So-net無料ブログ作成
検索選択

たんぽぽ / 太田裕美

私のハンドルの反対読みですね。 …え?

たんぽぽ.jpg

チャートアクション

「たんぽぽ」は太田裕美さんの2枚目のシングルとして1975年4月に発売され、
オリコンシングルチャート最高33位、同登場週数14週で6.3万枚の売り上げでした。

太田裕美さんの自著「太田裕美白書」によると、数曲の候補から自ら選んだものだったそうです。
デビュー曲「雨だれ」がオリコン最高14位で18.1万枚の売り上げでしたが、
「たんぽぽ」「夕焼け」と同じような成績が続き、制作スタッフは焦ったようです。
しかし太田裕美さんのピアノ弾き語りのイメージを固める上で「たんぽぽ」は重要な作品だったと言えそうです。


作家について

作詞:松本隆氏、作曲:筒美京平氏、編曲:萩田光雄氏と、
太田裕美さんの初期の楽曲の殆どを作り出したコンビネーションによる作品です。


楽曲について

一聴してデビュー曲「雨だれ」の二番煎じと言われても仕方ない仕上がりであり、
「雨だれ」も大ヒットではなかった故に売り上げが伸びなかったものと思われるのですが、
当然ながら「雨だれ」との相違点もいくつか見受けられます。

曲の構成としては2コーラス+最後のフレーズの繰り返しとなっており、
各コーラスは分けるとAメロ・Bメロとなっています。
「雨だれ」では全篇に渡り3連符で作られていましたが、
Aメロはリズムは8ビートながら16分音符でたたみ掛け、
Bメロは「雨だれ」のような3連符攻勢で迫って来る、
いわば2部構成となっています。

3連メロディーは間奏まで続いていて、
間奏が終わる時から8ビートで16分音符主導のメロディーに戻ります。
それまで3連でグングン押していたのがふと緩む感覚が何とも不思議に感じられますね。
尚、間奏はイントロのメロディーを3連に変換したバリエーションとなっています。


このように各コーラス後半に3連メロディーが採り入れられている楽曲は、
他に1973年秋に発売され大ヒットとなった「あなた」(小坂明子)が有名ですが、
「たんぽぽ」の場合は、終始3連メロの「雨だれ」がスマッシュヒットしたために、
新曲にも「雨だれ」のイメージを採り入れようとしたための構成と考えられます。
そこに「あなた」の影響があったかどうかは定かではありませんが…。


「雨だれ」ではオケの主役はピアノで、イントロ・間奏・コーダ、
さらには歌に絡む重要なオブリガートのすべてを受け持っていましたが、
「たんぽぽ」では主役はストリングスに移り、ピアノはAメロで顔を出すオブリガート以外は
バックでオケを支える役目に回っています。


キーはDmで、他調に渡る転調はありません。
歌メロの音域は、「雨だれ」が下のAから上のDまでの1オクターブと4度でしたが、
「たんぽぽ」では下のAから上のEまでの1オクターブと5度と少しですが広がり、
その広がった分、声に切なさがより一層感じられる歌唱を聴く事ができます。


アレンジとサウンドについて

先日放映されたBSプレミアム「名盤ドキュメント」の中で、作・編曲家の萩田光雄氏が
筒美京平氏から依頼された太田裕美さんの楽曲のアレンジにあたり
「歌謡曲でもクラシックの手法でアレンジしてもいいんだ、と開眼した」
との主旨の発言をしていましたが、
「たんぽぽ」ではそれが具現化しているような作りに感じられます。

それを示す要素の一つは羽田健太郎氏によるピアノの、細かい動きなのに
所々、特にイントロでソロ演奏のような溜めと余裕が感じられるフレーズ。

もう一つはベース音の動きを重視し分数コードだらけと言って良いコード進行です。
イントロでピアノソロに続きストリングスのメロディーとなりますが、
素直に書くと Dm・A7・Dm・D7・Gm・E7・A7・Dm であるものが、
実際には Dm・A7/E・A7-9/E・Dm/F・D7/F#・Gm・E7/G#・A7sus4・A7・Dm
で演奏されています。

