So-net無料ブログ作成
検索選択

サザエさん / 宇野ゆう子

アニメの楽曲は初めてかな。
サザエさん.jpg

「サザエさん」はフジテレビで放映されているアニメ「サザエさん」の主題歌で、
B面のエンディングテーマ「サザエさん一家」ともども、
これまで一度も変更される事なく47年余りも使われ続けている、
永遠のスタンダードと言っても良い楽曲です。
オリコンにチャートインした実績は無いようですが、その浸透度・知名度は
日本の音楽史上最高位にランクされるのではないでしょうか。

ボーカルの宇野ゆう子さんはシャンソン歌手ですが、「サザエさん」の他にも
「ケンちゃん」シリーズの主題歌などもこなしており、
由紀さおりさんにも通じるような素直な声と丁寧な歌唱が印象的です。


作家について

作詞は元フジテレビのディレクターであり、チェリッシュや渚ゆう子さんの一連のヒット曲、
欧陽菲菲さんの日本デビュー曲「雨の御堂筋」などで知られる林春生氏です。

作・編曲は筒美京平氏で、当時すでに「ブルー・ライト・ヨコハマ」等の大ヒットを持つ
売れっ子作家でした。


楽曲について

ゆるやかなテンポで淡々と進行するオケに宇野ゆう子さんの柔らかく穏やかなボーカルが乗る、
童謡のようなイメージを持ってしまう曲で、
明らかに耳触りの良さを優先して作られていると思われますが、
それまでのアニメ主題歌に比べ、作りが歌謡曲寄りとなっています。

「サザエさん」が放映され始めた頃、筒美氏の作品「ブルー・ライト・ヨコハマ」が
そのヒットから半年ほど経っていても尚、誰もが口ずさむようなパワーを保持していました。
その曲が持つ独特の雰囲気を「サザエさん」にも、
そのメロディーラインやアレンジに感じ取る事ができます。

特にアレンジでは、ブラス(コルネットかトランペットの2部使い)と
ストリングスの使い方を「ブルー…」から応用しているのは明らかで、
その事も当時の視聴者に親しみを持たれた大きな要因と思われます。


アレンジについて

全体の構成は4コーラスで、歌メロは前半Aメロ、後半Bメロに分かれています。
滅多に放送されない4コーラス目だけ、メロディーの譜割りとAメロでの音の伸ばし方が
3コーラス目までと異なっていて、これはレコードを買った人だけが楽しめる…
と言った趣向かも知れませんね。

4コーラス構成なので間奏が3回ありますが、
最初の2回は間奏だけで使われる同じ旋律、
3回目の間奏はイントロと同じメロディーが使われている珍しいパターンです。

キーはCD化されている音源で調査すると、
A=440Hzとした場合Dとその半音下のD♭のちょうど中間なんです。
使われている楽器には一つ、調律のできないビブラフォンが含まれていますが、
それがたまたまそのような音程で他の楽器がそれに合わせたのか、
それとも元々はA=440Hzあたりで全楽器が合わせていたにもかかわらず、
音源作成の過程(ダビング等)で何らかの原因でスピードに誤差が出てしまったか、
あるいは「わずかに遅くするといい雰囲気になるんだよね」などと言った理由か、
はたまた放送の尺に合わせる目的で故意に操作されたかのいずれかだと思われます。

スポンサーが東芝一社だった頃、オープニングで歌が終わってストリングスの
メロディーに変わる時に急にピッチが低くなってしまって、
「こんなに露骨に変なのになぜ直さないのだろう?」と、
私はそれがずっと気になっていました。
今思うと、いかにもアナログ音源らしい現象でした。


「サザエさん」のメロディーパートとストリングスのパートを2段の楽譜にしました。
コード進行も併せ確認してみて下さい:
sazae.jpg
「歌謡曲っぽさを感じさせる」要素の最たるものはコード進行でしょう。
童謡の雰囲気に徹するのならば、使用するコードは単純にトライアド(3和音)を
I→Ⅳ→Ⅴ…のようにつなげていけばそれなりの形になりそうですが、
「サザエさん」では歌メロが始まってすぐにセブンスコードが効果的に、
しかも歌メロを邪魔しない(歌メロに7thの音をあてない)ように使われています。
テレビの放映では耳にしないイントロ部では、1969年当時だと「斬新な響き」と
感じられたであろうメジャーセブンスが使われ、
「親しみやすく、でも童謡にはしないぞ!」と言ったような作家の主張が感じられます。


