So-net無料ブログ作成

おすすめです!まるいちさん提供の動画

ぽぽんたです。 今日は休載の予定でしたが、とても良いものを観てしまったもので(^^)


私は普段、YouTubeはチェックする程度であまりハマって観る方ではないのですが、
今回はものの見事にハマりました。

まるいちさん(このブログにコメントを下さったり、歌詞を書いて下さったあのまるいちさん、
でしょうか?)がここ1ヶ月ほどにYouTubeにアップロードされた動画、これはすごいですよ。
映像からすると8ミリフィルムでテレビ画面(と音声)を撮影したものなのかな、と思うのですが、
歌番組の映像、それも1972年から1975年頃に放映されたものが多数あるんです。

多くがあの伝説の歌番組「ベスト30歌謡曲」(NET、現在のテレビ朝日)や
「キンキン・ケロンパ歌謡曲」(東京12チャンネル、現在のテレビ東京)などでの歌唱シーンで、
歌の途中で提供スポンサーの商品名などがスーパーで入るあたり、まさに当時の映像そのままで、
しかも音声もしっかりと、きれいに入っていて、
大袈裟でなくタイムスリップしたような感覚に陥ります。

それぞれの動画には、タイトル末尾に「画質悪」などと書かれているので、
それだけでスルーしてしまう人がいるのが懸念されるのですが、
実際に観ると、ヘタに高画質な映像よりもリアルで胸に迫るものがあるんです。
ウチらが子供の頃のテレビって、今思うと高画質ではなかったですしね(^^;)


今日現在(4月1日)でアップロードされているのは「芽ばえ」「森を駈ける恋人たち」
「わたしの彼は左きき」「アルプスの少女」「ときめき」「悲しみのシーズン」「雪の中の二人」
「恋のあやとり」(麻丘めぐみ)、
「恋する夏の日」「恋人たちの港」「想い出のセレナーデ」「さよなら こんにちわ」(天地真理)、
「赤い風船」「ひとりっ子甘えっ子」「わたしの宵待草」「恋は真珠いろ」(浅田美代子)、
「潮風のメロディ~純潔~哀愁のページ~傷つく世代」(メドレー)、
「傷つく世代」「色づく街」「ひとかけらの純情」「バラのかげり」(南沙織)、
「ひなげしの花」「星に願いを」「美しい朝がきます」(アグネス・チャン)、
「花物語」「はじめての出来事」(桜田淳子)、「ちっぽけな感傷」(山口百恵)…

等々、どれもテレビ局にもビデオテープが残っていなさそうな映像ばかりです。
時々、思いがけない人の懐かしい姿もありますよ(^^)


そして、鑑賞していてびっくりしたのが当時のアイドルの歌唱力なんです。
私も「当時のアイドル歌手はレコードではうまいけどテレビ出演の時は…」と固定観念のように
思い込んでいたのですが、
それらの映像では、これってレコードになった歌唱の別テイクでは?と思ってしまうほど、
すごくしっかりした、やっぱりプロだわ…と思わせるような歌唱を聴けるんです。

それを特に感じるのが麻丘めぐみさん、浅田美代子さん、アグネス・チャンさんで、
声に張りがあるのは若いから当然として、
歌い方とその安定感が、私の遠い記憶のそれとは全く異質でした。
「赤い風船」の映像の歌唱など、まさにレコード化された歌唱と較べ何ら遜色ありませんし、
アグネス・チャンさんは歌声もさる事ながら、「デビューした頃は笑いもせず眉間にしわを寄せて
懸命に歌っていたんだ」と発見したような思い出したような、不思議な感覚に捉われました。
また麻丘めぐみさんの「ときめき」では、レコードでは「大事にして・ね」と歌っているのに
テレビでは「大事にしてね~」と歌っていたんだ!と、これも発見と言うよりも
四十数年間忘れていた記憶を引っ張り出されたようで、何とも言えない懐かしさを覚えました。

その「ときめき」や「森を駈ける恋人たち」「美しい朝がきます」「色づく街」など、
フルコーラスで歌われている曲も多数あって、
当時はどの歌番組も短縮して歌っていた…と言った記憶も正しくなかった事がわかりました。

また、1974年春の映像と思うのですが、桜田淳子・山口百恵・天地真理・南沙織・
浅田美代子・麻丘めぐみの6人が横一列、セーラー服で「青い山脈」を歌うと言う、
当時のトップアイドルを全員揃えました!と言わんばかりの豪華な組み合わせが実現してします。
そのちょっと無理やり感のある演出、それがあの頃だったんだよなぁ…と、
観ているこっちが気恥ずかしくなるような感覚も思い出させてもらえました。


興味のある方、ぜひYouTubeにアクセスを!
YouTubeで「まるいち」と検索すると、トップにまるいちさんのチャンネルが表示されますので、
そこから入って行くのが最も簡単だと思います。

ここをお借りし、貴重な映像を数多くアップロードして下さったまるいちさんに、
心から感謝致します。

nice!(2)  コメント(10) 
共通テーマ:音楽
メッセージを送る