そこのベース音だけに注目すると D→E→F→F#→G→G#→A と、全音・半音で
1ステップずつ上昇するクリシェとなっていて、クラシック音楽の時代から
常套的に使われていた手法の一つです。

それは歌メロに入ってからも続いていて、Aメロでのコード進行は
Dm・A7/C#・Dm D7/F#・Gm・C7・F・B♭・A7sus4・A7 となっていて、
前半では動きの幅を抑えたベース音が用いられています。
その後、ベース音が G→C→F→B♭ の動き出すと、それまで動きが少なかった分、
まるで(この曲でのサビである)Bメロに向かって助走を始めているような効果を
感じさせる事となるわけです。
ベースの動きに大きな表現力を持たせる事はロックやポップスでも行われていますが、
そのヒントはやはりクラシック音楽であったものと思います。

メロ譜を作成してみましたので、参考までに(サムネイル上をクリックして下さい):
たんぽぽscore.jpg

使われている楽器はストリングス(チェロ、ビオラ、第1・第2バイオリン)、
ホーンセクション(トロンボーン、トランペット)、そしてピアノ。
リズムセクションとしてドラムス、エレキベース、エレキギターと言った構成で、
シンセサイザーなどの特殊な音を感じさせるものが全く入っておらず、
エレキギターもコードのカッティングをしているだけ、
エレキベースもベース音をキープしているだけ(Bメロでは動きがありますが)で、
全体にストリングスとホーン主体の所謂オーケストラサウンドとなっています。
堅実なサウンドですが、ポップスとしては面白みに欠けるのも確かで、
その事もヒットに至らなかった理由でしょう。

「たんぽぽ」の発売と同じ日に「想い出通り」(南沙織)が発売されましたが、
そちらも同じ作曲:筒美京平、編曲:萩田光雄 のコンビの作でありながら、
シンセサイザーやサックス等でオケ自体が明るくカラフルに作られているのに対し、
「たんぽぽ」は重く、モノクローム的なサウンド作りに感じられます。

しかしそれは何よりも太田裕美さんの声と歌唱の良さを前面に出して大衆に知らしめる
目的とも考えられ、次の「夕焼け」ともにヒットには至らなかったもののその目的は
十分果たされ、大衆に太田裕美さんの存在が認知されたからこそ、
「木綿のハンカチーフ」のヒットにもつながったのでしょう。


付記

先日(4月26日)、BSプレミアム「名盤ドキュメント」で太田裕美さんの3枚目のアルバム、
「心が風邪をひいた日」が特集されました。

今回はサウンドの話と歌詞の話の比重が同等くらいで、やはり「木綿のハンカチーフ」
について多くの時間が割かれたため、例えば「かなしみ葉書」や「銀河急行に乗って」
などについては全く触れられず、私としては正直なところ大いに食い足りなかったのですが、
それでもマルチトラックからでしか聴けない音声もいくつか聴けて、それは興味深いものでした。

中でも「七つの願いごと」では、作曲と編曲を担当した萩田光雄氏がクローズアップされ、
そのマルチ音源を使った解説もあったのは収穫でした。
この曲、LPではA面の最後の収録されているのですが、ピアノとボーカルだけでつつましく始まり、
進行するうちに徐々に楽器が増えて最後に大盛り上がりとなる「ボレロ」のような曲で、
レコードだと音質的に最も不利な部分にカッティングされていたんですね(レコードは、
内周に行くほど線速度が遅くなるために音質が悪く、また歪みやすくなるんです)。
私はそれでもその曲が好きだったので、「心が…」がCDになった時にはそれは喜んだものです。

