいて」も起承転結はクッキリとしているものの、
全体を通すと構成がかなり複雑です。

基本は2ハーフですが、オルガンのソロによるイントロに続きサビのメロディーで序章、
半音上に転調してから1コーラス目、間奏、2コーラス目、間奏、ハーフ、
サビのメロディーの繰り返し、エンディング…となっており、
間奏はそれぞれ全くの別物、エンディングは1回目の間奏のバリエーション…などなど、
細かく記述するとキリがないほどで、それ以前の歌謡曲とは全く違う作り方です。


キーはCマイナー(ハ短調)で始まり、前サビが終わってすぐにC#マイナー(嬰ハ短調)に
転調し、それ以後は転調はありません。

テンポは110bpm前後の中庸なものですが、パタパタと16ビートで忙しく進行するので
かなりアップテンポに聴こえます。
またイントロ~序章、エンディングではテンポを遅めに変え、複雑さをさらに増していますね。

8ビートに近いゆったりした歌メロをそのようなリズムに乗せるのは80年代後半に盛んになってきて、
例えば同じ時期からヒットを連発し始めた森高千里さんの楽曲でもその傾向が見られます。


全体にクラシック音楽のようなイメージがありますが、それに大きく貢献しているのが
ベースの動きです。

コード進行が複雑、コード自体も複雑であるのも大きいのですが、
クリシェを多用してベースの動きに副メロディーのような役割を持たせており、
それが品の良さにつながっている…と私は感じています。


南野陽子さんのボーカルは決して巧みではないのですが、
サビで二重唱のハモリを聴かせる部分は南野陽子さんの声質ならではと言った趣があります。
自身がピアノを演奏するためか、例にもれず音程の動きが階段状で音程自体も正確である
のも、南野陽子さんの他の楽曲にも感じられる独特の音楽性のようなものの要因と思われます。


イントロで「抜け駆けをした罪の意識」を表現するようなパイプオルガンが聴かれ、
強いインパクトを残しますね。
その音の動きはバッハのオルガン曲などで聴かれるようなパターンで、
コードネームで示すとベースがGを保ったままAdim(Cdimでも同じですが)の
構成音を重ねたものです。
どことなくスピリチュアルで重々しい響きですね。

2コーラス目から半音上がるパターンはヒット曲にもいくつか見られますが
(「森を駈ける恋人たち」(麻丘めぐみ)、「霧のめぐり逢い」(岩崎宏美)等々)、
「秋からも…」のようにイントロに続きサビメロで序章が歌われてから半音上がって
1コーラス目に突入するのは珍しいパターンです。
それだけでも大きく耳を惹き、続きを聴きたくなりますね(^^)

***************************************

このブログでは初めての事と思いますが、今回の「秋からも、そばにいて」
については2回に分け、続きは来週にしたいと思います。

十分な時間が無かった…と言うのが本当のところですが、実は何度も聴くうちに
改めて検証したい事が増えてしまいまして(^^;)

楽理的な事についてもう少し具体的に、そして最近書くのを控えていた
サウンドの事について、次回書かせて頂こうと思います。
この曲の時代はレコーディング環境が完全にデジタルに移行した頃で、
70年代のサウンドが好きな私としては色々と思うところがあったりします。
その事も含め、もう一回お付き合い下さい!

nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

お詫びm(__)m でも超難解クイズつき!

ぽぽんたです。


このところ、頂いたコメントへのお返事もかなり大きく遅れる事が多く、
大変申し訳ありません。

今週も…記事は来週に書かせて頂きますm(__)m


その代わり… 恒例のクイズです!
次回の題目曲は何でしょう?

今回は音(カラオケのごく一部です)を聴いて頂きますが、
きっとこれまでで一番難しいのでは、と(^_-)-☆

(音源は削除しました。ご了承下さい)

これは私がピアノの練習用に少し加工した音源なので、尚更難しいと思いますが、
好きな方なら恐らくすぐわかるような気も(^^;)

ヒントは… 80年代の楽曲です。 確かCMソングだったかな。


お判りの方、コメント欄へお願い致します!
今回も「承認後表示」にしますので、お答え頂いてもすぐ表示されませんが、
何卒ご了承下さい。

今週は水曜の夜に正解発表&コメント表示を予定しています。


どうもこのような事が常態化しつつあり「これではいかん」と自戒しています。
これからも、またよろしくです(^^)/

************************************************

追記(10月3日 23時45分)

この時刻までに回答とコメントを寄せて下さったwishy-washyさん、widolさん、
ろしひーさん、ぼたもちさん、もとまろさん、ありがとうございました!
お一人ずつお返事を書かせて頂いてますので、水曜の夜に確認して下さいね。
それにしても…あの音だけでわかってしまうのって、凄いっす(≧◇≦)

継続して回答をお待ちしています(^^)/

***********************************************

追記:(10月5日 21時50分)

では正解を…

「秋からも、そばにいて」(南野陽子)

でした。

ご回答を寄せて下さった皆さま、ありがとうございました!


(コメント欄の「承認後表示」は解除して通常に戻しました)

nice!(2)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
メッセージを送る