歌メロはあくまでも親しみやすさ最優先で作られていると思いますが、
ソドドドドーレミレドド ラレレミレ…と、よくある四七抜き音階だな…と思っていると
♪裸足で駆けてく♪ で「四」(ファ)が、
歌メロ終わりの ♪今日もいい天気♪ で「七」(シ)が登場し、
結局全音階で作られている事になります。
日本人にとって耳馴染みの良い四七抜きで終始しない事が、
かえって印象に残る要因となったのではないでしょうか。


歌メロ、ストリングス、ブラス(コルネット2パートでしょう)に共通しているのは、
3度のハーモニーを多用している事です。
それによって全体に柔らかい雰囲気を醸し出しているのですが
そんな中、1回目と2回目の間奏に出てくるストリングスのメロディーが
5度や4度のハーモニーで書かれていて、短調に転調しそうな進行と併せ、
ややとがった雰囲気を出しています。
これも印象に残る、大きな要因ですね。

筒美氏のアレンジでよく登場するストリングスの駆け上がりですが、
この曲に関してはすべてリズムに素直に乗る16分音符で書かれています。
歌謡曲や洋楽でよく聴かれるような5連符や7連符などの奇数連符による駆け上がりは
カッコいいが仰々しさが出てしまうため、
この曲ではあえて避けているようにも考えられます。

歌メロの終わりでのジャガジャッ!ジャガジャッ!ジャガジャッ!ジャガジャッ!は、
サザエさんのはつらつさを表現すると同時に番組への期待感を煽っているのでしょう。

エンディングはストリングスのオクターブ差ユニゾンが使われ、
間奏でのトレモロ奏法のような演奏(実際には16分音符ですが)を含め、
この1曲の中でストリングスの様々な表情を楽しむ事もできるんですね。


サウンドについて

全体に当時の典型的な東芝サウンドで、その要になっているのがやはり
ストリングスの音作りと12弦ギターの独特でちょっとシタールにも似た音色でしょう。

使われている楽器とその定位は:

左: 12弦エレキギター ストリングス タンバリン

中央: ドラムス ベース

右: エレキギター ビブラフォン ブラス(コルネットあるいはトランペット4本)

…とシンプルな構成で、時代的に、またブラスの跳ね返り音が左から感じられる事からも
全楽器同時に録音されたものと思われます。

ベース(エレキベース)はハッキリとアタック音が聴こえるので、
ピックで演奏していると思われます。

ドラムスはレコーディングではマイクを何本も立てて凝った音作りをする事がありますが、
ここで聴かれるドラムスの音は全体をそのままワンポイントで収録したような感じがします。
経験上、バンドの練習をしている時に耳にしていたドラムスの音にとても近いんです(^^)

カラオケを聴いて気づいたのが、この曲での演奏はハイハットをオープンにして
8ビートを刻んでいるように聴こえる事なのですが、そのような演奏ってあるのでしょうか?
ドラムスの奏法に詳しい方、ぜひご教示をm(_ _)m


付記

私にとって、そして私と同年代以上の多くの人がそうだと思うのですが、
初めての「サザエさん」はアニメではなく江利チエミさん主演の実写版でした(^^)
まだ学校に上がる前、よく再放送されていたと記憶しています。
明るくて楽しく、大好きな番組でした。

なので、アニメの「サザエさん」が始まっても何かピンと来なかったものです。
やがて毎週観るようになりましたが(^^;)
「忍者ハットリくん」も同じで初めて知ったのは実写版でしたが、
今では昭和56年から始まったアニメの方の大ファンです。

しかし実は、ここ数年(いや、もっとかな)「サザエさん」は殆ど観なくなりました。
たまに気が向いて観てみると、かつて観ていたような快活なものではなく、
何だかおとなしくなっちゃったな、って思うんですね。

「忍者ハットリくん」は最近CGでリメイクされたアニメがCSで放送されていますが、
正直なところ全然入っていけなくて…(>_<)
その原因は、ハッキリしているんです。
まずセリフが、ゆっくり過ぎる。 
オリジナルのアニメのようなめくるめくような展開、スピード感がまるで失われているんです。
さらにあれこれ規制が入っているからか、当たり障りのない作りになっているようで、
それと同じ事を今放送されている「サザエさん」にも感じるんですね。
簡単な言葉で片づけて良いなら、「つまらない」。 その一語に集約されてしまいます。