番組を通して私が嬉しかったのは、萩田光雄氏が元気そうだった事です(^^)
昔のように生の楽器で音楽を作りたいと言う気持ちがとても伝わってきました。


「たんぽぽ」
作詞 : 松本隆
作曲 : 筒美京平
編曲 : 萩田光雄
レコード会社 : CBSソニー
レコード番号 : SOLB230
初発売 : 1975年4月21日

nice!(2)  コメント(43)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

緊急のお知らせ&More

ぽぽんたです。 今日はお知らせを…。

明後日(26日)午後10時から、BSプレミアムで「名盤ドキュメント」が放映されます。

今回、テーマとなるアルバムは「心が風邪をひいた日」(太田裕美)です。

「あまりメジャーではないが『名盤』と呼ばれるアルバム」
が採り上げられる事が多いこの番組ですが、
今回は初めてと言って良いほどメジャーかつ歌謡曲寄りのアルバムが採り上げられ、
これまでの「名盤…」と同じようにオリジナルのマルチトラックテープから
その音楽を掘り下げる内容となっているそうです。

私も中2の冬、発売されたばかりだったそのレコードを友人から借りて、
聴いてみたら一度で大好きになり、カセットテープにダビングして
何度も何度も聴いたものでした。
なので今回の「名盤…」は本当に楽しみでなりません(*^_^*)

皆さんもぜひどうぞ!

************************************************

リクエストを頂戴したので、私の曲「月明かり」を(^^):


前回以前の記事にコメントを下さった方々、ありがとうございます!
明日にはお返事できると思いますので、よろしくお願い致します。

それでは…。

nice!(1)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

図らずも…クイズにしましたm(__)m

ぽぽんたです。 いつもこのブログを贔屓にして頂き、誠にありがとうございます。


今回は(「も」、ですねぇ)クイズにさせて頂きます。
このところまめな記事アップが出来ず、申し訳ありませんm(__)m

今回はこの曲です(オリジナル・カラオケ):
(音源は削除しました)
これはですね、私の歌謡曲の好みをご存知の方なら一発でわかると思われるのですが(^^)、
そんな事知るか!と言われる方へのヒントとしては、
・1971年夏の発売。
・当時はアイドル歌手でした。
・その歌手の最大のヒット曲です(オリコン最高8位)。
・私は数年前にこの曲のタイトルをもじった曲を作りここに発表した事があります(^^;)


今回も「承認後表示」モードにして、回答をお待ちしてます!
今週金曜(21日)の夜に正解発表と、頂いた回答の一斉表示をしたいと思います。

次回は心を込めて記事を書かせて頂きますので、またぜひ読みに来て下さい(^^)/

************************************************************

では、正解発表します!

「天使になれない」(和田アキ子) でした。

回答とコメントを寄せて下さった皆さま、誠にありがとうございました!
いつものように、お一人ずつお返事を書かせて頂きました。


次回は30日に更新予定です。 ぜひまたおいで下さい(^^)/

nice!(3)  コメント(35)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

あなたのすべて / 桜田淳子 (再)

実は今回大ポカをしてしまいまして…
2年前に書いていた事をすっかり忘れていて、同じ曲の記事を書いてしまいました(>_<)
全部書き終わって「確かこの曲、まだだったよな」と思って確認すると…
すでにあるじゃありませんか(汗)
しかも多くのコメントまで頂いていて、盛り上がっていたのに…何で忘れてたんだろう。

で、今回はボツにしようと思ってクイズまで用意しておいたのですが、
いっそこのまま公開してみようと思い直しました。
今は、前回この曲について書いた記事は非公開にしてあります。

なので、憶えて下さっている方にとっては大いに食い足りない事と思いますが、
2年前とは違う視点で書けている部分もあると思いますので、良かったらお読み下さい。

私はこの曲が、自分で思っていた以上に好きなのかも知れません(*^_^*)

…以後気を付けますm(__)m

**************************************************************
**************************************************************

