So-net無料ブログ作成
検索選択

西暦2000年と転調(随想)

ずっと以前にこのブログで転調と移調のお話をした事があります。
転調とは曲の途中で調が変わる事、
例えばAメロがC(ハ長調)でBメロになるとF(ヘ長調)に、
歌部分はA(イ長調)なのに間奏で突然F#m(嬰ヘ短調)に…と言った具合で、
聴く側はそのたびに風景が変わるような、場面が転回するような感覚を覚えますし、
作る側もそれが目的である事がほとんどです。

転調にも色々なパターンがあり、ある程度流行もあるようです。
歌謡曲の場合、70年代~80年代だと1曲の中での転調は全くないか、
あってもAmからAに…などと非常にわかりやすいものが多かったのですが、
90年代に入り、小室哲哉さんの音楽がブームになると、
小室さんの音楽では珍しくなかった突然の大転調
(従来に見られなかったパターンの転調、と言う意味です)に影響されてか、
他の歌手・グループも転調が入る曲ばかりになっていった感があります。

私は個人的に、音楽界が活況を呈した最後の年が西暦2000年と思っていて、
その年に発売された曲は今も大好きなものが多くあります。

・Secret of my heart(倉木麻衣) ・愛情(小柳ゆき)
・ハッピー・サマー・ウェディング(モーニング娘。)
・SEASONS(浜崎あゆみ) ・ミュージック・アワー(ポルノ・グラフィティ)
・ボーイフレンド(aiko) ・ナンダカンダ(藤井隆)
・Wait & See~リスク~(宇多田ヒカル) ・さよなら大好きな人(花*花)
・月光(鬼束ちひろ) ・今夜月の見える丘に(B'z)
・TSUNAMI(サザンオールスターズ) ・LOVE2000(hitomi)
・夏の王様(Kinki Kids) ・忘却の空(SADS)

…等々、現在よりも遥かに音楽的にもサウンド的にもバラエティが豊かで、
心に残る曲が多く発売された年でした。

そしてその多くが、曲中で容赦なく転調しているんですよね(^^)

「ハッピー・サマー・ウェディング」はD(ニ長調)とF(ヘ長調)を
行き来している程度でまだ穏やかですが、
「Secret of my heart」はB♭(変ロ長調)で始まってサビで同じキーの短調である
B♭m(変ロ短調)になり、2コーラス目が終わってB(ロ長調)→A(イ長調)
→Am(イ短調)と来て、最後に半音上がって最初のサビと同じB♭mに…と
目まぐるしく変わります。

しかしそれはただのこけおどしではなく、例えばBに変わる部分では何か晴れやかな
気分を感じるなど、シーンの切り替え効果が明らかにあるんですね。

意外なのは「Wait & See~リスク~」で、宇多田ヒカルさんの楽曲は
親しみやすいわりには音楽的に難解に思えるものが多い中、
この曲は最後近くで半音上がる転調があるだけで、それまではずっと同じ調、
それもFm→E♭→D♭M7→C7 をひたすら繰り返しているだけと言ったパターンであり、
半音転調後もその循環は変わらないんです。
ただそれに乗っている歌の節回しが独特だったり(特にE♭の時のメロディーは特異です)、
自身によるコーラスワークが色彩感や立体感を豊かにしていることで、
単純な曲には感じられない仕上がりになっているんですね。


そんな2000年の楽曲の中でも、私が今も「何だこりゃ」と思いながらも
大好きな曲の一つが「LOVE AGAIN~永遠の世界~」(Shela)です。
Love Again.jpg
ハッキリ言って歌詞は好きでないのですが、
こんなにコロコロ転調し、sus4やディミニッシュを使い放題と言ったコード進行なのに、
それに乗るメロディーが美しく、スムーズなんですね。

ただ長年、1箇所だけ大きな「?」があるんです。
2コーラス目が終わり最後のサビに行くまでの間に6小節ほどのブリッジ
(つなぎのメロディー)が入ります。
そこはコードがGM7。 ストリングスがそのM7であるF#音を白玉で引っ張っているのですが、
そこに乗る歌メロはその半音上のG音で始まるんです。
その二つの音の関係は、完璧なまでの不協和音。
普通はF#m音で始まるメロディーにするか、ストリングスの方をG音の白玉にします
(セオリー通りにするならB音かD音の白玉、かな)。
何か特殊効果か?とも思ったのですが、私には今でもその効果は理解できないでいます。
歌う方も音を取りにくいのではないかな。

この曲は今もミュージックビデオがYouTubeにアップされていますし、
私も7年ほど前に「オリカラでピアノ」で演奏させて頂いたので、
良かったら確かめてみて下さい:
https://www.youtube.com/watch?v=DKmT4Wv4Mb0

因みにこの曲はAメロはB♭m(変ロ短調)、BメロはE♭m(変ホ短調)、サビはF#m(嬰ヘ短調)、
ブリッジはBm(ロ短調)と次々に転調し、
最後の最後はsus4(F#sus4)で終わる、非常に変則的なものとなっています。