現代ではどのアニメもほぼすべてCGで、絵がベッタリとしていて面白みがない…
と感じてしまうので、どうも受け付けなくて(^^;)

音楽もアニメも、結局は人間が手作りしたものの方が、
その制作過程など知らなくても、自然にスッと受け入れられるのではないかな。
あくまでも自分の経験上の見解であり、
プライベートでも仕事でも現在では欠かせないデジタルものの便利さ、
良さは十分理解できるのですが…。


「サザエさん」
作詞 : 林春生
作曲 : 筒美京平
編曲 : 筒美京平
レコード会社 : 東芝音楽工業
レコード番号 : TC-1135
初発売 : 1969年11月10日

++++++++++++++++++++++++++++++

頂いたコメントへのお返事が遅れがちで申し訳ありません。
必ず書かせて頂きますので、よろしくお願い致します。


お詫びm(_ _)m

ぽぽんたです。 いつも読んで下さり、ありがとうございます。

すみません! 今回はまた時間不足だったため、記事をお休みしますm(_ _)m

次回の曲は一応決まっています。
ヒット曲とは違うのですが、たまにはこんな曲もいいかも…

その曲を耳にすると「また明日から会社(学校)か…」と憂鬱になる向きも
おられるかと思われる、そんな曲です。
来週にはアップさせて頂きます!

うっかり財布を忘れて笑われないよう、
今週も気合を入れて、お互いにがんばりましょう(^^)/



追伸)コメントを下さったもとまろさん、もっふんさん、Yさん、
   お返事が遅れて申し訳ありません。
   なるべく早く書かせて頂きます!

そして、神戸 / 内山田洋とクール・ファイブ

遅まきながら…今年最初の記事ですm(_ _)m
そして神戸.jpg
チャートアクション

「そして、神戸」は内山田洋とクール・ファイブの14枚目のシングルとして1972年11月に発売され、
オリコン最高6位(同年12月25日付~翌年1月22日付、4週連続)、同100位内に22週ランクインし
30.7万枚を売り上げるヒットとなりました。

この曲は野村真樹さんのアルバムに収められていたのがオリジナルで、
同じレコード会社(レーベル)のクール・ファイブがカバーしたものです。
今陽子さんのアルバム曲をカバーし、同じ1972年に大ヒットした「京のにわか雨」(小柳ルミ子)と
同じようなパターンですね。

神戸ではご当地ソングとして認知されているようですが、このような歌詞の内容で?
と少々疑問が(^^;)


作家について

作詞は麻丘めぐみさんのヒット曲などですでに売れっ子だった千家和也氏。
作曲は同年、奥村チヨさんの「終着駅」で一躍ヒットメーカーとなった浜圭介氏。
編曲は当時は渡辺プロの歌手の作品のアレンジを手がけていた森岡賢一郎氏です。


楽曲について

私はこの曲、聴くたびに「典型的な70年代歌謡曲だ」と思ってしまうのですが、
そう感じさせる要素をいくつか挙げてみると
1.歌メロが A→A'→B→C のごくオーソドックスな進行。
2.コード進行がシンプル。
3.オケはひたすら淡々とした演奏、その上に感情のこもった歌。

アレンジやサウンドに注目すると、
・歌メロでA'に入るとゴーッとストリングスが入り、次第に厚みを増してくる
・ストリングスが作る音の層にブラスが強烈な音でアクセントをつける
・イントロや間奏、コーダは歌メロの一部を流用
・長めのリバーブ

等々、一聴するとよくありがちな楽曲に感じられるのに、聴いていて引き込まれるのは
やはり前川清さんの歌唱によるところが大と思われます。

音域が広く(下のBから上のGまで、1オクターブと5度半)、
まるで歌詞の主人公が乗り移ったように小憎らしさをにじませながらの歌唱は、
前川清さん独特のものでしょう。

やや大袈裟なビブラート、♪みじめになるだけ~♪等で聴けるポルタメント
(音程変化を階段状でなくなめらかに上げ下げする事です)等のテクニックが耳を惹きますが、
音程自体が非常に正確であり、特にBメロ♪そして一つが終わり そして一つが生まれ♪
でのトッカータのようなメロディーを難なく歌いこなしているのが素晴らしいんですね。
そしてそのような、歌う上での基本が固まっているからこそ、
歌詞の内容を余裕を持って表現できるのでしょう。

終盤の ♪誰かうまい嘘のつける相手探すのよ♪ を繰り返す部分、その2回目の ♪うまい…♪ は、
主人公の激しい怨念を吐露するような歌唱で、私は何度聴いてもゾクゾクしてしまいます。