今日(4月2日)、東京では桜が満開になったそうです(^^)

anatanosubete.jpg

「あなたのすべて」は桜田淳子さんの18枚目のシングルとして1977年2月に発売され、
オリコンシングルチャート最高6位(同年3月14日付)、同100位内に12週ランクされ
15.2万枚の売り上げを記録しました。

どちらかと言うと何かに構えて気張るような歌唱が多かった桜田淳子さんが、
初めて肩の力を抜き楽しむように歌っているように感じられた1曲で、
桜田淳子さん自身も「当時私が目指していた女性像に近い歌詞だったので、
歌うのがとても楽しかった」と述懐しています。


作家について

作詞はデビュー曲から絶えず作品を提供していた阿久悠氏。

作曲は「ねえ!気がついてよ」の大野克夫氏、「もう一度だけふり向いて」の穂口雄右氏に続き、
中村泰士氏、森田公一氏と言ったレギュラー作家が続いていた中では抜擢とも言える、
かつてはしだのりひこさんとグループを組んでいた和泉常寛氏が担当しています。

編曲は今回の「あなたのすべて」から「追いかけてヨコハマ」まで
5曲連続で担当する事になる船山基紀氏です。
その5曲は桜田淳子さんのキャリアで非常に重要なものとなるわけですが、
船山氏は桜田淳子さんについては「国本高校のセーラー服でスタジオに駆けつけた時に
お目に掛かっただけで、後は何一つ憶えていません」との事なのですが
(以前、何かの記事で書きましたね)、
高校の制服を着ていたと言う事はこの「あなたのすべて」のレコーディングだったのかな(^^)


歌詞について

桜田淳子さんの楽曲では比較的多い「です・ます」調です。
「行かないで」を「ゆかないで」と読ませるのは何か意図があると思うのですが、
詳しくはわかりませんm(__)m

桜田淳子さんはショートヘアのイメージが強かったので、この曲で2コーラス目の歌詞に
♪長い髪がゆれて♪
とあるのが、それまでの楽曲にはなかった新鮮さを感じさせます。
しかし次の「気まぐれヴィーナス」ではあっさりとショートヘアに戻っちゃうんですよね(^^;)


楽曲について

リズムがミディアムテンポの8ビートと言う、歌謡曲では最も中庸と言える種類の1曲で、
サウンドとしてはメリハリが強めのAORのようなイメージを持ちます。

キーはB♭(変ロ長調)で、途中で平行調の短調と行ったり来たりする部分はありますが、
他調への転調などはありません。
奇しくもほぼ同時期に発売されオリコン1位を獲得した山口百恵さんの「夢前案内人」
と同じキー、同じようなテンポ、さらに歌詞も同じ「です・ます」調と言う事で、
つなげて編集すると面白いかも、ですね(^^)

歌メロの音域は下のB♭から上のCまでの9度しかないので、それも桜田淳子さんが
楽しく歌えた要因の一つかも知れませんね。


歌を聴いて改めて感じるのは桜田淳子さんの音感の良さです(当時テレビで観ていた時は
あまり感じなかったのですが…)。
例えば「天使の初恋」「わたしの青い鳥」の頃から発揮されていたのが、音を探る事なく
正しい音程をまっすぐに発する事で、それが「あなたのすべて」でも適所で生かされています。
特にそれはCメロ(サビメロ)の中盤♪…いいのでしょうか♪の「か~」の部分に
注目して聴いてもらうとわかって頂けるのでは、と思います。

そのような歌い方はピアノのように音程変化が階段状である楽器を演奏する人に見られる事が多く、
典型的な例が松任谷由実さん、でしょうか。
岩崎宏美さんも絶対音感があるようにビシッ、ビシッと正しい音程を発声できるタイプで、
それは歌の説得力に大いに貢献する技術であると言えます。


前作「もう一度だけふり向いて」から顕著になってきたのが、
歌メロに低音域を多用するようになった事で、
高校卒業を迎えるにあたり大人っぽさを打ち出そうとする制作陣の意識が現れているのでしょう。