こんなに転調ばかりだと、もし急に移調(キーを変える)が必要になった時には、
オケの演奏者が混乱するのは必至ですね(^^ゞ
でもパズルみたいで面白かったりして。

****************************************

…今回は久しぶりに随想(っぽいもの)を書かせて頂きました。
読んで下さってありがとうございます。

次回は元通り、「あの頃の」ヒット曲の解説をさせて頂きます。
ぜひ、またおいで下さい(^^)/

追加付録「初冬」by Poponta


nice!(2)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

今日はお休みですが…クイズです(^^) 仕切り直しm(__)m

ぽぽんたです。 いつもご贔屓にして頂きありがとうございます。

今日は記事アップはお休みなのですが、前回のクイズでは
回答して下さった皆さんが全員正解と言うくやしい結果に終わったため(^^;)、
今夜、リベンジではないですが再びクイズです!

次は何の曲のオリジナル・カラオケでしょう?
歌い出しの4小節だけですよ:
(音源は削除しました)
実は夕方に違うクイズを出していたのですが、
私のポカで「承認後表示」モードにするのを失念してまして…
すぐに回答を下さったもとまろさん、本当にごめんなさい!
正解でしたよん(^^)

で、仕切り直しです。
今回のクイズもその夕方の曲(「京のにわか雨」でした)と
何らかのつながりはあると言う事で(^^;)

今回の曲はCMソングとして大ヒットしたので、知名度は高いと思います。

今回も(今度こそ、か)コメント欄を「承認後表示」モードにしてお待ちしてます。

ではでは、よろしくです!


P.S.) 先ほどの失敗のお詫び、にはなりませんが、今の季節に合いそうな
  こんな曲でまったりして下さい(^^)
http://youtu.be/Sa606wtNS8s

************************************************

正解は…
「アメリカン・フィーリング」(サーカス)でした。

まぼろし(?)のクイズの答えだった「京のにわか雨」とのつながりとは…
「京のにわか」「アメリカン・フィーリング」で
アメつながり、という事でした。 
中身がなくて申し訳ないっすm(__)m

次回は明後日(25日)更新予定です。 ぜひまたおいで下さい!


P.S.) コメント欄は平常モードに戻しました。

nice!(1)  コメント(27)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ひさびさのクイズです(^^)

ぽぽんたです。 いつもこのブログを読んで下さってありがとうございます。

今日は更新はお休みのつもりでしたが、このところまたちょっと意欲的になってまして(^^)
記事は間に合わなかったのですが、その代わりにクイズ、いきます!

次のオリジナルカラオケ音源の曲名を当てて下さい:
(音源は削除しました)
(ずっと以前に記事にした事がある曲なので、次回の予告ではありません)

幸せ食べて思い出して下さいね(#^^#)

今回もコメント欄を「承認後表示」モードにして回答をお待ちしてます!
今週金曜の夜に答え合わせ、そして戴いた回答を一斉表示させて頂きますね。

ではでは、よろしくです(^^)/

*************************************************************

では正解発表…

「恋のインディアン人形」(リンリン・ランラン) でした。

今回はくやしい事に(^^)不正解の方が一人もおられませんでした。
次回のクイズは難しくするぞ~!

回答を寄せて下さった皆さま、ありがとうございました!

nice!(2)  コメント(24)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

胸さわぎ / 優雅

ややマイナー路線、かな:

胸さわぎ.jpg

チャートアクション

「胸さわぎ」は優雅(ゆうや)さんのセカンド・シングルとして1974年7月に発売され、
オリコン最高47位、同100位内に12週ランクインし4.8万枚の売り上げを記録しました。

優雅さんは台湾出身の歌手・女優で、1974年4月にシングル「処女航海」でデビューし、
オリコン最高20位を記録するヒットとなりました。

同年3月には同じ台湾からテレサ・テンさんがデビューしていて、
欧陽菲菲さん・アグネス・チャンさんが作った台湾・香港勢の日本進出の波が
盛んに押し寄せていた時代なんですね。

しかし優雅さんはその波に馴染めなかったようで、
3枚目のシングル「異国の風」を発売した後に台湾に戻ってしまったようです。


作家について

作詞・有馬三恵子、作編曲・筒美京平、更にプロデューサーが酒井政利氏と、
南沙織さんを一躍スターにしたコンビネーションによる作品です。
「胸さわぎ」は南沙織さんの同コンビによる「夏の感情」発売直後の作品であり、
アイドルとしては旬が過ぎつつあった南沙織さんの後継者として、
優雅さんを育てようとしていたのかも知れませんね。

先述のテレサ・テンさんも、日本でのデビュー曲「今夜かしら明日かしら」は筒美京平氏の作品であり、
そうした海外勢に対する筒美氏作品の相性が非常に頼りにされていた事が伺えます。


楽曲について

デビュー曲「処女航海」は異国ムードを感じさせるオケに
16ビートで畳み掛けるようなせわしいメロディーをのせた独特の雰囲気を持つ楽曲でしたが、
「胸さわぎ」では洗練されたディスコサウンドとなっています。