歌メロをやや崩して歌っている部分が多いので完全には書けないのですが、
メロディーを聴き取りでコピーしてみましたので参考までに:
(楽譜の掲載は終了しました)
注目して頂きたいのは、メロディーに3連符が多用されている事です。
オケだけを聴くと淡々と8ビートで刻んでいるのですが、
その上を3連多用のメロディーが滑るかのように進行しているのです。
見方を変えると、そんなやや無茶なメロディーが緊張感を醸し出し、
主人公の心情をより浮き上がらせている…とも言えるかと思います。


キーはEm(ホ短調)で、転調はありません。
コード進行は部分的に×#m7-5が出てくる程度で、特に複雑なものではありません。
ただコーダの最後にF→Em9と唐突にジャズっぽい進行が出てくるのが、
やはり当時の歌謡曲っぽさ(と言うよりも渡辺晋さんの好みかな)の一つかも知れません。

アレンジは森岡賢一郎氏によるものですが、
氏が小柳ルミ子さんの楽曲をアレンジする時のようなオブリガート(裏メロ)過多なものとは違い、
歌メロに極力ちょっかいをかけない、雰囲気重視のオケを構築しています。

その中で、Aメロで右から聴こえる単音のファズギターは、
歌の存在感をより高めるアクセントの役割を果たしているようです。

サウンドについて

当時、藤圭子さん、和田アキ子さんも所属していたRCAビクターは、
今聴いても明らかに他のレーベルよりもサウンド的に進んでいた感じを受けます。
各楽器の音がクリアで、ミックスバランスも歌本意でなくオケとのバランスが重要視され、
さらにリバーブも当時、ルームエコーに替わり主流になってきたEMTの鉄板エコーのもの
と思しき高音域までスムーズに響くサウンドで、
そのためか全体の仕上がりがメリハリがあるのに上品でしっとりとしているんですね。

実際にはビクタースタジオで録音されているものと思いますが、
ビクターは例えば1969年には16トラックレコーダを導入するなど、
設備に関しては2~3年先を行っていたと言えます。


「そして、神戸」で使われている楽器と定位は:

左: エレキギター(コード) ハープシコード

中央: ドラムス ベース トランペット トロンボーン 男性コーラス 電子オルガン

右: エレキギター(裏メロ) ビブラフォン グロッケンシュピール

そして左右にストリングスが広がって定位しています。

歌入りとオリジナル・カラオケを比較すると、楽器の定位も全体のサウンドもほぼ同じです。
ただ最後の最後に、オリジナル・カラオケではコーラスが長く残っていて、
その音程があまりに怪しく(^^;)、初めて聴いた時は「これ、NGテイク?」と思ってしまいました。


付記

当時のEP盤(シングル盤)は、直径17cmで中央に大きな穴が開いていたので、
聴く時にはEPアダプターが必要でした。
しかしビクターやフォノグラムのEP盤はその穴の内側が三ツ矢のようになっていて、
その中央にLP盤にあるものと同じ大きさの穴(スピンドル孔)があり、
EPアダプター無しにターンテーブルに乗せて演奏する事ができたんですね。
しかもその三ツ矢は、ジュークボックスなどで使用する時には取り除いて下さい…
となっていて、今思うと、とても時代を感じさせる仕様でした。

1972年頃はEP盤が400円から500円になり、しばらくはその2種が混在していましたが、
当時の貨幣価値を考えるとかなり高価でした。
なので私は当時、レコード店に行くとああでもない、こうでもないと1時間以上、
あれこれ出しては迷っている事が少なくありませんでした。
候補をいくつか決めて、結局演奏時間が最も長い曲を選んで買ったり(^_^;)

その基準になったのが、私の場合は2分50秒でした。
どうもそれ以下だと「短い!」と思ってしまっていたんですね。
「そして、神戸」は演奏時間が2分56秒ほどで、
私の中の基準ではギリギリセーフでした。

そんなこんなで、当時買ったレコードは、B面も含めほぼ全部、
演奏時間までしっかりと憶えています(^^)
私と同じような方、おられませんか?


「そして、神戸」
作詞 : 千家和也
作曲 : 浜圭介
編曲 : 森岡賢一郎
レコード会社 : ビクター(RCAレーベル)
レコード番号 : JRT-1255
初発売 : 1972年11月15日

メッセージを送る