コード進行は平易ですが、所々でドミナントV7に代わりⅡm7/Vを使用していて、
それがギターの音色と相まって先述したようなAORっぽさを感じさせる一員となっています。


アレンジについて

全体に耳を惹くのはストリングスですが、
明らかに中心を支えているのは電気ピアノでしょう。

イントロが「ダンシング・クィーン」(ABBA)のようなダウングリスで始まり、
それ以後も基本の働きはコード感を充実させる事でありながら、
特に2コーラス目ではアドリブのようにかなり自由に演奏している事がわかります。

そして部分部分で他の楽器とコラボしているんですね。
例えばBメロの ♪そっと重ねたあなたのくちづけに…♪ の後ろでクルクルと回るような
フレーズをフルートと、
Dメロ ♪そして季節が…♪ ではその後ろで右のギターと、
コーダの最後のフレーズではホーン隊と、
それぞれ同じフレーズを演奏しています。

電気ピアノ(この曲ではRhodesですね)は柔らかく丸い音色ながら芯があり、
強く弾くとガーンとパーカッシブにもなるので、
他の楽器とよく馴染み、またフレーズを浮き上がらせる働きもしてくれます。
この曲でもそれが生かされていますね。

コラボと言えば間奏でストリングスのフレーズに続いてフルートと右のギターが
同じフレーズを演奏している箇所もあり、
1曲の中で色々な組み合わせの妙を楽しめる作りになっています。

そのような随所での組み合わせ演奏が、この曲全体に感じられる柔らかさ、
ほんわかとした雰囲気を醸し出しているのではないかな(^^)


ストリングスに戻ると、A'メロに入った時にベースラインをなぞるようなフレーズを
チェロ独特の音色で演奏しているのが右の方から聴こえ、
それがサビに向かって徐々に雰囲気を盛り上げるきっかけのような働きをしています。
「セッションに参加してもらう以上はミックスで消される事がないよう、
存在感のあるフレーズを演奏させたい」との船山氏の狙いが成功していると感じさせるフレーズです。

また歌メロの最後 ♪春になっていったのです♪ が繰り返される部分では、
1、2コーラス目には無かった駆け下がりのフレーズが2回入り、
それを含め手の込んだストリングス・アレンジであると言えますね。


サウンドについて

この曲で使われている楽器とその定位は…

左: エレキギター シェイカー

中央: ドラムス ベース 電気ピアノ フルート

やや右: ホーンセクション

右: エレキギター カウベル

そしてストリングスが左右に広がって定位しています。


ギターは左右ともほぼ音色で(よく耳にする音色なのですが名前がわかりません。
ご存知の方、ぜひご教示をm(_ _)m)、
左では主にコード、左では合いの手(オブリガート)を担当させていますが、
1コーラス目と2コーラス目以降とではフレーズがかなり異なり、
常に変化している印象です。
最後まで飽きずに聴かせる配慮でもあるのでしょう。

この曲のレコーディングは16トラックで行われていると思われるのですが、
ドラムスはステレオにせず中央にドカッと定位しています。
スネアの音も地味で、それは歌の邪魔をしないように、との音決めと思われるのですが、
ドラムス全体の音は低音域がややブーミーで厚いものになっています。


付記

以前にもどこかで書いた事ですが、この曲のオリジナル・カラオケについて。
ボックスセット「そよ風の天使」のカラオケCDに収められたバージョンは、
歌入りや後に紙ジャケシリーズに収められたカラオケよりも少々ピッチが低い
(速度が遅い)んです。
比較しないとわからない程度(それでも1/4音くらい)なのですが、
何だかビクターの復刻音源って「?」がつくものが多いなぁ…。


「あなたのすべて」
作詞 : 阿久悠
作曲 : 和泉常寛
編曲 : 船山基紀
レコード会社 : ビクター音楽産業
レコード番号 : SV-6178
初発売 : 1977年2月25日

nice!(2)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
メッセージを送る