リズムはシンプルな8ビート。
キーはC#マイナー(嬰ハ短調)で、他調にわたる転調はありません。

構成が凝っていて、
イントロ→サビ→Aメロ→サビ→Bメロ→サビ→Bメロ→サビ→間奏→サビ(繰り返し)…と、
通常の歌謡曲とは違い、最初からディスコで使われる事を想定したような作りなんですね。

サビで英語訛りのような女性コーラスが歌詞で歌い始め、
同時に優雅さんが ♪ヘイ・ヘイ・へヘイヘイ…♪ とスキャットで歌い出すのがとても新鮮で、
しかもその声質がルックスに合わぬほどハスキーで、
一度聴くと忘れられないインパクトがあります。

ボーカルはBメロ以外はほとんどダブル(1人二重唱)で、
敢えて抑揚を排しオケのサウンドとの同列化を図っているものと思われます。

それに絡むようなストリングスは流麗なのにリズミカルで、
サビで多用されるソ・ソラドッ!のフレーズが強力にサウンドを引き締めています。

オケに溶け込み過ぎてあまり目立たないホーンサウンドですが、
間奏でのミュートしたトランペットとサックスでようやくその存在感が誇示され、
聴き終わった時には強く印象に残る…と言った効果的な使われ方がされています。


間奏には主メロと言えるフレーズのない、カラオケ部分の延長線上と言った感じで、 
それも従来の歌謡曲にはあまり聴かれないパターンです。
コードが AMaj7→A#m7-5→E/B→G#7/C→C#m7→DMaj7→G#7 とクリシェで動きますが、
同じような進行は野口五郎さんの「甘い生活」の間奏でも使われています。


アレンジとサウンドについて

よく聴くとこの曲、同年前半に日本だけでヒットした洋楽ディスコである
「荒野のならず者(Dirty Ol' Man)」(スリー・ディグリーズ)をバラバラにして
組み立て直したような作りである事がわかります。

イントロのギターのメロディーは「荒野の…」のAメロでのリフを主メロに転化したものですし、
サビのメロディー ♪夏は何かが起こるの♪ の入り方も「荒野の…」に従った感じ、
さらにBメロ ♪はてしない珊瑚礁…♪ でのボーカルとギターの絡み方が
「荒野の…」のAメロ ♪Now I done told you…♪ にかなり似ている…と、
同曲を意識して作られた事は間違いないでしょう。


この曲あたりのサウンドを「筒美京平のフィラデルフィア・サウンド」と表現する
記事を見かける事がありますが、
「胸さわぎ」を聴く限りは「凝っているが行儀の良い歌謡ディスコ」と私は感じます。
日本人向けにアク抜きされたような、しかしサウンドの厚みが損なわれていないその作りに、
翌年から本格的に始まる日本でのディスコミュージックのブームのための免疫を
筒美氏が作ったのでは、などと勘ぐってしまいました(^^ゞ

それはともかく、聴いていて目の前が開けるようなサウンドがとても気持ちいいですね(^^)


「胸さわぎ」で使われている楽器とその配置は…
左: ピアノ トロンボーン サックス
中央: ドラムス ベース エレキギター
右: エレキギター ビブラフォン トランペット コンガ サックス
そしてストリングス、女性コーラスが左右に広がるステレオ収録となっています。


付記

正直に言うと、優雅さんは私にとっては長い間「処女航海」だけの人でした。
1998年の春頃、コンピレーションアルバム「筒美京平SOUL & DISCO」で
初めて「胸さわぎ」を聴いて「これは!」と大発見したような気分でした。

そのアルバムには、優雅さんのファーストアルバムに収められた「私は忘れない」
のリメイクバージョンも入っていて、しかもそのアレンジがオリジナルと同じ
筒美京平氏である事に驚きました。
オリジナルとは似ても似つかないサウンドになっていたから、なんですね。
やがてそのファーストアルバムには、筒美氏が他の歌手に提供した楽曲を
自らアレンジし直した曲が数曲入っている事を知ったのですが、
それらを聴き、筒美氏が優雅さんをより洋楽に近いサウンドで歌謡曲を歌える歌手に
したかったのではないか、と思ったものです。

特に1970年代前半、台湾や香港、韓国などからも多くの歌手が日本でデビューしましたが、
残ったのは欧陽菲菲さん、アグネス・チャンさん、テレサ・テンさんだけでしたね。
今回この記事を書くまでは、優雅さんも私にとって記憶の彼方の人でしたが、
改めて聴いてみて「そう言えば、今の時代にこんな声でヒットを出す人っていないよなぁ」
などと考えてしまいました(^^;)


「胸さわぎ」
作詞 : 有馬三恵子
作曲 : 筒美京平
編曲 : 筒美京平
レコード会社 : CBSソニー
レコード番号 : SOLB159
初発売 : 1974年7月1日 (6月4日説もあり)

nice!(2)  コメント(17)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
メッセージを送る